マイラーズC2019追い切り分析|安田記念の主役となるのはどの馬!?

今週は安田記念の前哨戦・マイラーズCが開催されます。

豪華メンバーが顔を揃えた今年のマイラーズC。

GⅠ馬ダノンプレミアム・モズアスコット・ケイアイノーテックに加えて、新興勢力のインディチャンプ・パクスアメリカーナ。

実質5頭立ての戦いになるでしょうか。

注目としては半年の休み明けを快勝して距離短縮で挑むダノンプレミアムでしょう。

2歳時から適正距離はマイルとされていて、約1年半ぶりにその適正距離に戻してきてどのような競馬を見せるか。

本日はそんな豪華メンバーが揃ったマイラーズCにスポットを当て、追い切りから仕上がりのいい馬を予想していきます!

各追い切り場の最終追い切り時見解

【栗東CW 良馬場】

先週の馬場は重~不良で今週は良馬場。

一見、時計が出やすくなるように感じますが、そもそも先週の馬場がそれほど時計が出にくくなっていたという印象はなく、今週もそこからはさほど変わっていないです。

力のある馬なら時計を出せるいつも通りの栗東CWというイメージです。

スタートをゆっくり入ると、終い1F11秒前半も出るような馬場となっています。

【栗東坂路 良馬場】

先週の馬場は重~不良で今週は良馬場。

先週は一気に馬場が重くなり、力のある馬でも終い1Fは数字を落とすような馬場でした。

それに比べると馬場は良くなっています。

先々週の水準通り~水準よりやや時計は出にくい栗東坂路というイメージ。

終いまでしっかり脚を伸ばせる馬場ですので、4F目が最速になる加速ラップを踏んでいる馬には注目。

【美浦南W 良馬場】

先週の馬場は稍~不良となりましたが、先々週と比べても特に変わりのない馬場状況となっていました。

今週は良馬場で行われました。

馬場が重くなった先週と比べても特に変わりない時計の水準となっており、先々週~先週~今週と馬場状態に大きな差はないように見えますね。

いつも通り美浦南Wで加速ラップを踏むのは至難と言えるので、3F目~1F目でどこまで粘り切れているのかが注目ポイントでしょう。

【美浦坂路 良馬場】

先々週~先週に掛けては時計が出にくい馬場となっていました。

美浦坂路としても相当にタフな馬場。

今週はそこと比べるとそれなりに時計が出る馬場となりました。

それでも美浦坂路なりのタフな馬場という印象です。

いつもよりは終い1F12秒台でまとめられるような馬場であるので、4F目が最速になる加速ラップを踏んでいる馬も水準よりは多めという印象です。

出走馬の追い切り見解

ダノンプレミアム

【栗東・CW / 馬也】
<85.1-68.8-53.5-39.0-11.3>

『評価 B

これまではCW中心に乗り込まれてきました。

今回は1週前に芝を使い、最終追い切りで栗東CWを使ってくるという、言わば変則的な追い切りパターンとなっています。

中内田厩舎はここ最近、阪神牝馬S1着ミッキーチャーム、桜花賞4着ダノンファンタジー、皐月賞2着ヴェロックスと最終追い切り芝追いで結果を出しています。

以前から最終追い切りで芝追いを使ってくることもあり、最近ではこれが勝負パターン化しているように感じます。

しかし1週前に芝を使ってくるとなると少し状況が違うかなと。

目標はあくまで安田記念でしょうし、この追い切りを評価するのは難しいかなという印象です。

インディチャンプ

【栗東・坂路 / 馬也】
<52.7-38.7-25.1-12.5>

『評価 A

これまで通り今回も坂路中心の追い切りを消化しています。

特に中間はビッシリ負荷を掛けることなく、終い重点の追い切りを続いています。

ここはやはり次の安田記念が目標という雰囲気は受けます。

それでも1週前追い切りで調教駆けするアメリカズカップをチギっている点、そして最終追い切りで4F目が最速になる加速ラップを踏めている点を評価してのA評価としました。

パクスアメリカーナ

【栗東・CW / 一杯】
<81.9-65.7-50.9-37.9-11.8>

評価 B

ダノンプレミアムと同じく中内田厩舎所属馬。

ここで厩舎のトップマイラーをブツけてくることに驚きですね。

この馬の場合は過去に最終追い切りで芝追いを使ってくることも多く、ここまで8戦して内4戦が最終追い切り芝追い、残り4戦がウッド追いとなっています。

しかし、それも最終追い切りで使ってきているというところ。

この馬もダノンプレミアム同様に1週前に芝を使われており、追い切りとしてはイレギュラーパターン。

ここは評価を一枚落とす材料となってしまいますね。

モズアスコット

【栗東・芝 / 馬也】
<54.5-39.5-25.3-12.5>

『評価 A

これまで通り坂路中心の追い切りを消化しています。

その中で1週前にしっかり負荷を掛けて最終追い切りは馬なりで流すという追い切りパターン。

これは矢作厩舎の勝負仕上げパターンでもあるので、前哨戦のここも近2戦の大敗からの立て直しに気合いが入る一戦という印象を受けます。

そして、1週前・最終追い切りともに4F目が最速になる加速ラップを踏んでいます。

これは素直に評価できるポイント。

目標は次と分かりつつも、仕上がりに関しては抜かりなしという印象を受けます。

ケイアイノーテック

【栗東・CW / 稍一杯】
<83.9-67.7-52.4-37.9-11.7>

『評価 B』

中間は栗東CWと坂路の併用で乗り込まれています。

この馬はNHKマイルカップを制するまで坂路のみの追い切りで結果を出してきました。

そして、そのままマイルCSまで同じく坂路のみで調整されています。

そこで結果が出なかったためか、阪神カップ以降は栗東CWでの追い切りを取り入れられてそこでも結果は出ず。

適性外のダートを使ったという別の理由もありますが。

今回は1週前・最終の本追い切りは栗東CWで行われています。

これがこの馬にとってどちらにでるか。試金石の一戦というイメージ。

グァンチャーレ

【栗東・坂路 / 馬なり】
<50.9-37.2-24.3-12.1>

『評価 A

今回は1週前栗東CW⇒最終栗東坂路という追い切りパターンとなっています。

この追い切りはこの馬の勝負パターンに該当します。

前走の洛陽ステークス1着やスワンステークス3着もこの追い切りパターン。

追い切りからは勝負仕上げを施されています。

まとめ

2019年のマイラーズCで『A評価』としたのは、インディチャンプ・モズアスコット・グァンチャーレとなりました。

安田記念の前哨戦という面では上位勢はまだまだ余力残しというイメージはあります。

その中でも相対的に評価を上げたいのは上記3頭。

中内田厩舎のダノンプレミアム・パクスアメリカーナの2頭は1週前に芝を使っていることが気掛かりで一枚評価を落としました。

能力はここでも上位なのは間違いないので、評価を下げる材料としては追い切りだけかなという印象はありますが。

上位と下位の能力差が大きいので波乱は考えづらい場面。

上位は能力拮抗と難しい面がありますが、そんな時こそ、このサイト上に上がっているラップ分析や単純な能力比較を重宝すべきではないかと思います。

それでは最後に、上に挙げたA評価馬の中で上に取りたい馬を人気ブログランキングの紹介欄に掲載しておきます。

調⇒人気ブログランキングへ

過去データはこちらから!

【マイラーズC】過去10年データ分析