【オークス】過去10年データ分析

オークスに関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

※準備中

東京競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気5- 2- 1- 2/ 1050.0%80.0%96106
2番人気1- 3- 3- 3/ 1010.0%70.0%98102
3番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%30.0%12468
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%049
5番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%3885
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%065
7番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%37280
8番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%0123
9番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%285127
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
18番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%00

注目ポイント

1番人気は勝率、複勝率ともに水準以上であり、信頼性は高いです。

中盤人気の台頭も気になるので、上位人気から中穴を狙うのがポイント。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
ルメール2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%10260
川田将雅1- 2- 0- 3/ 616.7%50.0%9385
池添謙一1- 0- 2- 2/ 520.0%60.0%40110
安藤勝己1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%4636
岩田康誠1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%14021

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 2- 2-15/205.0%25.0%1262
2枠3- 1- 1-13/1816.7%27.8%376128
3枠0- 0- 2-18/200.0%10.0%021
4枠1- 0- 0-19/205.0%5.0%75
5枠2- 2- 0-16/2010.0%20.0%8331
6枠0- 0- 1-19/200.0%5.0%07
7枠2- 3- 2-23/306.7%23.3%2449
8枠2- 1- 2-24/296.9%17.2%2059

注目ポイント

データを見る限り、どちらかと言うとやや外枠よりが有利に感じます。

とは言っても基本的に枠ごとの有利不利は特にないと思われ、能力適正で判断することが賢明です。

過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①前走G2×前走1~3着×前走4角10番手以内×1~9人気 1- 4- 3- 8/166%50%23184
②前走G1×前走4角3番手以下×1~9人気 8- 5- 6-26/4518%42%11883
  1. 前走G2好走馬は後方馬以外は狙い目
  2. 前走G1で逃げ先行馬以外が中心のレース

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①前走G1×前走4着以下×4人気以下 1- 0- 0-47/482%2%5914
②前走G2×上り3位以下 0- 2- 2-28/320%13%064
  1. 前走G1凡走で今回人気薄は厳しい
  2. 前走G2で上り下位馬はトレンドではない

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • パイオニアバイオ:①
  • アーモンドアイ:②
  • リリーノーブル:②
  • ラッキーライラック:②
  • マウレア:②

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • マウレア:①
  • パイオニアバイオ:①

という事で、残ったのが

  • アーモンドアイ 1人気1着
  • リリーノーブル 4人気2着
  • ラッキーライラック 2人気3着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連31190円399%
馬単61410円235%
3連複1750円750%
3連単63360円560%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-10.6-12.2-12.8-12.7-12.7-12.8-12.5-12.0-12.0-11.3-11.860.759.635.235.1
201512.5-10.6-12.5-13.0-12.7-12.6-12.5-11.9-11.9-11.3-11.6-11.961.358.635.634.8
201612.3-10.7-12.1-12.3-12.4-12.5-12.9-12.6-12.7-11.4-11.5-11.659.859.835.134.5
201712.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.661.757.837.134.1
201812.6-11.1-12.0-11.9-12.0-12.2-12.4-12.3-12.4-12.2-11.1-11.659.659.635.734.9

傾向分析

基本的にスローペース想定がベターなレース。

ポイント①
・スローペース濃厚

ラスト3F最速も十分考えられるが、どちらにせよ直線出し切るロンスパ適正は求められる。

瞬発力も必要な後半要素の総合力勝負になりやすい。

ポイント②
・差し馬ロンスパ適正必須

ロンスパ適正は、ラスト4Fから11秒台で落差の小さいレースやラスト3F最速戦での好走が見分けやすいポイント。

まとめ

ポイント
  • 波乱は少ない傾向
  • 距離適性は問われにくい

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

友だち追加

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の他重賞データ

【平安S】過去10年データ分析