皐月賞2019予想|今年の皐月賞も荒れる?

皐月賞2019予想

◎アドマイヤジャスタ

3人気ブログランキングへ

▲クラージュゲリエ

△サトノルークス

△ダノンキングリー

△ラストドラフト

馬券:馬連・3連単◎軸マルチ

ホープフルSで2着の実績があるサートゥルナーリア。

前走のすみれSでは素質馬のサトノルークスに負けはしたが、舞台適性と実績を考えればここは舐められすぎだろう。

ノーザンFしがらき帰りでは連対率100%。外枠からマークを受けることもなくスムーズに先行できれば、ここでも上位人気の馬とは大きな差はない。

〇2対抗はこの馬に期待したい。

ここはここまでのレースを素直に評価はするべきか。

こういった馬が崩れるのが皐月賞だが、この馬に死角は少ない。ただ、ここまでのレースでは少頭数しか経験しておらず、あっさりと飛ぶこともあるかもしれない。

クラージュゲリエはここまでの重賞実績を考えると舐められすぎだろう。最終追い切り後の池江調教師のコメントにある「稽古は遅れたがやる必要はない」というのも不気味。

追って味のあるタイプで、一雨降れば浮上してくる。

サトノルークスは池添騎手がメイショウテンゲンを蹴って選んだ馬。その素質は非常に高く、本命を上位評価するならば必然的に印を回す必要があるだろう。

ダノンキングリーはシンザン記念で強い勝ち方。重賞初挑戦で3連勝。

しかし、土曜の馬場は若干時計がかかっていた。切れ味を存分に活かすこの馬と内でもたつく鞍上を考えれば人気ほど信頼はない。

ラストドラフトは弥生賞の負けだけで評価が落ちるなら買い。舞台実績もありここでの巻き返しのチャンスはある。

過去データはこちらから!↓

【皐月賞】過去10年データ分析