皐月賞2019ラップ分析②|ポテンシャルは上位人気級の馬がいる?

今週は3歳牡馬クラシックの皐月賞です!

王道路線組が人気を集めるが近年は特に波乱傾向の強いG1。

穴馬を見抜く事に最も適しているラップ分析で徹底攻略していきます!

過去掲載予想成績一覧

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.3-11.4-11.9-11.9-12.7-12.1-12.0-11.6-11.7-12.060.259.435.635.3
201512.5-10.7-12.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.7-11.4-11.659.259.035.234.7
201612.0-10.7-11.5-11.7-12.5-11.5-12.4-12.2-11.6-11.858.459.534.235.6
201712.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.759.058.835.134.5
201812.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.259.261.635.537.3

ペース想定

平均~ハイペースが中心で基本的に流れる傾向が強く、基礎スピードを問われる事は考えておいた方がいいレース。

スローペースでしか結果を残していない馬はかなり展開に注文が付く。

結論:平均ペース程度を想定

展開想定

ペースが流れてラスト直線で一脚を使う形は多い。

また、向こう正面の下り坂で一度ペースアップし、後方馬がその勢いでロンスパに持ち込む競馬もある。

ロンスパ適正は必要になってくるレースでしょう。

結論:ロンスパ傾向

メンバーからの展開予想

わかりやすい逃げ先行馬の中にペースを流した方が絶対的にいいという馬がいないのがポイント。

ただ例年通り2000mとなれば基礎スピード活かしてくる馬は当然いる事は想定しておきたいですし、スローペース専用機に関しては評価一枚落としたいです。

もちろんこの段階で専用なのか否かは正確に判別つきませんがサートゥルナーリアなどを筆頭にスローペースでしか現状好走歴のない馬は本命からは外したいですね。

有力出走馬ラップ分析

ヴェロックス

過去レース分析

若葉Sは前後半3F36.9-35.5のスローペースでラスト4F12.0-11.7-11.6-12.2のロンスパ戦に近いトップスピードを問われなかった競馬。

ラスト3F手前辺りから先頭との差を外から詰めているので、4F戦の競馬をして完勝。

瞬発力面は見えなかったが、ロンスパ適正の高さで勝ち切ったレース。


若駒Sは前後半36.4-34.5のスローペースでラスト4F12.0-11.5-11.4-11.6とここもロンスパ戦。

ここでもコーナーで外から先頭に差を詰めて4角で一気に先頭に立ちそのまま大きく落とさずに押し切り。


東京スポーツ杯2歳Sは前後半3F36.2-34.6のスローペース水準でラスト4F11.6-11.6-11.4-11.6と高速馬場を加味しても明らかなロンスパ戦。

ここは中団に構えての競馬になって外を回した分と直線で寄られる多少の不利はあったにしろ差し切れずに4着止まり。

アガラスと比べるとわかりやすいがやはり瞬発力面は上では通用しない可能性が高い。

最後まで差を詰めているのでロンスパには間違いなく対応したと言えるでしょう。

まとめ

近2走はポジションを取った上でロンスパ戦に持ち込んで瞬発力面を問われない形で勝利。

逆にポジション取れずに瞬発力がなければ差し切るには厳しい形になった東京スポーツ杯2歳Sでは差し切れなかった。

この辺からもロンスパ型の馬である事は間違いないでしょう。

近2走頭角を現したのはポジションの差。単純に末脚の絶対量は決まっているので直線段階で前との差が射程圏に収めれたという事。

基礎スピード面が楽になった距離延長が嵌ったと考えるのが妥当でしょう。

その点から2000mは問題ないのですが、この2走は前半超スローペースで前半5F61秒以上です。

皐月賞でそこまで緩む事は考えづらいので、ポジションは落とす可能性が高いですし、仮にポジション主張した場合にこれまでの後半要素が引き出せるかが未知。

もっと距離伸びた方がいいタイプに見えますし、シュヴァルグランの競馬がある種完成形の馬でしょう。

ポジション落として、後半要素が足りるか?と言われると懐疑的で差し損ねる方が可能性が高いと思います。

圏内に来れるかどうかはこの馬以外がどれだけパフォーマンス落とすかで相手頼みの3着辺りまでかな。

