天皇賞・春2019外厩分析|芝の長距離重賞はノーザンF

天皇賞・春2019の外厩の分析記事となります。

今や外厩を予想のファクターにしなかったとしても、みなさんご存知ですよね。

「中長距離の重賞はノーザンFに逆らえない」

実際にG1やその他の重賞を見てもその傾向は顕著に出ています。

ただし、不思議な事に天皇賞・春はキタサンブラック、クリンチャー、ゴールドシップなど、ノーザンF系以外の馬が勝っていたりするんですよね。

今年はそんな馬が出てくるのでしょうか?

リピーターの多いレースである平成最後の天皇賞・春。クリンチャーあたりの巻き返しはあるのか。

今回の記事では、上位人気になりそうな馬の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩評価とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

エタリオウ

4歳 牡 友道康夫厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 A 

在厩 前走・日経賞(ノーザンFしがらき)


根っからのシルバーコレクターなんでしょうか。未勝利を勝利した以外はまだ一つも勝利できていません。

爪が甘いという訳ではないのですが、こういった馬はこの調子で引退まで走りきるような気がしますね。

天皇賞・春に相性の良いステイゴールド産駒ですし、勝ち負けに加わるならココでしょうか?

菊花賞も日本ダービーも在厩での友道調教師渾身のメイチ仕上げ。一つ使った上積みは十分に見込めるでしょう。距離適性も抜群ですしね。

問題はミルコでしょう。離婚後調子を崩し先週ではエージェントをまたしても変更とリズムとしては非常に悪いですね。

フィエールマン

4歳 牡 手塚貴久厩舎 ノーザンF生産

外厩評価 S

ノーザンF天栄  前走・AJCC(ノーザンF天栄)


近年の重賞成績を見れば一目瞭然だが、この厩舎はシルクRかサンデーRの馬でしか勝てていない。

重賞に関してはノーザンFと社台にドップリの厩舎。全てのレースをノーザンF天栄で調整し仕上げてきた。

結果が示す通り、連対率100%の馬。極端に大外枠にならない事と、持続力勝負になならなければ馬券には食い込むでしょうね。AJCCはシャケトラに負けはしたが最後は差を詰めており、力の差で負けたわけではないでしょう。

一点この馬で勘違いしてはいけないのは、ステイヤーでは決してないという事。近年の競馬も含めて、京都の長丁場で求められるのは、実は瞬発力。

この馬の素晴らしい点は折り合い面に問題が無い事と集中力が高く持続する事だろう。菊花賞もレースを振り返ればすぐにわかるが、上位勢が軒並み上がり33秒台を使う特殊なレース。今走もポイントは瞬発力勝負に持ち込めるかどうか。

ユーキャンスマイル

4歳 牡 友道康夫厩舎 ノーザンF生産

外厩評価  A

ノーザンFしがらき 前走・ダイヤモンドS(在厩)


菊花賞3着、前走のダイヤモンドS1着。どちらも瞬発力勝負での結果。2走前の万葉Sでは勝ち馬がつくる淀みのないペースも、猛然と追い込み2着。近走の内容から十分なステイヤーとしての資質を感じる一頭。

脚質の幅と展開に左右されない精神力、昨年勝利騎手の岩田騎手の導きがあれば大きな不安はない。手も合っており折り合いを欠くことはなさそうだ。

クリンチャー

5歳 牝 宮本博厩舎 平山牧場生産

外厩評価 D

在厩 前走・日経賞(大山ヒルズ)


昨年の天皇賞・春3着馬も、凱旋門賞にトライした後は有馬記念・日経賞と惨敗。

大山ヒルズといえばキズナやワンアンドオンリーで日本ダービーを制した名門外厩。その他にもアウォーディーやグレイスフルリープにラニといった世界を意識した馬づくりをする施設。

ただし、海外帰りの各馬の成績が非常に悪い。グレスフルリープは好成績を挙げているが、輸送先は韓国であり、フランスやアメリカとは馬へのダメージが全く違うのが理由。つまり、海外帰りの馬のケアをしきれないというのが難点。

前走の日経賞はメイショウテッコンの作るスローペースの中、4コーナー手前から果敢に馬を追っつけるも直線は伸びず。

正直、復活は難しいのでは無いでしょうか。確かに中間の追い切りや前走での行きっぷりを見ると調子は上げてきそうですが、キレ味が全くなく、現代のステイヤー戦には向かないでしょう。

下手に人気するのならバッサリと切った方が良いのでは無いでしょうか?

メイショウテッコン

4歳 牡 高橋義忠厩舎 下屋敷牧場生産

外厩評価 B

在厩 前走・日経賞(宇治田原優駿)


前走の日経賞はハナを切って自ら持続力勝負に持ち込んだ。鞍上のエスコートも素晴らしかったが充実一途というところではないでしょうか。

すんなりとハナを切れれば良いですが、極端な大外枠だと厳しいかもしれません。理由としては、ペースが落ち着き瞬発力勝負になると出番がなく、道中の早々から福永騎手が果敢に動き出すとも思えないことでしょうか。この馬が勝つような展開になればクリンチャーが絡むでしょうし、そうなればフィエールマンはどこにもいないでしょうね。

内目の枠を引き、ゲートを決めることが最大のポイントになるでしょう。

穴馬外厩分析

パフォーマプロミス

ノーザンFしがらき

前走・京都記念(ノーザンFしがらき)


レース相性の良いステイゴールド産駒。

福永騎手から北村友一騎手に乗り替わりですが、馬主サンデーRだという事も考えると納得の鞍上。

瞬発力勝負には対応できる能力があり、立ち回り力と末脚の持続力から伏兵の一頭として面白い。先週と同様の高速馬場ならチャンスはあるだろう。

カフジプリンス

ノーザンFしがらき

前走・阪神大賞典(在厩)


前走の阪神大賞典で2着と復調の兆しを見せた。レース後には外厩へ馬体調整、万全の状態を目指しての出走となる。

ただし、現状の高速馬場は合わず、時計がかかりタフなレースになるかどうか。鞍上的にもあっても馬券内までか。

グローリーヴェイズ

ノーザンF天栄 レイクヴィラF生産

前走・日経新春杯(ノーザンF天栄)


レイクヴィラFはノーザンFの力を借りており、近年活躍馬が目立つ牧場。強くノーザンFと関係性があるため、シルクRなども良くこちらの馬を持っている。

この馬も瞬発力勝負には弱いので、前走の日経新春杯のようにタフな展開からの追い比べ、持続力勝負になれば出番は出てくるだろう。鞍上が戸崎騎手という点で、待ちの構えになることが唯一の懸念。

まとめ

ということで、今年の天皇賞・春での最大のポイントは、馬場と展開、そして隊列となりそうです。

もし先週同様の高速馬場であればフィエールマンで良い気がします。

今週末は晴れ予報ですが、もし雨が降ったりタフな馬場をJRAの馬場造園課が作ってくるならこの馬が面白いのではないでしょうか?

2⇒人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【天皇賞・春】過去10年データ分析