福島牝馬S2019外厩分析|ノーザンFは勝てないレース?少頭数なら上位独占?

福島牝馬S2019の外厩の分析記事となります。

このレースはローカル重賞と言う事もあり、ノーザンFや社台生産馬が勝ちきれないレース傾向となっています。近2年は割と上位人気の馬が好成績を収めていますが、2014~2016は三連単20万馬券以上の配当での決着となっており、荒れる傾向のあるレースとも言えるでしょう。

そのポイントは、ノーザンF生産馬やノーザンF系外厩帰りの馬が結果を出しきれないレースという点でしょう。

さらに、このレースに関しては反対の意味合いも含まれており、ノーザンF&社台以外の馬が上位人気になるという事も荒れる要素の一つとなっています。

ただし、今年は昨年をさらに下回る10頭の少頭数。上位人気になりそうな馬にはノーザンF生産&外厩帰りの馬が顔を揃えました。

今年こそ、ノーザンF生産馬が勝つ可能性はあるかもしれません。例年通りノーザンF系を軽視し荒れる予想を組むか?はたまたガチガチ決着を予想するか?

外厩分析を主とする以上は、結果が非常に楽しみな一戦となりますね。

今回の記事では、上位人気になりそうな馬の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩評価とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

ランドネ

4歳 牝 角居勝彦厩舎

外厩評価 B 

吉澤S-WEST 前走・中山牝馬S(吉澤S-WEST)


昨年のオークス以降は中竹厩舎に転入し3戦を消化。紫苑Sのみ外厩帰りで挑み、それ以外は在厩調整。

年明けの始動戦で角居調教師の復活と共に外厩を経由して再転入。そこからは全てのレースを外厩帰りで調整してます。

外厩帰りでは勝ちきれない成績ですが、角居厩舎との吉澤S-WESTの信頼関係も良好、状態面は問題無しと判断できるでしょう。前走は直線どん詰まりでレースに参加しておらず、巻き返しに期待。

初の福島コースでテンションを保てるかが鍵となるでしょう。カワキタエンカが逃げてくれるので、すんなりと2番手をキープできそうですし、ペースコントロールさえできれば最後までしぶとく粘り込めそうです。

ただし、近年は前半でペースが早まり直線での決め手勝負になりがちなレース。相性の良い中山牝馬S組ですが、1番人気で軸にするほどの信頼は無いでしょう。

フローレスマジック

5歳 牝 木村哲也厩舎

外厩評価 S

ノーザンF天栄  前走・中山牝馬S(ノーザンF天栄)


現代競馬の象徴とも言える馬。全てのレースがノーザンF天栄での仕上げ。明確に「仕上げてきている」と書く理由は、木村厩舎の成績から見て取れます。在厩調整でレースに挑む事が少なく、外厩で9割ほど仕上げられた馬をそのまま微調整してレースに送り出す。これで結果を出しているので調整過程は文句無し。

3歳時は重賞タイトルまであと一歩で、その後は低迷していましたが、サンデーRの強い意向でルメール騎手に鞍上変更。そこからは順当に勝ち星を上げて来た。

近2走の重賞成績がピリッとしないことから人気は落ち着いていますが、ターコイズSでは、ハイペースでのレースで本質的なスピードが足りずリズムに乗れずの敗戦。中山牝馬Sではペースが落ち着いた事で外目から早め進出し直線入り口では早々に先頭。その分最後は甘くなり差し馬に負けはしたが、レースとしては好内容。

少頭数のレースでは【3-2-1-0】と結果を残しており、前走に引き続き勝気な戦法に出る石橋脩騎手とのコンビも良さそう。

出遅れは気になりますが、少頭数ですし早めに仕掛けて行けばコーナーで加速できる持ち味で差し切る可能性はあるでしょう。

ダノングレース

4歳 牝 国枝栄厩舎

外厩評価  A

ノーザンF天栄 前走・初音S(在厩)


近2走で2連勝と勢いのある本馬。国枝調教師とノーザンF天栄の関係性を考えれば、ここでの出来は良いでしょう。賞金を加算しておきたいという事も考えられますし、結果を求めての出走と考えて良さそうです。

戦って来たメンツが弱い為、人気は抑制気味になっていますが、前走の初音Sは東京Dコースの内有利の馬場、直線で進路がなく馬場の真ん中に進路をとってからの加速力で見事に差し切り勝ち。

走破時計やメンバーレベル以上に強い内容だと判断できます。

蛯名騎手が継続騎乗というのも心強く、昇級初戦でも侮れない馬でしょう。小回りコースで好成績がある理由として、コーナーワークで加速できそのスピードを持続できるのがこの馬の強み。

4コーナーから捲り差しで直線で外目に進路が取れれば初の重賞制覇も可能ではないでしょうか。

個人的にはノーザンF系からの出走馬の中では一番の期待馬ですね。

デンコウアンジュ

6歳 牝馬 荒川義之厩舎

外厩評価 D

在厩 前走・中山牝馬S(宇治田原優駿)


昨年3着時とほぼ同じローテーションで挑んできました。この馬は、外厩効果や叩いた効果というよりもどこで好走するのか全く読めない馬。

好走する時は基本的に激流の中でのレースが多いように感じます。近2走の重賞での大穴振りから人気していますが、小回りコースも本質的に合わないと思います。

前走は展開や外差し馬場が向いていたし、ターコイズSでは上手く空いた内を突いた好騎乗でのレース。終いの脚に魅力は感じますが、近2走は運が味方したレースと言えるでしょう。

コーナーワークで加速できるタイプでも無いですし、坂があって馬力が必要なコース向き。昨年の福島牝馬Sでは外目からスムーズに進出し好結果となりましたが、今走は柴田善臣騎手に手戻り。仕掛けが遅れれば馬券には一切絡まないでしょう。

今年の芝でのレースの戦績【0-1-4-30】と絶不調ですし、福島競馬場での過去3年間の成績も【1-4-7-37】と上位人気で買う要素は少ないと思います。

蛯名騎手がダノングレースを選んだ時点でこの馬が上位に台頭するなら、よほど運が良い時でしょう。

カワキタエンカ

5歳 牝 浜田多実雄厩舎

外厩評価 B

吉澤S-WEST 前走・中山牝馬S(吉澤S-WEST)


昨年は1番人気で2着と好走も、その後は成績不振で結果が上がっていません。昨年と違うのは在厩では無く外厩を使って仕上げて来た点。

これに関してはかなり好印象で、浜田厩舎との信頼関係も成り立っており成績も優秀です。

鞍上が乗り替わるのは仕方無いですが、ローカル開催では絶好調の鮫島克駿騎手。ノーチャンスでは無いでしょう。

前走の中山牝馬Sでは早めに被せられて失速。ターコイズSは大外枠から捲って先頭に立った事で息が保たなかった。どれも理由のつく敗戦ですし、ここまで戦って来た相手と比べると今走は相手関係も展開もラク。単騎逃げで鮫島騎手が強気な騎乗を見せれば残り目はあって良いのでは無いでしょうか。

まとめ

一発あるならノーザンFしがらきの外厩帰りの馬では無いでしょうか?小回りコースも得意ですし、スムーズ先行策から早めに先頭を潰しに行けば、穴を開ける可能性はあるのでは無いでしょうか?今期勢いのある厩舎に継続鞍上も魅力です。

外⇒人気ブログランキングへ

過去データはこちらから!

【福島牝馬S】過去10年データ分析