青葉賞2019追い切り分析|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

青葉賞2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

日本ダービーと同舞台東京2400mで行われるレースにして日本ダービーのトライアルレースの青葉賞。

今年は京成杯2着ランフォザローゼス、毎日杯2着ウーリリの重賞実績のある良血2頭が人気を集めそうな一戦です。

他にも日本ダービーへの権利取りを目指して多彩なメンバーが顔を揃えました。

本日は過去の青葉賞で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年青葉賞

着順馬名最終追い切り
1着ゴーフォザサミット美浦南W
2着エタリオウ栗東坂路
3着スーパーフェザー栗東坂路

1着は美浦南Wで最終追い切りを行われたゴーフォザサミット。

6人気の中穴からの激走となっています。

この年は美浦南Wで最終追い切りを行われた2人気オブセッション・3人気サトノソルタスが着外に敗れています。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬の内、人気馬は評価を落として、人気薄を拾うのが妙味であることが予想されます。

2着・3着には栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が入線。

2400mという距離から栗東CWで行われた馬が良さそうなイメージがありましたが、ここは栗東坂路が好走しています。

しかし、この年は栗東CWで最終追い切りを行われた馬が1頭のみと少なかったことも、栗東CWから好走馬がでなかった要因としてあるでしょう。

もう1つのポイントとしては関東圏のレースになりますが、栗東で最終追い切りを行われた馬が馬券内2頭を占めている点も押さえておきたいポイントです。

2017年青葉賞

着順馬名最終追い切り
1着アドミラブル栗東坂路
2着ベストアプローチ栗東CW
3着アドマイヤウイナー栗東CW

この年の1着は栗東坂路で最終追い切りを行われたアドミラブル。

2着・3着には栗東CWで最終追い切りを行われたベストアプローチ・アドマイヤウイナーが入線しています。

栗東坂路・栗東CWで最終追い切りを行われた馬が1~3着を独占する結果となりました。

この点から関東圏のトライアルレースに臨む栗東馬は勝負仕上げでこのレースに臨んでいるのでは、と予想することが出来ます。

2016年青葉賞

着順馬名最終追い切り
1着ヴァンキッシュラン栗東CW
2着レッドエルディスト栗東坂路
3着レーヴァテイン美浦南W

この年も1着・2着には栗東CW・栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が入線しています。

これは2017年で話した通り、勝負仕上げで臨んでいたという事が予想されます。

3着には美浦南Wで最終追い切りを行われたレーヴァテイン。

この馬は馬券圏内に好走しているものの、1人気3着と人気よりも着順を落としている点に注目。

この年の2人気プロディガルサン・3人気メートルダールは着外に敗れています。

2018年の見解と同様、美浦南W人気馬で評価を落として、人気薄を拾うのが妙味ということが馬券的には面白そうです

2015年青葉賞

着順馬名最終追い切り
1着レーヴミストラル栗東CW
2着タンタアレグリア美浦坂路
3着ヴェラヴァルスター美浦南W

この年の1着Wは栗東CWで最終追い切りを行われたレーヴミストラル。

1人気1着という内容ですが、栗東で最終追い切りを行われた馬は人気でも堅実に好走してくる印象です。

2着には美浦坂路で最終追い切りを行われたタンタアレグリアが入線。

結果的に過去5年で美浦坂路から好走したのはこのタンタアレグリアのみ。

この馬は前走このレースと相性の良い大寒桜賞1着馬。

この実績があっての青葉賞好走となっているので、イレギュラーパターンと考えることが出来ます。

逆に実績のない美浦坂路は好走ゼロとなっているので、美浦坂路で最終追い切りを行われた馬は基本的には重視する必要はないでしょう。

3着には美浦南Wで最終追い切りを行われたヴェラヴァルスター。

この馬は5人気の中穴クラスの馬で、美浦南Wは人気薄を拾うという妙味パターンに該当していました。

美浦南Wで最終追い切りを行われた2人気レッドライジェル、美浦坂路で最終追い切りを行われたブラックバゴは着外に敗れています。

2014年青葉賞

着順馬名最終追い切り
1着ショウナンラグーン美浦南W
2着ワールドインパクト栗東坂路
3着ヤマノウィザード栗東CW

この年の最終追い切りは三者三様の結果に。

2着・3着には栗東CW・栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が入線しています。

これはここまで話した通りですね。

これで過去5年間全てで、栗東CW・栗東坂路どちらかが馬券圏内に好走しています。

栗東で最終追い切りを行われた馬から軸馬を選定するのが良いでしょう。

1着は美浦南Wで最終追い切りを行われたショウナンラグーン。

この馬は10人気の穴馬で、美浦南Wは人気薄を拾うという妙味パターンに該当していました。

逆に3人気マイネルフロストは美浦南Wで最終追い切りを行われて着外に凡走という結果になっています。

まとめ

ということで過去5年分の青葉賞の追い切りパターンを分析していきました。

このレースの特注追い切りパターンは、栗東CW・栗東坂路で最終追い切りを行われた馬になるでしょう。

栗東馬が関東圏のレースに臨むという点では、勝負仕上げを施していると考えることが出来ます。

その中でも栗東CWで最終追い切りを行われた馬は過去5年で12頭の内、5頭が馬券内に好走しており、これは見逃すことが出来ない注目追い切りとなっています。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬は、上位人気に推された馬は評価を落として、中穴以下を拾うのが良さそう。

美浦南W馬は出走頭数も多いので、どの人気薄を拾うか?という難しさはありますが、人気馬の評価を落とすというのは予想する上で役に立ちそうです。

上位人気に推された馬は軒並み人気より着順を落とすという結果が出ています。

今年、人気が予想されるランフォザローゼスは美浦南Wでの最終追い切りになりそう。

上位人気が確実という点では、この馬の評価を下げることがこのレースのポイントになりそう。

この馬が馬券外になれば配当にも期待できそうですね。

ウーリリは栗東馬で特注パターンに該当しそうな馬ではありますが、ここまでの2戦の最終追い切りは芝・ポリトラックとなっており、イレギュラーパターンとなっています。

最終追い切りを栗東CWで行ってくるようなら重視したいところですが、イレギュラーパターンになれば評価の難しい一頭になりそうです。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

最終追い切りが栗東CWになりそうなこの馬。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒1人気ブログランキングへ

うまラボ公式LINE@で限定情報や更新情報をお知らせ!

過去データはこちらから!

【青葉賞】過去10年データ分析