NHKマイルC2019ラップ分析|期待値が低い人気馬は?

例年メンバーレベルは王道路線から外れた馬が中心で低くなりがちですが、今年はグランアレグリアの参戦で俄然盛り上がりをNHKマイルC。

グランアレグリアの一強が囁かれていますが果たしてそうなのか?ラップで分析していきます!

過去掲載予想成績一覧

 

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.0-11.0-11.6-12.0-11.8-11.3-11.5-12.058.458.634.634.8
201512.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.859.358.235.334.2
201612.3-10.7-11.3-11.7-11.7-11.3-11.5-12.357.758.534.335.1
201712.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.857.957.834.534.4
201812.1-11.1-11.2-11.9-11.7-11.3-11.5-12.058.058.434.434.8

ペース想定

向こう正面を一杯に使うコース形態とここを最大の勝負と捉えている馬の多さからペースは流れやすい傾向。

結論:ペースは流れやすい傾向あり

展開想定

ラスト3F最奥で直線出し切る形が多くロンスパ適正も問われますし、流れやすいレースなので基礎スピードも必要で総合力が問われる。

結論:ロンスパ傾向あり

メンバーからの展開予想

 

有力出走馬ラップ分析

グランアレグリア

過去レース分析

桜花賞は前後半3F35.4-33.3のスローペースでラスト4F11.7-10.8-11.0-11.5のラスト3F最速戦で後半要素の総合力が問われた。

コーナーで加速して直線抜け出して勝ち切り。これを前でやられると他の馬は為す術なしという競馬。

スローでは圧倒的というのは間違いないかなという感じ。


朝日杯FSは小雨の中で前後半3F35.3-34.4のスローペースを2番手で進めた。

ラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9でラスト2F最速ではあるがラスト3F地点で先頭を捉えているのでロンスパ競馬になり3着まで。

アドマイヤマーズを一旦は出し抜いたものの、ラスト1Fで止まってしまったのはロンスパ適正もしくは馬場対応力に大きく疑問が付いてしまう負け方。


サウジアラビアRCは前後半3F36.8-34.1のスローペースでラスト5F11.5-11.6-11.3-11.1-11.7のロンスパ競馬。

直線でも加速しての圧勝劇でロンスパ適正はかなり高いものを見せたと言えるレース。


新馬戦は前後半3F36.0-33.6の超スローペース。

高速馬場の中で2番手からラスト3F11.3-11.1-11.2の3F落差ほぼないロンスパ競馬でダノンファンタジーに完勝。

ラスト4Fからのギアチェンジも発揮していますし、かなり好内容のレース。

まとめ

新馬戦とサウジアラビアRCの結果はかなり良かったと言えます。その分朝日杯FSが崩れたのが気になる。

ロンスパ競馬が原因の可能性は勝利した2戦により否定できるので、スローペース巧者である可能性は未だ残ります。

サウジアラビアRCと新馬戦は共に超スローペース域なので、この可能性も捨てきれません。

もちろん朝日杯FSにしても3着までは来れていますし、今回も圏内はどうであれ充分可能な馬ではあるのですが、流れる可能性が高いレースで1倍台は嫌ってこそかなと思います。

アドマイヤマーズ

過去レース分析

皐月賞は前後半3F34.8-34.7の平均ペースはラスト4F12.2-11.7-11.6-11.4の加速ラップ締め。

単純にこの馬と上位の比較で言うならば2000mで基礎スピードを求められると見劣ったという感じ。


共同通信杯は前後半3F37.1-33.3の超スローペースでラスト4F12.0-11.2-11.0-11.1の直線で脚を出し切るレース。

ラストは差を詰め返したもののダノンキングリーに一度出し抜かれた差を潰すまでには至らず敗戦。ここは瞬発力負けの内容でした。


朝日杯FSは前後半3F35.3-34.4のスローペースでラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9のややロンスパっぽさもある競馬。

もちろん瞬間的な脚もある程度は使えていますが、一度グランアレグリアに出し抜かれていますしロンスパ適正で勝ち切ったような内容。


デイリー杯2歳Sは前後半3F36.8-33.9の超スローペースでラスト4F12.0-11.6-10.8-11.5の瞬発力戦。

ここでは瞬発力をしっかり引き出した上で3F脚を伸ばし切っての勝利。

まとめ

トップレベルで言えば瞬発力のみで勝ち切れるようなレベルにはないと思います。

それよりも瞬間的な脚もある程度のものを持っている上にロンスパ性能も優れている後半要素の総合力が高いタイプと言った方がしっくりきます。

中京2歳を平均ペースで押し切っていますし基礎スピード面もある程度信頼はできます。

前走は距離延長+平均ペースは流石に厳しかったという感じでしょう。

そういう意味では1600mかつ平均ペース想定は朝日杯の内容に近いのでプラスになりそうですし不安は小さい人気馬。

ダノンチェイサー

過去レース分析

きさらぎ賞は前後半3F36.3-35.4のスローペースでラスト4F12.4-12.0-11.5-11.9の瞬発力戦。

ランスオブプラーナが離して逃げたまま直線に入っているので2番手以降は極端な瞬発力戦になっています。

その中でラスト2Fで一気に捉えてラストは流しての完勝と瞬発力戦ではこのメンバーを圧倒。


こうやまき賞は前後半3F36.4-34.2のスローペースでラスト4F12.0-11.5-11.2-11.5の瞬発力戦。

ラスト2F最速戦ではあるがマイネルウィルトスにラスト2F地点で大きく差を詰められたのは気になる。

そこから脚を鈍らせずに伸び切って1着というロンスパ適正で押し切った印象。


きんもくせい特別は前後半3F34.9-35.3の平均ペースでラスト4F11.6-11.9-11.7-11.7のロンスパ戦。

ラスト4Fで早くなってその後緩んで後ろの馬は間隔を詰めやすかったので後方向きの競馬になった感じはある。

そこから伸び続けて2着までとロンスパ適正の高さを見せた。

まとめ

こうやまき賞でラスト2Fの最速地点でやや見劣りを見せたのは気になる内容。

ロンスパに寄った馬で瞬発力型ではないというのがここまでのレースからの判断。

そういう意味ではラスト3F最速戦になりがちなNHKマイルCは展開的には合いそう。

しかし、トップスピードは見せていませんし、基礎スピードも少し不安は残るので本命までは怖さある人気馬。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

1頭人気の割に期待値が低いなと感じる馬がいました!その馬は?

⇒危:人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!