オークス2019追い切り分析|牝馬クラシック第2戦!

 

今週は牝馬クラシック・オークスが開催されます。

東京・芝2400メートルを舞台に行われるオークスは、牝馬クラシック第1弾の桜花賞(阪神・芝1600メートル)から距離が800メートルも延長されて行われる一戦とあり、2400メートルという距離への適性も結果を左右するポイントになりそうですね。

本日は重要なクラシック・オークスにスポットを当て、追い切りから仕上がりのいい馬を予想していきます。

各追い切り場の最終追い切り時見解

【栗東CW 良馬場】

今週はハロー明けですが、先々週に比べると若干時計の掛かる馬場状態だと思います。

先週に比べれば少しですが時計は出やすいので、そこだけ気を付ければ大丈夫だと思います。

そこまで時計が出る馬場状態ではないという事だけ意識すればいいと思います。

【栗東坂路 良馬場】

先週と変わらず若干タフな馬場状態にあるといった感じですね。

どの馬も全体時計で50秒を切れていないので結構しんどい馬場状態だと思います。

この馬場で段階的に加速ラップが踏めている馬は相対的に評価していいのではないでしょうか。

【美浦南W 稍重馬場】

先週と比べるとかなり時計の掛かる馬場状態にあります。

どの馬も時計を出すのに苦労している印象を受けますので相当タフなんでしょうね。

こういう馬場で他の馬と比較して時計の出ている馬はそのまま本番でも通用しそうですね。

【美浦坂路 稍重馬場】

ここ最近でも1番タフな馬場状態だと判断出来ます。

なので良いデキでも時計が地味に見えてしまうので、追い内容や加速ラップでしっかり判断する事が重要になってきます。

出走馬の追い切り見解

コントラチェック

【美浦・南W/馬也】
<69.9-53.5-39.7-12.8>

『評価 B

前走のフラワーカップではスタート出てそのまま抜け、終始自分のペースで走って楽勝という感じでしたね。

距離も充分に持つでしょうし、今回は他の馬とのハナ争いでどうなるかといったところですね。

鞍上は絶好調のD.レーン騎手ということもあり、人気に拍車がかかりそうですがどうなんでしょうね。

最終追い切りはいつもの様に軽くという感じですが、しっかり仕上がった状態にあるといえます。

クロノジェネシス

【栗東・CW/馬也】
<84.3-68.1-53.0-38.8-11.7>

『評価 B

前走の桜花賞は3着、上がりもそれなりに良く評価出来る内容であったと思います。

シンプルにグランアレグリアが強かったですし、この着順自体は悲観視するものではないです。

最終追い切りでは馬也ではあったものの、終いはしっかりと伸びて時計も出ています。

デキはいいと判断してもいいと思いますし、今回のメンツであれば抑えておきたい一頭ではありますね。

ラヴズオンリーユー

【栗東・坂路 /馬也】
<54.7-40.2-26.2-12.8>

評価 A

前走の忘れな草賞では完璧なデキではないにも関わらず、上がり最速の34.6秒をマークして1着とこれからが楽しみな一頭です。

今回のメンツを相手にどこまでやれるかが鍵となりますが、追い切りを見ていた感想では充分通用するのではないか?と思えます。

1週前はミルコ騎手を背にCWコースで6F81.0-11.5の好時計を馬也でマーク、併せた馬を2馬身突き放してと評価出来る内容。

最終追い切りは軽く流す程度でしたが前走も最終は調整程度の時計だったため、1週前の時計での判断しますがデキはいいでしょう、好走しても驚けない一頭です。

ダノンファンタジー

【栗東・坂路 /馬也】
<55.4-40.3-25.9-13.1>

『評価 B

前走の桜花賞は出走前から馬のテンションが高かったり、道中折り合いに多少難があった様にも感じましたが、それでも4着と結果は残した方だと思います。

今回は800mの距離延長なのがちょっと心配です。スタミナ面ではなく違った意味でなんですが。

ただシンプルな馬のポテンシャルでいうならば、この馬は今回のメンツの中でも上位だと思いますし、勝っても不思議では無いです。

一週前も坂路で流して最終追い切りも坂路で軽く流す程度、時計も評価出来るものではないので前走からの状態を維持するに留まるか、といった感じですかね。

あとはもう鞍上との折り合いだと思っています。

シゲルピンクダイヤ

【栗東・坂路/馬也】
<53.2-38.7-24.9-12.3>

『評価 A

前走の桜花賞は2着、前々走のチューリップ賞も2着とここ2走では人気に反して好走しています。

今回は問題があるとしたら距離延長です。東京との相性も気になるところではありますが。

あと展開がスローになった場合はしんどいかもしれません。差しが届けばいいですが・・・。

それでも最終追い切りではラスト1Fが12.2秒、加速ラップを踏めておりデキは良いと思います。

トータルで推せるかどうかではなく、シンプルな追い切りの評価としてはAですね。

ウィクトーリア

【美浦・南W/馬也】
<51.5-38.0-12.4>

『評価 B

前走のフローラステークスでは逃げると思いきや、スタートで出遅れ後方からの競馬となりましたが、結果としては1着というものになりました。

ここ2戦は評価出来る内容にあると思いますし、今回も好走が期待出来ます。

前に行っても、前走の様に道中脚を溜めて差す競馬も出来るのでポテンシャルは高いと思います。

最終追い切りは馬也ですが、併走馬には先着しており時計もまずまず。

ただ1週前にハードに追っているので、最終は軽くだったと思うのでデキは維持してると判断します。

個人的には今回好走しても何ら驚けない馬だと思っています。

ビーチサンバ

【栗東・CW/馬也】
<70.6-54.3-39.5-12.6>

『評価 A

前走の桜花賞は結局5着でしたが、なんとなくこれが今の実力ではないかと思っています。

弱いワケでもないですし、ポテンシャルが無いワケでもないんですが、G1になると毎回外枠引いたりとチャンスに恵まれないといいますか。

今回も外枠ですが上位には来ると思っていますが、軸としては厳しいかな?という印象ですね。

追い切りでは1週前は福永騎手を背にCWで83.6-67.7-52.0-38.0-11.3をマークし、併走馬に2馬身差先着。

1週前にしっかりと負荷をかけているので、最終は軽く流す程度でした。

この馬も追い切りで判断するならばA評価です、あとは地力次第です。

まとめ

2019年のオークスで『A評価』としたのは、ラヴズオンリーユー、シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバとなりました。

伏兵馬も人気馬もそれぞれに仕上げてくるのでかなり難しいレースになりそうですね。

そんな時こそ、このサイト上に上がっているラップ分析や単純な能力比較を重宝すべきではないかと思います。

それでは最後に、A評価を与えた馬の中でももっとも評価できる馬を人気ブログランキングの紹介欄に掲載しておきます。

2⇒人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【オークス】過去10年データ分析