ニシノデイジー

過去レース分析

弥生賞は重馬場で行われ、前後半3F36.9-37.0の平均ペースからラスト4F12.2-12.1-12.3-12.6のロンスパ戦。

かなりタフな競馬で挙句の果てに中盤は掛かってしまい、外の馬に差される内容。

直線も内を選んでいるし、ここまで条件展開しんどくなると敗戦止む無しの感じもあるレース。


ホープフルSは前後半3F37.8-35.5のスローペースでラスト5F11.8-11.8-12.2-11.5-11.8のロンスパから一脚使う様な流れ。

ここでも序盤から掛かり通しで抑えようとしてどんどんポジションが後ろになってしまった。

抑える意識が強くてラスト3F緩んだ所で後続馬がポジション押し上げた事で内で包まれる形に。

その隙にサートゥルナーリア、アドマイヤマーズに出し抜かれて、ラスト1Fで差を詰めるが届かず3着という内容。


東京スポーツ杯2歳Sは前後半3F36.2-34.6のスローペース水準でラスト4F11.6-11.6-11.4-11.6と高速馬場を加味しても明らかなロンスパ戦。

ここでも掛かってしまい中団からの競馬に。その分コーナー加速の際に最内を回れたプラスはあった。

最後はヴァンドギャルドに一度並びかけるもラストまで衰えない脚で押し切るロンスパ適正で勝利。

まとめ

ポテンシャルは非常に高いと思う1頭です。しかし、それを気性面で活かしきれていないのが現状。

細かい要素で言えば、基礎スピードとロンスパ適正に長けた馬で瞬発力はさほどという馬。

基礎スピードで瞬発力を削ぐかロンスパで瞬発力戦にしない、もしくはその両方を実行するのが好走パターンでしょう。

近走の内枠は明らかにマイナスになっていて、内で掛かってそれを抑えてしまうとポジション悪くする際に前に壁がどんどんできてしまいます。

それを捌くにはギアチェンジが必要ですが、そこはこの馬の持ち味ではなく、馬群が開いた頃に脚を伸ばしても既に出し抜かれているのが敗戦パターン。

東京だと直線でばらけますし、単純に直線長い分足りたりもするというのが東京スポーツ杯2歳Sの結果でしょう。

今回も乗り方と枠が非常に重要になってくる1頭。平均までは流れるレースですし、そうなれば基礎スピードは活きますし、ロンスパも対応可能。

ただ無理に抑えてポジション悪くすると出し抜きをまたしても喰らう可能性が出ます。

当然基礎スピード面問われた上で瞬発力を発揮できる馬がいなければ、それでも圏内まで可能なので色々加味しても有力な1頭ではあると思いますが。

他に良い穴馬がいればここからわざわざギャンブルはしませんが、このレースの考え方1つで本命にもなり得る1頭のラインでしょう。

サトノルークス

過去レース分析

すみれSは前後半3F36.9-34.5の超スローペースでラスト5F12.5-11.9-11.5-10.9-12.1と徐々に加速していく競馬で直線で10秒台に突入する競馬。

コーナーでも段階的に加速を強いられて苦しかった後続もいただろうが結局は出し抜いての勝利。

このレースだけでは少しどこを評価すれば難しいので他のレースから固めていく。


500万下は前後半3F35.5-35.9のややハイペースでラスト4F11.9-11.3-12.4-12.2のラスト3F最速のロンスパ戦。

ラスト3F最速戦での差し切りという事でラップ通りロンスパ適正で勝ち切ったレース。

基礎スピード問われた中でも脚を引き出せたのは好印象。

まとめ

すみれSだけでは分析しきれませんでしたが、それ以前のレースを見るとギアチェンジ性能には欠けていると思います。

その分ロンスパ適正には長けているので、段階的に加速していくすみれSの展開はバッチリ嵌ったという事でしょう。

そして、その脚を流れた中でも使う事ができるのは証明していますし好走幅はそこそこある様に感じます。

ただ距離延長が露骨にプラスになるタイプなので2000mは結構微妙なライン。

ポジションを取って平均からロンスパなら嵌りそうですが、まずポジションに不安はありますし平均から脚を引き出せる馬に対してどこまで優位を取れるか。

流れに乗らずかなり強気な競馬をしてくれれば面白さはある1頭ですが、穴本命と強気に言うには少し不安が大きいのも事実。

展開一つで勝ち切っても驚きはありませんが、その展開の再現性がどれほどあるのかという点が考え所でしょう。

まとめ

とりあえず今回は中穴3頭の分析を行いました。

どれも好走ポイントがありますが、この中で重い印を打つならばこれかなという馬を選びました!

⇒L2:人気ブログランキングへ

 

桜花賞過去データはこちらから!

【桜花賞】過去10年データ分析