エプソムC2019外厩分析|夏競馬を睨むノーザンFが今年は勝つのか?

エプソムC2019の外厩分析記事となります。

エプソムCは秋に向けて最後に一つ使って置こうと考えている陣営と、北海道を含んだ夏競馬の重賞戦線をにらんだ陣営とがぶつかるレースです。

昨年はノーザンF生産馬が6頭も出走し、ほぼ上位を独占する形となりました。ですが一昨年は5頭も出走し、かろうじて2着に入ったのが、シルクレーシングのアストラエンブレム。

過去傾向を見ると非社台の生産馬の台頭にも期待が持てますが、果たして上位に食い込む事が出来るのでしょうかね?

今回の記事では、上位人気の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩評価とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

ミッキースワロー

5歳 牡 菊沢隆徳厩舎 ノーザンF生産

外厩評価  A(菊沢厩舎のメイン外厩) 

KSTC 前走・新潟大賞典2着(KSTC)


一昨年のセントライト記念を勝利した後は菊花賞での有力馬にみられていたが、極悪馬場で行われたために結果は6着。その後の2018年はAJCC以外では低迷した成績となっていたが、今年の初戦に選んだ新潟大賞典で見事に2着、出遅れはあったものの流石の瞬発力を見せつけた。

メールドグラースが新潟大賞典の後に鳴尾記念で重賞2連勝したことや、同レース4着のルックトゥワイスが目黒記念で重賞初制覇。総じてあのレースは能力の高い馬が集まったとみられているための人気でしょうか。

東京戦績はジャパンCでの5着のみだが、レベルの高い一戦であったことは間違いなく、この馬のポテンシャルはG3レベルではないでしょうね。

ただし、問題は馬場。今週の雨の影響でパンパンの良馬馬にならないとなると、果たしてその末脚がきっちりと発揮できるかはわからないですね。

近走の中では最も軽い56kgになるなどメリットもありますが、ゲートの悪さは肝となりそうな気がします。本命を打つには良馬場であってほしいところでしょう。

使用している外厩については、正直言ってあまり強いとは思いませんが、この馬自身と菊沢厩舎との信頼関係はなりたっているようですし問題はないでしょう。

プロディガルサン

6歳 牡 国枝栄厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 B(充実した中での鞍上強化は脅威)

在厩  前走・谷川岳S2着(在厩)


2016〜2017は重賞戦線で戦っていましたが、勝ちきれないことからOP戦の上位入線の常連にくすぶっています。本来なら重賞で人気する馬ではないとは思いますが、そこは鞍上がレーン騎手に強化されたことも後押しされてのことでしょう。

東京での舞台実績も十分にありますし、馬場が渋って時計がかかるようになるのは歓迎。傲慢な外人騎手とのコンビで馬券を外したことは1度しかありませんし、遅咲きの素質馬がここで一気に花開くかもしれないですね。

もともとノーザンF天栄で調整されている馬ですが、過去に厩舎に長く置いても崩れることはないですし、国枝厩舎の調整力なら状態面にも不安はないでしょう。

ソーグリッタリング

5歳 牡 池江泰寿厩舎 社台F生産

外厩評価  B(不安なのは騎手?

在厩 前走・都大路S1着(在厩)


プロディガルサン同様にこの馬もなかなか成績を上げきれずの馬でしたが、ここにきてリステッド競争を2連勝と今勢いがある馬。

2走前の六甲Sではプロディガルサンと同じく上がり最速をマークし勝利。渋った馬場の経験は一度しかありませんが、高速馬場でなく時計のかかる馬場でも成績を残しているので、何ら問題はないのではないでしょうか。

川田騎手から浜中騎手への乗り替わりのために若干人気を落としそうですが、浜中騎手とは連対を外したこともないので問題はないでしょう。

ひとつだけマイナス要素として考えるならば、浜中騎手の東京コースでの実績でしょうかね。やはりこの騎手は関西圏で狙う騎手のような気がします。

外厩は普段グリーンウッドを使用していますが、厩舎においても十分調整はできますし、元々夏には強い馬。ここでも最大限の力を出し切れば直線でぐんぐん脚を伸ばしてこれそうですね。

ダノンキングダム

5歳 牡 安田隆行厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 B(舞台設定は良いが問題は馬場)

ノーザンFしがらき 前走・府中S1着(ノーザンFしがらき)


2000mを中心に使われてきていますが、1800mでも【1-1-0-1】と好成績を上げています。

新潟大賞典で3着に入ったロシュフォールとアメジストSで好勝負したことからの人気でしょうか。

逃げ先行馬もそこまで多くないですし、ハナを切ればチャンスはありそうですね・・・良馬場だったら。

今週の開催は週末の雨の影響で馬場の状態や傾向がガラリと変わる可能性を秘めています。それに加えて大外枠というのはとてもじゃないですが厳しい状況でしょう。

できれば日曜のメインまでに馬場の回復を願いたいところでしょうね。

レイエンダ

4歳 牡 藤沢和雄厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 B (初めての短期間のローテの真意は?)

在厩 前走・メイS9着(ノーザンF天栄)


こんなに短期間でレースに使ってくるのは初めての事。このことから考えると、前走の敗戦はあまりにも高速馬場だった事もあり、最後は流して走っていた可能性はありそうですよね。

余力があり、上積みもあるから使ってくると考えても良さそうです。ただし、あまりにも未知数の馬なので久しぶりに激走があるかどうかの判断は非常に難しいですね。

馬場が渋るのもどうかと思いますが、極端な高速馬場にならないことはプラスにはなりそうです。

私個人としては函館や札幌開催で見てみたい気はしていたのですが・・・

サラキア

4歳 牝 池添学厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・阪神牝馬S10着(ノーザンFしがらき)


牝馬重賞でも結果を出し切れていないが、京都金杯では安田記念4着のグァンチャーレと0.1秒差の競馬。阪神牝馬Sでも10着と大敗だが、タイム差だけ見れば0.3秒差の僅差。ミエノサクシードやクロコスミア、レッドオルガにラッキーライラックと牝馬の中でも牡馬混合戦でも活躍できる馬とのレースだったと考えるならば、ここであっさりと好走しても驚けないでしょう。

どうやら陣営も気温の上昇と共に馬の状態面も良くなっていると発表してますし、今回のような重賞ウィナーが2頭しかいないレベルの低い一戦であれば通用してもおかしくはないでしょうね。

まとめ

上位を崩す伏兵ならば・・・

3⇒人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!