皐月賞2019外厩分析|逆襲に燃えるノーザンF&社台

皐月賞2019の外厩の分析記事となります。

昨年は個人牧場の馬が1.2着を独占し、生産ノーザンFの6頭は馬券外になったレース。

外厩的に考えれば、新興馬主であるGリビエール・レーシングがノーザンF天栄経由で3着に食い込んだものの、この結果について悔しい思いをしているのがノーザンF&社台の考えのはず。

今年のノーザンFからは、無敗の絶対王者「サートゥルナーリア」にアドマイヤ軍団の「マーズ・ジャスタ」、さらには金子真人氏所有の「ヴェロックス」に、池江厩舎からは「サトノルークス・クラージュゲリエ」が出走登録。

社台からは「シュヴァルツリーゼ」に「ラストドラフト」と、上位独占を目論んだ万全の態勢と見える。

しかしながら、皐月賞はノーザンF&社台生産ではない馬が絡む傾向が見られるレースであり、伏兵の台頭にも気をつけたいところではある。

今回の記事では、上位人気になりそうな馬の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩相性とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

サートゥルナーリア

3歳 牡 角居勝彦厩舎

外厩評価 S 

ノーザンFしがらき 前走・ホープフルS(ノーザンFしがらき)


昨年は中竹厩舎でのG1制覇となりましたが、実際はノーザンFしがらきとTEAM角居のスタッフが万全に仕上げた中での余裕の勝利。

ホープフルSからの異例の直行ローテでの参戦となりますが、先週の桜花賞のグランアレグリアやクロノジェネシスと同様、前哨戦やトライアルを叩くという概念がないノーザンF。

シーザリオ産駒ということもあり、脚元の弱さからのローテーションだと考える方もいるかと思いますが、あくまでノーザンFの作戦と考えて良いでしょう。

まともに回ってくるだけでも馬券を外すことはないのではないでしょうか。

また、鞍上がルメール騎手に替わったこともプラスであり、枠順発表前の現時点で調整過程における死角ありません。

ダノンキングリー

3歳 牡 萩原清厩舎

外厩評価 B

ノーザンF天栄 前走・共同通信杯(ノーザンF天栄)


ダノンファンタジーの負けは皐月賞で取り戻したい馬主ダノックス。美浦所属の厩舎に預ける場合はノーザンF天栄を使うことがあるが、その頻度は非常に少ない。

しかし成績はなかなか良く、外厩のみで判断するなら高評価だが、生産牧場が三嶋牧場ということが評価を落とす要因となっている。

ノーザンFとしては外厩は使ってもらっているが、この馬が勝つのは面白くは無いと言ったところでは無いだろうか。

三嶋牧場は「ヒポファイル・ブラッドストック・オーナーズ」などの立ち上げにより、一気に結果を出し始めてはいる分注意は必要だが、昨年惨敗したノーザンF&社台の思惑を考えると、この馬が勝つことは許さないのではないでしょうか。

※三嶋牧場の近年活躍馬は、ミッキーチャーム・カンタービレ・メイショウショウブ・メイショウテンゲン・マスターフェンサーなど多数

アドマイヤマーズ

3歳 牡 友道康夫厩舎

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・共同通信杯(ノーザンFしがらき)


前走では休み明けの分と斤量差で2着に敗退した2歳王者。

調整力の高い友道厩舎なら、本番に向けて間違いなく馬を作ってくると予想できる。また、皐月賞4勝のM.デムーロ騎手を近藤オーナーが譲らなかった点からも、ここでの期待は高まるところ。

桜花賞でグランアレグリアが圧勝したことも受け、改めてこの馬の強さを感じさせるレースを見せてくれるのではないでしょうか。

ヴェロックス

3歳 牡 中内田充正厩舎

外厩評価 C

在厩 前走・若葉S(ノーザンFしがらき)


ここでもダノンファンタジーについて書く事となるが、2歳戦では圧倒的なパフォーマンスを見せる近年。先週のダノンファンタジー、昨年のダノンプレミアムと今一歩3歳G1で結果が出ない厩舎。

素質自体は良いものを持っているのは間違いなく、2000m中心に使われているローテにも好感はもてるが、ここまでの全てのレースを外厩仕上げで臨み、G1での在厩調整。好んで狙う馬では無さそうだ。

サトノルークス

3歳 牡 池江泰寿厩舎

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・すみれS(ノーザンFしがらき)


アルアインの勝利で勢いづく池江厩舎。非常に地味な戦歴での参戦となるが、新馬戦以外は完勝。

前走では素質馬のアドマイヤジャスタをねじ伏せていることから、その能力の高さは証明している。

池江厩舎の近年の重賞実績を考えれば、複勝圏内の可能性は十分にある。

厩舎としての外厩実績も非常に高く、2019年だけで見ても、ダノンチェイサー・きさらぎ賞1着、クラージュゲリエ・共同通信杯3着、スマートオーディン・阪急杯1着と、確実に結果を出していることは見逃せない。

すみれS組は近2年で惜しくも馬券に絡んでいないが、キタノコマンドールやクリンチャーなどの実績を考えれば、今年こそ馬券に絡む可能性があっても良いかもしれない。

アドマイヤジャスタ

3歳 牡 須貝尚介厩舎

外厩評価 B

ノーザンFしがらき 前走・すみれS(ノーザンFしがらき)


須貝厩舎と近藤オーナーとの信頼関係は深く、池江厩舎同様にこの厩舎もノーザンFしがらき経由で好成績。

今年の京都牝馬S・リナーテ2着、外厩経由ではないが阪急杯・ロジクライ3着など。

馬としては勝ちきれない競馬が続いているが、調整力の高い須貝厩舎なら十分巻き返しは可能だろう。あとは純粋に馬の成長力が問われるレースとなりそう。

まとめ

もしノーザン系以外で可能性があるならこの馬ではないでしょうか?

外⇒人気ブログランキングへ