オークス2019外厩予想|ノーザン選びをしましょうか!

オークス2019予想

◎コントラチェック

3人気ブログランキングへ

▲シャドウディーヴァ

☆ダノンファンタジー

△ウィクトーリア

△シゲルピンクダイヤ

馬券:馬連・3連単◎軸マルチ

◎コントラチェックは本来なら嫌うべきローテであるフラワーC組。

そして、逃げ・先行脚質。一部の人が見たらいかにも危険な人気馬という位置付けとなりそうですが、ここまでのノーザンF陣営のすべての常識を覆してきた事例を考えれば、ルメール騎手代役のレーン騎手があっさりとG1を連勝してしまいそうです。

また、土曜に行われたメイステークス。このベルキャニオンの騎乗を見て考え直しました。

距離は違えど同じ東京という条件の中で、コントラチェックでお案じく早めに直線で抜け出し勝負を仕掛ける騎乗をレーン騎手がわざわざするでしょうか?

そんな無策の戦略を取るはずがなく、今回はジョディーにハナを切らせてしまい、自分はまんまと脚を溜める戦法に出てくる。そんな気がしてなりません。

そう、ダイワキャグニーをやれば良いだけなのです。レース直前までオッズも動きそうな気配ですが、ここは逆手にとって狙い目だと思われます。

〇3対抗桜花賞組は素直に評価するのがオークスの鉄則。そうなれば、その桜花賞で高いパフォーマンスを見せたこの馬が相手にふさわしい。

こちらもメイステークスを例に挙げると、勝ち馬は伏兵の馬場の内に近いところを突いてきた馬でした。

本来ならば騎手のことも考えて上位印を打つのをためらいましたが、ここは前走以上のレースを見せてくれそうです。

▲シャドウディーヴァは伏兵の中でも舞台適性が最も高い一頭です。東京の舞台では安定して成績を残していますし、岩田騎手であれば外を回すイメージよりも内を突く騎乗をしてくるのも良さそうです。

☆ダノンファンタジーは状態面が多少気になりますが、状態面に不安があったと囁かれる桜花賞では地力を証明する4着。展開ひとつで馬券に絡む可能性はここでも高いでしょう。

距離に不安があるのでなるべくスローで流れて欲しいですし、川田騎手もある程度前目の位置を取りに行くと考えます。

△ウィクトーリアはムラがありますが、短期間ながらに放牧に出し馬体を調整してきています。

いかにも現代競馬といった調整内容ですし、こういう馬が好走するのが3歳クラシックでしょう。戸崎騎手が直線勝負に徹してくるのであれば差し脚を伸ばしてくるイメージは湧きますね。

△シゲルピンクダイヤは桜花賞でのレース内容を素直に評価した方が良いでしょう。ノーザンFでは無いですが、一矢報いるのならこの馬かもしれません。

ラヴズオンリーユーは素質上位を認めながらも、多頭数のごちゃつく競馬になった時や輸送で馬体を減らす可能性などマイナス要素が多い気がします。ここは思い切って消して勝負したいですね。

この馬が馬券に絡むなら頭で勝つ時だと思っています。

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!↓

【オークス】過去10年データ分析