マイラーズC2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

マイラーズC2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

安田記念の前哨戦として京都1600mで行われるマイラーズC。

今年はダノンプレミアムを筆頭にインディチャンプ・パクスアメリカーナとハイレベル4歳世代の超好メンバーが顔を揃えました。

加えて昨年の安田記念馬モズアスコットも参戦と、本番前から熱い戦いが期待できそうです。

ローテーションという概念が壊れつつある今、各馬の仕上がりや調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去のマイラーズカップで好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年マイラーズカップ

着順馬名最終追い切り
1着サングレーザー栗東坂路
2着モズアスコット栗東坂路
3着エアスピネル栗東坂路

栗東坂路で最終追い切りを行った馬が1~3着を独占という結果になりました。

このことから、栗東坂路で最終追い切りを行うのが良いのではないかと現時点では考えられます。

関西圏で行われるレース、マイルという距離を考えても栗東坂路が優勢になることが想像できます。

栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が8頭、それ以外は6頭ということで、栗東坂路の方が多くなっています。

2017年マイラーズカップ

着順馬名最終追い切り
1着イスラボニータ美浦南W
2着エアスピネル栗東坂路
3着ヤングマンパワー美浦坂路

この年は1着に美浦南Wで最終追い切りを行われたイスラボニータが入線。

2着には栗東坂路のエアスピネル、3着には美浦坂路のヤングマンパワーが入線しています。

栗東・美浦の違いはあれど、坂路で最終追い切りを行われた馬が複勝圏内の2枠を埋めています。

やはり坂路で最終追い切りを行われた馬が良い傾向となっています。

1着馬のイスラボニータは美浦南Wから好走していますが、これはイレギュラー。

GⅠ馬で力が抜けていたと考えるのがいいかもしれません。

2016年マイラーズカップ

着順馬名最終追い切り
1着クルーガー栗東坂路
2着ダノンシャーク栗東坂路
3着クラレント栗東坂路

この年は栗東坂路で最終追い切りを行った馬が1~3着を独占という結果になり、2018年と同じ形になりました。

とは言え、この年は栗東坂路で最終追い切りを行った馬が12頭。

栗東CWで最終追い切りを行った馬が3頭の15頭立てで行われており、当然と言えば当然という結果でした。

2015年マイラーズカップ

着順馬名最終追い切り
1着レッドアリオン栗東坂路
2着サンライズメジャー栗東坂路
3着フィエロ栗東坂路

この年は2018年・2016年に続き、栗東坂路で最終追い切りを行った馬が1~3着を独占という結果になりました。

ここまでくると明らかに栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が良いというのが分かります。

この年は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が8頭、それ以外は10頭ということで、栗東坂路以外の出走頭数もそこそこ多い中でこの結果になりました。

2014年マイラーズカップ

着順馬名最終追い切り
1着ワールドエース栗東坂路
2着フィエロ栗東CW
3着エキストラエンド栗東CW

栗東坂路で最終追い切りを行ったワールドエースが1着。

2・3着には栗東CWで最終追い切りを行ったフィエロとエキストラエンドが入線しています。

この年は栗東CWで最終追い切りを行った馬が3頭と少なかったのですが、内2頭が好走しています。

その中でフィエロ・エキストラエンドは1人気・2人気でした。

この年も栗東坂路で最終追い切りを行った馬は11頭と多めになっていました。

まとめ

ということで、過去5年分のマイラーズCの追い切りパターンを分析していきました。

注目は栗東坂路で最終追い切りを行われた馬になるでしょう。

そもそも栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が多いということもありますが、過去5年の内3年で1~3着を独占しています。

ここは中心視する必要があるでしょう。

栗東坂路以外の栗東CW・美浦南Wで最終追い切りを行われた馬は人気なら好走圏内というイメージですね。

超好メンバーが集まった今年のマイラーズカップ。

ダノンプレミアムは初戦を除くと最終追い切りは全て栗東CWで最終追い切りを行われています。

1人気濃厚というところでは好走圏内には入っています。

インディチャンプモズアスコットはここまで最終追い切りは坂路で行われており、追い切りパターンからは不安なしという印象です。

パクスアメリカーナの最終追い切りはここまで栗東CWと栗東芝という2パターンがあります。

追い切りパターンからは不安の残る内容ではあります。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒調人気ブログランキングへ