オークス2019ラップ分析|今回好走に必要な要素とは?

今週は牝馬クラシック2戦目のオークスが開催されます!

距離は大きく延長されるものの近年はとにかく固く収まるこのレースをラップ分析していきます!

過去掲載予想成績一覧

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-10.6-12.2-12.8-12.7-12.7-12.8-12.5-12.0-12.0-11.3-11.860.759.635.235.1
201512.5-10.6-12.5-13.0-12.7-12.6-12.5-11.9-11.9-11.3-11.6-11.961.358.635.634.8
201612.3-10.7-12.1-12.3-12.4-12.5-12.9-12.6-12.7-11.4-11.5-11.659.859.835.134.5
201712.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.661.757.837.134.1
201812.6-11.1-12.0-11.9-12.0-12.2-12.4-12.3-12.4-12.2-11.1-11.659.659.635.734.9

ペース想定

前後半5Fで見ると平均までもなくはないですが、前後半3Fで見ると結局はスローペースで後半の比重が強いレースというのは間違いない。

結論:スローペース濃厚

展開想定

ラスト3F最速で出し切る形もありますし、ポジション問わずある程度出し切るだけのロンスパ適正は必要。

結論:ロンスパ適正必要

メンバーからの展開予想

コントラチェックかジョディ―が逃げる形が想定されますが、距離や過去戦績を考えてもスローペースが濃厚でしょう。

焦点は2番手集団との距離感でここが詰まってくると、直線分散したい馬の早仕掛けでロンスパ戦になりますし、距離感があれば前が楽な競馬になるでしょう。

直線出し切る形を得意としていてもポジション差を覆すのは結構難しいレースになりそうで、ある程度のポジションは条件になってくるレース。

有力出走馬ラップ分析

コントラチェック

過去レース分析

フラワーCは前後半3F36.6-34.9のスローペースでラスト5F11.8-12.0-11.8-11.2-11.9のラスト2F最速戦。

ラスト5Fで11秒台に入っているがこれはペースと高速馬場の影響でロンスパ戦には該当しない。

逃げて2番手を離しての競馬で仕掛けを待ってスッと反応しての押し切り。

ギアチェンジや折り合いなどは評価できるが、楽勝過ぎて細かな適正の評価は難しい。


菜の花賞は前後半34.6-35.5のハイペースでラスト4F12.2-11.9-11.5-12.1のラスト2F最速戦。

基礎スピードの高さを見せての勝利で2番手を大きく突き放しての圧勝。

ラスト4Fで減速に対応して再度ラスト2Fで突き放すギアチェンジは優秀。


サフラン賞は前後半3F37.1-34.1の超スローペースでラスト4F12.4-11.6-11.0-11.5の瞬発力勝負。

ギアチェンジこそ良かったがレッドアネモスに敗れるという形でロンスパ適正とトップスピードに不安を残した。

まとめ

ポジションを取って出し抜く形の競馬を得意としている馬。

距離に関してはプラス材料もないが相対的に見てマイナス材料という程でもなく、その点は考慮なしの評価でいいだろう。

基礎スピードは持っているので前から出し抜く形ならばペースは常識的な範囲であれば問題ないでしょう。

しかし、ポジション差が小さかったり早仕掛けの展開になると、瞬発力もロンスパも不安を見せているだけに盤石ではない。

クロノジェネシス

過去レース分析

桜花賞は前後半3F35.4-33.3のスローペースからラスト4F11.7-10.8-11.0-11.5のラスト3F最速戦。

超高速馬場でグランアレグリアがベストの競馬をしたのに対してこちらは前が壁になってラスト1.5F目辺りからのやっと前が開いた。

そこから一気に詰め寄るがスローペースで最速地点でこれだけロスをするとこれまでという感じ。

もう少し前のポジションでスンナリだったらグランアレグリアに先着もあり得た内容。


クイーンCは前後半3F36.1-33.8の超スローペースでラスト4F12.0-11.5-11.0-11.3の直線目一杯に近い瞬発力戦。

追い出しは少し待ちながらもラスト2Fでは一気に差を詰めてラスト2F共に10秒台に突入するレベル。

瞬発力戦はこのレースだけでも非凡なものを見せたのは間違いないでしょう。


阪神JFは前後半3F34.8-35.0の平均ペースを出負けて最後方からの競馬。

ラスト4F12.1-11.0-11.8-12.2の直線出し切る競馬でダノンファンタジーの外から直線迎えるも差は据え置きのままで僅差の2着。

平均ペースへの対応とロンスパ適正を見せたので出負けさえなければというレベルのレース。


アイビーSは前後半3F37.2-33.4の超スローペース。

直線では進路を探したりで本仕掛けは少し遅れつつも進路確定後は一気の脚で差し切り。ここでも瞬発力の高さを見せた。

まとめ

ここまで直線競馬で結果を残してきた馬。阪神JFで平均からラスト3F最速を出し切ったのはあるものの、どちらかと言えば瞬発力優位と思います。

これが瞬発力勝負のみの切れ味だけの馬ならば好走条件はかなり厳しくなりますが、この馬の武器はそれを持続させるロンスパ適正もある程度持っている事。

適正的には前半要素が楽になってポジションをとりやすく直線が長いオークスはベストに近いでしょう。

後方からの出し切りだとロンスパ適正によった馬比較で敗れてしまうのでレース全体を通した競馬で強みがあるタイプ。

前半さえ問題なければ高速馬場への適正も見せているので舞台設定は完璧。

ダノンファンタジー

過去レース分析

桜花賞は前後半3F35.4-33.3のスローペースからラスト4F11.7-10.8-11.0-11.5のラスト3F最速戦。

トップスピードをかなり求められたペースで終始グランアレグリアには見劣ってラストは止まってしまいました。

瞬発力勝負ではここまでも見劣ってきましたしここは馬場とペースが苦しかった。


チューリップ賞はスタート抜群でそこから少し下げて3番手での競馬。

前後半3F35.5-34.2のスローペースで内を立ち回って直線は進路を探しながらラスト2Fから加速して抜け出し。

ギアチェンジも良かったし、ここは文句なしの競馬。


阪神JFは前後半3F34.8-35.0の平均ペースを最後方付近からの競馬。

ラスト4F12.1-11.0-11.8-12.2のラスト3F最速をコーナーでも外に振られながら直線出し切っての競馬を差し切り勝ち。

阪神外回りらしい直線目一杯出し切る競馬での勝利でロンスパ適正含めて高い後半要素を見せた。

まとめ

阪神JFこそ後方からになりましたが、前走含めて意識さえ持てばある程度の位置は取れる馬です。

その上でロンスパ型の競馬で豪快に差し切った阪神JFと前目からギアチェンジ活かしたチューリップ賞があるのは評価はせざる得ません。

総合力は持っていますがトップレベルでは瞬発力が見劣ります。

瞬間的なトップスピードを求められるとラスト甘くなるのは桜花賞で見せましたし、レース全体で分散して脚を使いたいタイプでしょう。

ロンスパ戦想定かつ馬場もタフならば人気馬の中では相対的に信頼度高そうなので、これは状況見つつ判断。

ポジションさえ取ってくれれば、瞬発力戦で多少の見劣りを見せてもリードを残すくらいは可能なので評価はできる。

理想は前目からラスト4Fからの動き出し。ラスト3F最速でもここで10秒台に入ってくると厳しくなりそう。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

1頭人気の割に期待値が低いなと感じる馬がいました!その馬は?

⇒1:人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

オークス過去データ分析は
【オークス】過去10年データ分析