天皇賞春2019追い切り分析|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

天皇賞春2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

長距離の頂上決戦にフィエールマン・エタリオウ・ユーキャンスマイルという昨年の菊花賞1着~3着馬が参戦。

ハイレベルと言われる4歳世代がこの長距離路線でも圧勝してしまうのか。

長距離戦なのでスタミナはもちろんのこと、京都という舞台でスピードも重要な要素になる一戦。

それと同時に各馬の仕上がりや調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去の天皇賞春で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年天皇賞春

着順馬名最終追い切り
1着レインボーライン栗東坂路
2着シュヴァルグラン栗東坂路
3着クリンチャー栗東坂路

この年は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が3着内を独占しました。

個人的には意外な結果。

というのも、長距離戦であることを考えると栗東CW・美南Wで長めに追われた方が良いというイメージがありました。

しかし、栗東坂路の独占という結果になりましたが、見方を変えることにより見えてくることがあります。

この年は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が計10頭と最も多かったこと。

そして、3着内に入った3頭の内、シュヴァルグラン・クリンチャーの2頭は1週前追い切りを栗東CWで行われていました。

1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンを踏んでいました。

これは後々にも出てくるので覚えておきたい追い切りパターンです。

2017年天皇賞春

着順馬名最終追い切り
1着キタサンブラック栗東CW
2着シュヴァルグラン栗東坂路
3着サトノダイヤモンド栗東CW

この年は栗東CWで最終追い切りを行われた馬が1着・3着に入線しています。

やはり栗東CWで最終追い切りを行われた馬が良いという傾向が出ました。

これは上で述べた通り、長距離戦ですので長めに追われてスタミナを付ける追い切りの方が良いということでしょう。

そして2着に入線したシュヴァルグランは坂路で最終追い切りを行われました。

しかし、この馬も1週前追い切りでは栗東CWで長めを追われています。

つまり、1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンを踏んでいます。

これがこの天皇賞春の特注追い切りなのでは?と予想することが出来ます。

2016年天皇賞春

着順馬名最終追い切り
1着キタサンブラック栗東CW
2着カレンミロティック栗東坂路
3着シュヴァルグラン栗東CW

この年は2017年と同じく、栗東CWで最終追い切りを行われた馬が1着・3着に入線しています。

やはり栗東CWで最終追い切りを行われた馬が良いという傾向が出ました。

そして2着に入線したカレンミロティックは坂路で最終追い切りを行われました。

しかし、この馬も1週前追い切りでは栗東CWで長めを追われています。

ここでも、1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンを踏んだ馬が3着内に好走しています。

これでこの追い切りパターンを踏んだ馬が3年連続馬券圏内に好走していることになります。

この年の1人気ゴールドアクターは美浦南Wで最終追い切りを行われて着外に敗れています。

2015年天皇賞春

着順馬名最終追い切り
1着ゴールドシップ栗東坂路
2着フェイムゲーム美浦南W
3着カレンミロティック栗東坂路

この年の1着ゴールドシップ・3着カレンミロティックの2頭は栗東坂路で最終追い切りを行われていました。

やはりと言うべきか。この2頭共に1週前追い切りでは栗東CWで長めを追われていました。

これで、1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンを踏んだ馬が4年連続3着内に好走しています。

そして2着に食い込んだフェイムゲームは美浦南Wで最終追い切りを行われています。

フェイムゲームはこのレースまでに2400m以上の重賞を3勝していた生粋のステイヤー。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬が好走するには、長距離重賞の実績が必須ということは覚えておきたいポイントです。

2014年天皇賞春

着順馬名最終追い切り
1着フェノーメノ美浦南W
2着ウインバリアシオン栗東CW
3着ホッコーブレーヴ美浦ポリトラック

この年の最終追い切りは三者三様の結果に。

1着フェノーメノは美浦南Wで最終追い切りを行われていました。

2015年美浦南Wから好走したフェイムゲーム同様に、フェノーメノはこのレースまでに2400m以上の重賞を3勝していた生粋のステイヤーでした。

やはり美浦南Wで最終追い切りを行われた馬が好走するには、長距離重賞の実績が必須ということ。

2着には栗東CWで最終追い切りを行われたウインバリアシオンが入線。

これはここまで話した通り、栗東CWで長めに追われた馬は無難に好走してくるイメージ。

3着のホッコーブレーヴは美浦ポリトラックで最終追い切りを行われていました。

この好走は追い切りから読み解くことは難しく、これはイレギュラーパターンと考えていいでしょう。

まとめ

ということで過去5年分の天皇賞春の追い切りパターンを分析していきました。

このレースの特注追い切りパターンは、1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンを踏んだ馬

この追い切りパターンは近4年連続で馬券内に好走しており、今年も要注目の追い切りパターンでしょう。

栗東CWで最終追い切りを行われた馬は無難に好走してくるイメージ。

注目ポイントとしては、美浦南Wで最終追い切りを行われた馬でしょうか。

馬券圏内に好走した2015年2着フェイムゲーム・2014年1着フェノーメノは共に、このレースまでに2400m以上の重賞を3勝していました。

逆に2016年1人気で着外に敗れたゴールドアクターは、このレースまでに400m以上の重賞を1勝のみと、長距離実績に欠けていて凡走しています。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬はここが取り捨ての基準になりそうです。

今年、人気が予想されるフィエールマンは美浦南Wでの最終追い切りになりそう。

長距離実績としては菊花賞の1勝のみと、ここはマイナスポイント。

ですが、唯一の重賞実績が京都3000mの菊花賞というところでは、過去の美浦南W馬たちとは状況が違うのも確か。

この馬の取り捨てには頭を悩ませそうです。

エタリオウユーキャンスマイルは同厩舎であり、前走は共に1週前追い切りで栗東CW⇒最終追い切りで栗東坂路という追い切りパターンになっています。

ここでも同じ追い切りパターンになるのなら、天皇賞春の特注追い切りパターンを踏んでくることになります。

そういう面ではフィエールマンよりもこの2頭が追い切りからは有力になってきそうです。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒1人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【天皇賞・春】過去10年データ分析