天皇賞春2019ラップ分析|高速馬場で特殊展開になる?

安田記念前哨戦にあたるG2マイラーズカップ。

少頭数で近年は堅い決着になりがちなレースで、今年もダノンプレミアムなど上位と下位で大きく人気を分けるメンバー構成。

果たして今年も例年通り人気馬で決着するのか?それとも波乱があるのか?分析していきます!

過去掲載予想成績一覧

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.8-12.0-12.1-12.4-12.4-12.1-11.3-12.5-12.9-12.9-12.9-12.3-11.7-12.0-11.1-11.761.758.836.934.8
201512.7-11.4-12.0-12.5-12.8-12.2-12.1-12.8-12.4-12.3-12.5-12.0-11.7-11.8-11.5-12.061.459.036.135.3
201613.0-12.1-12.4-12.2-12.1-12.0-11.6-12.9-12.6-12.6-12.7-12.5-11.6-11.4-11.7-11.961.859.137.535.0
201712.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.258.360.235.635.5
201813.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.460.160.635.635.9

ペース想定

近2年はヤマカツライデンが単騎で大きく離して逃げたもので、過去5年見ても長距離らしくスローペース濃厚のレースです。

結論:スローペース濃厚

展開想定

ラスト4Fの坂の下りから加速する4F戦になる事が多いレース。

加えてラスト3F最速になる事も多くロンスパ戦が最も多い展開というのは間違いない。

結論:ロンスパ傾向あり

メンバーからの展開予想

メンバー云々というよりも今年は馬場が異様に早いというのがポイントになりそう。マイラーズCでは上り最速32.0の超高速馬場。

この馬場が継続される前提で考えると、どうやっても瞬発力戦になってしまいます。

なぜなら、この馬場でロンスパ戦にしようと思うとラスト4Fで11秒台前半~中盤近く入れて、そこから11秒台が4F続くようなレースにしなくてはなりません。

これはかなり積極的な騎乗で、長距離の天皇賞春でそこまで強気な競馬は望み辛いです。

そう考えると、土曜に雨は降るのでそれ次第ですが、瞬発力戦になる可能性も充分あるのが今年の天皇賞春かなと考えています。

有力出走馬ラップ分析

フィエールマン

過去レース分析

AJCCは前後半3F36.7-34.6でラスト4F11.7-11.8-10.9-11.9のラスト2F最速の瞬発力戦。

中団で競馬を進めて直線伸びるもののシャケトラには届かず僅差の2着。

ラスト2Fのギアチェンジには対応しているし、瞬発力は見せたもののロンスパ型のシャケトラを差し損ねたのは少し不満が残る内容。


菊花賞は前後半3F37.2-34.2で中盤も緩んだ超スローペースでラスト4F12.2-12.2-10.7-11.3の極端な瞬発力戦。

直線向いてすぐは馬群の中で動き出し遅れながらもラスト2Fで一気にエタリオウを差す競馬で瞬発力はかなり高かった。

しかし、ラスト1Fでは差を詰め返されているのでロンスパ適正は見劣った印象。

まとめ

ギアチェンジやトップスピードといった瞬発力が武器の馬。

近2走は超スローペースからの瞬発力戦で直線のみの競馬となっており、楽な競馬で展開は向いたでしょう。

菊花賞を勝っているとはいえ距離適性が全く問われない内容なので、今回距離不安は残ります。

何よりトップスピード問われない長距離でロンスパとなれば近走の好走とは反対に近い形で不安要素と言えます。

しかし、高速馬場で瞬発力戦になるのではないか・という前提だと展開も向いてきますし距離も問題にしない可能性も高いです。

瞬発力戦想定ならば本命までは打ちたくないが、重い印候補の1頭でしょう。

エタリオウ

過去レース分析

日経賞は前後半5F62.8-58.9の超スローペースでラスト5F11.9-11.6-11.8-11.6-12.0のロンスパ戦。

ラスト5Fで一気に加速して先頭に並びかけ、一度減速して直線を迎えて再加速という加速減速を繰り返した難しいレースメイク。

メイショウテッコンもロンスパ競馬をしている訳でロスの差はあったにしろ差せなかったのは少し不満。


菊花賞は前後半3F37.2-34.2で中盤も緩んだ超スローペースでラスト4F12.2-12.2-10.7-11.3の極端な瞬発力戦。

コーナーで外を回し直線は前に何もいない形で向いて一度抜け出したものの、フィエールマンに瞬発力負け。

フィエールマン比較ではロンスパっぽい競馬をしていますが、展開は向かなかったか。


神戸新聞杯は前後半3F36.7-34.6のスローペースでラスト4F11.8-11.2-11.3-12.1のロンスパ戦。

スローペースで更に縦長馬群で後方にいたので超スローペース水準の競馬。

直線ではエポカドーロ比較でギアチェンジは大きく見劣ってラスト2Fで大きく差を詰めて2着。

まとめ

神戸新聞杯のパフォーマンスを見る限り直線で脚を出し切る競馬がベストなタイプでしょう。

コーナー含めたロンスパは日経賞で差し切れなかった点で一旦このタイプと判断します。

菊花賞と神戸新聞杯の直線の内容からギアチェンジは見劣るのは明らかでしょう。

坂の下りで加速できる京都はギアチェンジの悪さを誤魔化せるので良いと思います。

しかし、今年想定される直線での瞬発力戦の流れに乗ってしまうと出し抜かれてしまうので積極的な騎乗が必要。

ユーキャンスマイル

過去レース分析

ダイヤモンドSは前後半5F62.1-58.5で超スローペースでラスト4F12.0-11.3-11.4-11.7のロンスパ戦。

超スローペースを後方で進めて直線も進路を内を突くロスのない競馬。

ラスト3F最速で直線出し切る形での勝利でロンスパ適正の高さを見せた。


万葉Sは前後半3F37.5-35.1のスローペースで中盤が14秒台に突入するなどかなり緩んだペース。

ラスト5F13.2-11.6-11.4-11.6-12.1でラスト4Fから加速しそのままラスト3F最速のレースで勝ち切り。

ここでもロンスパ適正の高さを見せたレース。

まとめ

ここまでスローペースからのロンスパ戦での好走を見せてきたタイプ。

瞬発力戦というよりはコーナーも含めてのロンスパ戦に持ち込みたい馬です。

今回でその展開にするにはラスト5F付近から11秒台中盤にしなければ、瞬発力を発揮されてしまうので少し難しい競馬になるかも。

出し抜きされる可能性は高いレースであるものの、高速馬場適正は見せているので3着までは十分あるラインでしょう。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

1頭人気の割に期待値が低いなと感じる馬がいました!その馬は?

⇒危:人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!