NHKマイルC2019追い切り分析|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

NHKマイルC2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

3歳マイル王を決める一戦に桜花賞馬・グランアレグリア、2歳チャンピオン・アドマイヤマーズが参戦。

そこにセレクトセール2億5000万の値を付けた超高額馬ダノンチェイサーが割って入る構図になるでしょうか。

3歳春という時期から様々な路線がある中でこのマイル路線を選んだ馬たちの戦い。

このNHKマイルカップを目標にしてきた各馬の仕上がりももちろんのこと、調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去のNHKマイルカップで好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年NHKマイルカップ

着順馬名最終追い切り
1着ケイアイノーテック栗東坂路
2着ギベオン栗東芝
3着レッドヴェイロン栗東坂路

この年は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が馬券内の2席を確保。

1600mという距離からこれは納得の結果というイメージ。

この年は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が3頭のみで、その内2頭が好走しているという点も目を引きます。

このことから、NHKマイルカップでは栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が良いのではないかと現時点では予想できます。

そして、この好走した2頭と共に4F目が最速になる加速ラップを踏んでいた点も押さえておきたいポイントです。

2着に入線したのは最終追い切りを芝で行われたギベオン。

この年の春先の藤原厩舎は芝で最終追い切りを行うことが勝負パターンとなっていた時期です。

そのことから厩舎の勝負パターンであれば、主要追い切り場(ウッド・坂路)を使わなくても問題なしという判断で良さそうです。

2017年NHKマイルカップ

着順馬名最終追い切り
1着アエロリット美浦坂路
2着リエノテソーロ美浦美南W
3着ボンセルヴィーソ栗東坂路

この年は美浦坂路で最終追い切りを行われた馬がアエロリットが優勝。

結果的に過去5年間で美浦坂路から好走したのはこのアエロリットのみとなっています。

このアエロリットについても、4F目が最速になる加速ラップを踏んでいました。

これは栗東坂路から3着したボンセルヴィーソも同じです。

栗東・美浦問わず、坂路で最終追い切りを行われた馬はスタートから徐々にピッチを上げて、4F目が最速になる加速ラップを踏むことが好走のポイントということになりそうです。

東京1600mという舞台設定からスピード一辺倒で乗り切るのではなく、坂路を最後までしっかり走り抜けるタフさも必要という事が要因の1つでしょう。

2着には美浦南Wから13人気の人気薄で好走を果たしたリエノテソーロとなっています。

ダートでの戦績とは言え、全日本2歳優駿の勝ち馬で重賞実績のある馬でした。

この年は1人気カラクレナイ・3人気モンドキャンノは栗東CWで最終追い切りを行われて着外に凡走しています。

このことから栗東CWで最終追い切りを行われた馬はあまり良くないことが予想されます。

2016年NHKマイルカップ

着順馬名最終追い切り
1着メジャーエンブレム美浦南W
2着ロードクエスト美浦南W
3着レインボーライン栗東坂路

この年は美浦南Wで最終追い切りを行われた馬が1着・2着を独占しました。

人気で見ると1人気⇒2人気決着というところで人気通りの決着でした。

この2頭に共通するのは、共にこのレースまでに重賞勝利の実績がありました。

2017年リエノテソーロも含め、美浦南Wから好走するには重賞実績が必須ということが考えられます。

3着レインボーラインは栗東坂路で最終追い切りを行われていました。

2018年・2017年の好走馬と違い、この馬は加速ラップを踏むことは出来ていませんでしたが・・・

この年3人気で着外に凡走したイモータルは栗東坂路で最終追い切りを行われており、加速ラップを踏むことが出来ていませんでした。

レインボーラインは人気薄で好走しました。しかし、これをイレギュラーと考えると、やはり最終追い切り坂路で好走するには加速ラップを踏むことが重要であると考えられます。

2015年NHKマイルカップ

着順馬名最終追い切り
1着クラリティスカイ栗東坂路
2着アルビアーノ美浦南W
3着ミュゼスルタン美南芝

この年の最終追い切りは三者三様の結果に。

加速ラップを踏むことが出来ずとも栗東坂路から優勝したのはクラリティスカイ。

ここまで栗東坂路で最終追い切りを行われた馬は毎年馬券に絡む活躍を見せており、加速ラップが必須というわけではなく、加速ラップはプラス評価で考える、というスタンスが良さそうです。

2着には美浦南Wから好走した重賞勝利実績のあるアルビアーノ。

ここは傾向通りの結果となりました。

逆にこの年の1人気グランシルクは重賞勝利実績がなく、着外に凡走しています。

最終追い切りを芝で行われて3着に好走したミュゼスルタン。

このレースまでに同じ追い切りパターンで新潟2歳ステークスを勝利しています。

元々主要追い切り場(ウッド・坂路)以外で最終追い切りを行う馬が少ない中で、好走してくるには重賞実績は必須というイメージですね。

2014年NHKマイルカップ

着順馬名最終追い切り
1着ミッキーアイル栗東坂路
2着タガノブルグ栗東坂路
3着キングズオブザサン栗東ポリトラック

1着・2着は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が入線。

過去5年間全てで馬券に絡む活躍を見せました。

このレースの特注パターンは栗東坂路で最終追い切りを行われた馬で間違いないでしょう。

3着には栗東ポリトラックで最終追い切りを行われたキングズオブザサン。

この馬は重賞勝利実績こそありませんでしたが、同じ追い切りパターンで京成杯2着の実績がありました。。

まとめ

ということで過去5年分のNHKマイルCの追い切りパターンを分析していきました。

このレースの特注追い切りパターンは、栗東坂路で最終追い切りを行われた馬ということで異論はないでしょう。

この追い切りパターンは過去5年連続で馬券内に好走しており、今年も要注目の追い切りパターンとなっています。

特にスタートから4F目にかけてピッチを上げる加速ラップを踏んでいる馬には要注目。

そして、栗東CWで最終追い切りを行われた馬の好走がゼロというところも注目ポイント。

そもそも人気に推されるような馬が少なかったということはあるものの、2017年は人気に推されたカラクレナイ・モンドキャンノが凡走していることを考えてもこれはマイナスポイントですね。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬は重賞勝利実績必須。

2015年1人気で着外に敗れたグランシルクに重賞勝利がなかったことを考えてもこれは重要なポイントになりそうです。

主要追い切り場(ウッド・坂路)以外での追い切りで好走するにも重賞実績は必須。

同じ追い切りパターンで重賞連対歴がある馬は、出走頭数が少ない中で好走馬も多いことから、無条件で抑えるくらいでもOKという印象です。

今年、人気が予想されるグランアレグリアは美浦南Wでの最終追い切りになりそう。

桜花賞馬で重賞実績は文句なし。

追い切りパターンからは普通に好走してきそうな一頭です。

アドマイヤマーズは最終追い切りが栗東CW・栗東坂路どちらも経験済。

追い切りパターンから考えると、栗東坂路で最終追い切りを行われるのがベスト。

どちらの追い切りで最終追い切りを行われるか注目です。

ダノンチェイサーはここまでの5戦全て栗東CWで最終追い切りを行われています。

これは明らかなマイナスポイント。よほど他の要素が強くないと厳しいかもしれません。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

栗東坂路での最終追い切りになることが濃厚で、ほぼ間違いなく加速ラップを踏んできそうなこの馬。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒2人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【NHKマイルC】過去10年データ分析