日本ダービー2019外厩分析|新時代最初の王者はどの馬に!?

日本ダービー2019の外厩分析記事となります。

令和最初の日本ダービーの王者はどの馬になるのでしょうか?非常に楽しみですね。

無敗のサートゥルナーリアが勝つのか?アタマ差で負けたヴェロックスの逆転はあるのか?

そして、7頭を送り込むノーザンFが勝つのか?

今回の記事では、上位人気の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩評価とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

サートゥルナーリア

3歳 牡 角居勝彦厩舎 ノーザンF生産 3枠6番

外厩評価  S(買わない理由はない) 

ノーザンFしがらき 前走・皐月賞1着(ノーザンFしがらき)


皐月賞はあくまで日本ダービーを目指した仕上げだったことは、誰の目にもわかる事実。レース後は毎回経由させているノーザンFしがらきへ放牧。

鞍上はルメール騎手からレーン騎手へ変わりますが、レーン騎手のここまでの活躍から何の不安もないでしょう。

この馬の強さについて異論もなく、多くを書く必要はないでしょう。

ダノンキングリー

3歳 牡 萩原清厩舎 三嶋牧場生産 4枠7番

外厩評価 A(距離の不安はありそう)

ノーザンF天栄  前走・皐月賞3着(ノーザンF天栄)


皐月賞では戸崎騎手の積極的なポジション取りでサートゥルナーリアやヴェロックスの前へ。

上位二頭は4コーナーからスムーズに外から脚を伸ばしたが、荒れた馬場の内で脚を伸ばしきれずだった。

坂の途中ではそのまま突き抜けるかと思わせたあの加速力は目を見張るものがあり、展開次第で逆転の目はあるだろう。

複勝率の高い4枠と好枠、内で脚を溜める競馬をするであろう戸崎騎手の仕掛けどころが最大の注目となりそうです。

ただし、本質的には距離が長そうだと思いますし、一瞬のキレ味をどこで引き出せるか?スムーズに追い出せるか?と言った点でしょうか。

三嶋牧場は今勢いのある生産牧場で、メイショウテンゲンと二頭を送り込んできました。

生産が違うのになぜノーザンF系施設なのか?というのをtwitterなどでも見かけますが、馬主がダノックス(ノーザンF生産馬を多く所有)ですからね。

生産がノーザンFでないということについては大きく関係はないでしょう。

過去には三嶋以外の生産馬もノーザンF系の施設を使っていますので。

ヴェロックス

3歳 牡 中内田充正厩舎 ノーザンF生産 7枠13番

外厩評価  B(枠と高速馬場への対応力が鍵

在厩 前走・皐月賞2着(在厩)


枠は外になってしまいましたが、力的には皐月賞の逆転があると考えられる馬です。

一つのポイントとして厩舎に置いたままで状態面はどうなのか?という点だと思いますが、ダノンファンタジーは2歳時ではありますが阪神JFを勝利。

桜花賞とオークスも負けはしましたが、在厩調整で大きくは崩れていません。

ダノンプレミアムも今年は在厩でマイラーズCを完勝してますし、厩舎としての調整する力というのは大きなものでしょう。

決して外厩に頼らなくても馬を良い状態に仕上げることのできる厩舎ですし、枠の分乗り方は決まってくると思いますので、十分にチャンスはあるでしょう。

ただし、これまでのレースで一度も33秒台の上がりを使えていないので、高速馬場への適性が問われる事となりそうです。

アドマイヤジャスタ

3歳 牡 須貝尚介厩舎 ノーザンF生産 6枠12番

外厩評価 C(乗り替わりなどマイナスポイントは多い)

ノーザンFしがらき 前走・皐月賞8着(ノーザンFしがらき)


皐月賞では後方からの競馬となってしまい、ほぼレースに参加できずの競馬となった。元々は非常に高いセンスと力で結果を出してきており、鞍上がミルコ騎手に変わるのはプラスかもしれない。

ただし、乗り替わりだけで大きく力関係が変わることはなく、枠も決して良いとは言えないだろう。

皐月賞ではこの馬なりに伸びてきているので、道中のポジションが重要となる。できれば皐月賞のような競馬よりも上位勢より前にいたいのではないでしょうか。

ヴェロックス同様に高速馬場への適性もポイントとなります。

ランフォザローゼス

3歳 牡 藤沢和雄厩舎 ノーザンF生産 7枠14番

外厩評価 B(叩いた上積みはありそうです)

在厩 前走・青葉賞2着(ノーザンF天栄)


青葉賞で権利をもぎ取り初の厩舎仕上げ。

鞍上は初めて日本人の福永騎手となりますが、案外と手は合いそう。ただし、乗り替わり自体はあまり好ましくはありません。

新馬戦では東京コースで速い上がりも使えており、スピードはあるとは思います。

また、前走での仕上げよりも追い切りでは叩いた上積みを感じさせる動きを見せ、前走見せた直線でフラつく事もあったので、その辺りを修正してこれば馬券に食い込めるチャンスはあるかもしれませんね。

リオンリオン

3歳 牡 松永幹夫厩舎 ノーザンF生産 7枠15番

外厩評価 C(横山武史騎手の思い切りに期待はしたいですが….)

在厩 前走・青葉賞1着(ノーザンFしがらき)


青葉賞を絶妙なレースコントロールでまんまと逃げ切った。

枠は外枠となってしまったが、その分やる事は決まったでしょう。1コーナーまでに脚を使ったとしてもハナを取りに来るでしょうし、積極性のある騎手なのでゲートが多少遅れたとしても悔いなく逃げを打つでしょうね。

初のG1挑戦が日本ダービーというのは非常にハードルも高く、非常に大きなプレッシャーがあると思いますが、果敢な騎乗をみたいですね。

昨年はエポカドーロがハナから2着。決してチャンスがないわけではありません。

その他の外厩分析

ロジャーバローズ

3歳 牡 角居勝彦厩舎 飛野牧場生産 1枠1番

前走・京都新聞杯2着(ノーザンFしがらき)


ダービーとしては最高の枠を引きましたね。

京都新聞杯では初めてハナを切り押し切って勝利しました。

今回はリオンリオンがいる事から控えて先行策の競馬となりそうですが、元々はそういった競馬で勝利してきた馬ですし、実際はその方が良いでしょう。

スプリングSでは川田騎手が騎乗もこの馬らしさが全く無く、輸送面への不安はあります。

ただし、昨年のように前が有利の展開になれば最もロスのない好枠の分、チャンスはあるのではないでしょうか。

サトノルークス

3歳 牡 池江泰寿厩舎 ノーザンF生産 2枠4番

前走・皐月賞14着(ノーザンFしがらき)


皐月賞ではゲートが遅れてしまい後方からの競馬となった。そこから見れば好枠も引き、池添騎手の手腕にかかっていますね。

ポテンシャルも高いですし、皐月賞の結果だけで人気を落とすなら狙ってみたいと思います。

クラージュゲリエ

3歳 牡 池江泰寿厩舎 ノーザンF生産 6枠10番

前走・皐月賞5着(ノーザンFしがらき)


距離が延長する事は良さそうな気がする馬で、皐月賞ではペースに乗れず速い脚を使えなかった印象でした。

ただし、過去走を見ると33秒台の末脚も見せており、展開ひとつで馬券に絡んでくる可能性はあるのではないでしょうか。

前走後もノーザンFしがらきへ放牧に出し馬自体もリフレッシュ、ここで大きく巻き返してきても良いのではないでしょうか。

まとめ

この中から一頭選ぶなら、私は断然・・・

3⇒人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【日本ダービー】過去10年データ分析