安田記念2019外厩分析|ノーザンFか?それともあの牧場?勝つのはどちら!?

安田記念2019の外厩分析記事となります。

日本ダービーは波乱の展開で結末を迎えましたねー。何よりも悔しいと思っているのは・・・もちろんノーザンFです。

1着と2着の馬は非社台の馬、なんとか3着をノーザンF生産馬で確保したものの、伝説を残したかったはずのサートゥルナーリアが4着と敗退。令和最初の日本ダービーを獲れなかったのはプライドも含めて悔しさしかないでしょう。

ただし、転んでもただでは起きないのがノーザンF。勝ったロジャーバローズは育成がノーザンFしがらきで、2着のダノンキングリーはノーザンF天栄。

違った角度や意味を考えると、ノーザンFが上位を独占したと言っても過言ではないかもしれませんね。

さて、今週末は日本が誇る世界レベルの最強牝馬アーモンドアイが登場します。

ノーザンFは5頭出走し、昨年2.3着であった雪辱を晴らしたいところでしょう。しかしながら過去の成績を振り返ってみると案外と社台F生産が活躍しているのがわかります。

しかし、今年は社台F生産馬の出走はなし。そのかわり、近年メキメキと力をつけてきている追分ファームリリーバレーからの刺客が2頭、満を辞して出走です。

今回の記事では、上位人気の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩評価とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

アーモンドアイ

4歳 牝 国枝栄厩舎 ノーザンF生産

外厩評価  S(海外帰り関係なし) 

ノーザンF天栄 前走・ドバイターフ1着(ノーザンF天栄)


今更何を書くことがあろうか。強いとしか言いようがない。

一般的な馬の場合のデメリットを考えてみると、まずは斤量が56kgと初めて、距離の短縮、海外帰りで調子を上げてこれるかどうかと言ったところでしょうか。

普通に考えて状態面が上がってきていないのなら出走は取り消しただろうし、海外帰りのケアを知り尽くしているノーザンF天栄のスタッフ。

アエロリットがドバイよりも遥かに遠いアメリカに輸送していたにも関わらず、復帰戦のヴィクトリアMで激走した事実を考えれば、アーモンドアイも問題ないだろう。

トレセンに戻ってからの動きも問題なく、ルメール騎手を乗せて気合ノリも良さそう。普通に勝っちゃうんじゃないでしょうか。

ダノンプレミアム

4歳 牡 中内田充正厩舎 ケイアイF生産

外厩評価 S(態勢万端)

在厩  前走・マイラーズC1着(在厩)


逆転候補はやはりこの馬になると思いますが、在厩調整を2走続けてなのは気になりますね。

いえいえ、嘘でした。ヴェロックスが同じく厩舎に置いた状態で日本ダービー3着。この馬が調整過程で失敗しているとは到底思えないですね。

それよりも、ポイントは脚質の違いでしょうか。性格が前向きなために非常に行きっぷりが良いですし、今回も積極策が濃厚。アエロリットが逃げるとは思いますが、その後ろを淡々としたペースで進めるとなると最後の直線であっさりと先頭に躍り出て突き抜ける可能性も高そうです。

前走のレース内容を見ても明らかに力差がありましたし、むしろ馬がまだ遊んでいるようにも感じられました。

マイル路線に照準を絞ったローテーションも良いですし、後方から迫るアーモンドアイをどこまで凌げるか?と言った構図になりそうです。

アエロリット

5歳 牝 菊沢隆徳厩舎 ノーザンF生産

外厩評価  C(激走の反動は?

在厩 前走・ヴィクトリアM5着(ノーザンF天栄)


前走は33.7秒と超ハイペースでレースを進め、それでも最後まで粘り5着。海外帰りでいきなりの激走を見せ、改めて東京コースへの高い適性を見せた。

昨年は2着の戸崎騎手とのコンビで迎える今走。昨年のように控える競馬ではなく、積極性を持ってハナを切っていきそうだ。

昨年皐月賞を制してから、戸崎騎手の重賞での騎乗も随分と変わってきており、非常にポジション取りや追い出しのタイミングに積極性を感じる。もちろん、まだまだ外人騎手や川田騎手のような傲慢さはないが、この手のタイプの馬に乗せたらかなり上手い騎手でしょうね。

問題は、その前レースの激走による反動。恐ろしいラップを刻み超高速馬場の中で走った事は事実ですし、中2週と非常に短いローテーションの中でどれだけ体調をキープできるのか?と言ったところだと思います。

少なくとも前走以上の状態になることは考えにくいですし、この馬自身も在厩で走ったのは昨年の安田記念のみ。果たして菊沢厩舎にそこまでの調整力があるのかと言うところですね。

ステルヴィオ

4歳 牡 木村哲也厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 B(高速馬場適性は高い)

ノーザンF天栄 前走・大阪杯14着(ノーザンF天栄)


レーン騎手が騎乗ということも合間って人気の一角を担いそうです。前走の大阪杯では輸送での大きく馬体重減。距離延長で挑んだレースということで大きく敗退。

その後は馬体の回復を踏まえいつものように放牧へ。得意のマイル戦ということもあり、持ち前の速い上がりを繰り出せば上位進出も可能でしょう。

しかし、問題はレースプランでしょうか。ここの所は前々から立ち回り力と機動力を最大限に引き出すレースをしてきました。

しかし、今回は逃げ先行勢が多数揃った一戦であり、後方にはアーモンドアイといった構図です。

レーン騎手がどういうプランでレースを乗るのかわかりませんが、思い切って中団やや後方で脚を溜める競馬なら末脚が弾ける可能性はあっても良いでしょう。

サウジアラビアRCではダノンプレミアムの2着、高速馬場の適性は高いと思います。

どちらにしろ、この馬を買うなら本命ではなく、あくまで伏兵扱いが妥当ではないでしょうか?最終追い切りで迫力ある動きを見せれば評価を上げてみたいですね。

インディチャンプ

4歳 牡 音無秀孝厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・マイラーズC4着(ノーザンFしがらき)


前走のマイラーズCは4着と敗れましたが、レース後には福永騎手が「馬が怒っていた」とコメント。

ちょっと良く理解は出来ませんが、前走以上のパフォーマンスを見せる可能性は高いでしょう。

もしこの馬にレーン騎手が乗っていれば人気も変わったでしょうが、ずっとマイル路線を中心に使われて来てますし、東京新聞杯で硬い馬場への適性は十分に見せてます。

直線で無心に脚を伸ばす競馬ができれば、あっさりと上位に食い込む可能性は高いでしょう。

上手く福永騎手が馬群の中で折り合いをつけて脚を溜めれるかが大きなポイントとなりそうですね。

ちょっと気になるのは斤量の58kg位でしょうか。

サングレーザー

5歳 牡 浅見秀一厩舎 追分F生産

外厩評価 B

社台F山元TC 前走・大阪杯12着(社台F山元TC)


海外帰りで挑んだ大阪杯は折り合いを欠いていた。馬体を昨年夏並みに大きくしており、調整不足という見方も出来た。

前走後も再度馬体調整のために放牧へ出し、ここへ向けてしっかりと乗り込んで来たのがわかる。

初めてタッグを組む岩田騎手だが、手は合いそうな気もしますね。

元々はふわっと乗っていた福永騎手が良かったが、マイルへの距離短縮という事なら末脚が爆発してもおかしくはないかもしれませんね。

ただ、平坦巧者なので坂のあるコースでどこまで脚が止まらないかでしょうか。

まとめ

上位を崩す伏兵ならば・・・

3⇒人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【安田記念】過去10年データ分析