アーリントンC2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

アーリントンC2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

昨年より施行時期が移行になり、NHKマイルカップのトライアルレースなったアーリントンC。

昨年はタワーオブロンドン・パクスアメリカーナ・レッドヴェイロン・インディチャンプ・ダノンスマッシュなどが上位を占める結果となりました。

今思えば相当にレベルの高い一戦でしたね。

今年も後に重賞戦線で活躍するような馬が現れるのか、注目の一戦となります。

本日は過去のアーリントンCで好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年アーリントンカップ

着順馬名最終追い切り
1着タワーオブロンドン美浦坂路
2着パクスアメリカーナ栗東CW
3着レッドヴェイロン栗東坂路

美浦と栗東の違いさえあれど、1着馬タワーオブロンドン・3着馬レッドヴェイロンが坂路で最終追い切りを行った馬となっています。

さらに言えば、4着インディチャンプ、5着ダノンスマッシュは最終追い切りを栗東坂路で行っていました。

このことから、栗東・美浦ともに坂路で最終追い切りを行うのが良いのではないかと現時点では予想できます。

2着のパクスアメリカーナは前走の最終追い切りも同じく栗東CWで行われていました。

前走と同じ追い切りパターンならウッドでもOKという認識で良いのかもしれません。

2017年アーリントンカップ

着順馬名最終追い切り
1着ペルシアンナイト栗東CW
2着レッドアンシェル栗東CW
3着ディバインコード美浦南W

この年は1着~3着までウッドで最終追い切りを行った馬たちが並びました。

2018年とは一気に情勢が変わっています。

この年まで3月開催であったということも少なからず影響があるのかもしれません。

ここでは保留としておきます。

付け加えとして、3頭とも前走と同じ最終追い切りパターンを踏んでいました。

2016年アーリントンカップ

着順馬名最終追い切り
1着レインボーライン栗東坂路
2着ダンツプリウス栗東CW
3着ロワアブソリュー栗東坂路

この年は1着馬レインボーライン・3着馬ダンツプリウスが栗東坂路で最終追い切りを行われた馬となっています。

これは2018年と同じパターンです。

このことから坂路で最終追い切りが行われた馬がプラス材料になるという評価が出来ます。

2着馬ダンツプリウスは栗東CWで最終追い切りが行われていますが、4F追いとなっており、長めを追われるよりも短めをビシッと仕上げた方が良い印象は受けます。

2015年アーリントンカップ

着順馬名最終追い切り
1着ヤングマンパワー美浦南W
2着アルマワイオリ栗東CW
3着マテンロウハピネス栗東CW

この年は2017年と同じく、1着~3着までウッドで最終追い切りを行った馬たちが並びました。

1600mという距離から、最終追い切りがウッド・坂路どちらのパターンでも好走してくるという難しさがあります。

この年は波乱の決着となっており、最終追い切りが坂路で人気になった馬たちが総崩れとなっています。

波乱決着になるときは総じてパターンが崩れるということがあります。

そういう面ではこの年は度外視して考えるのがいいかもしれません。

付け加えとして、3頭とも前走と同じ最終追い切りパターンを踏んでいました

2014年アーリントンカップ

着順馬名最終追い切り
1着ミッキーアイル栗東坂路
2着タガノグランパ栗東CW
3着フェルメッツァ栗東坂路

この年は1着馬ミッキーアイル・3着馬フェルメッツァが最終追い切りを栗東坂路で行っています。

結果的に隔年で栗東坂路で最終追い切りを行われた馬の好走が目立つ形となりました。

2着馬タガノグランパに関しては水曜日の本追い切りは栗東CWで行われており、最後に金曜日にジョッキー騎乗で栗東坂路を使われています。

見た目上の本追い切りは栗東CWですが、金曜日の栗東坂路での追い切りを重視すると最終追い切りを坂路と見ることもできます。

それらを踏まえるとやはり、坂路で最終追い切りを行われた馬の好走率が高くなっています。

まとめ

ということで、過去5年分のアーリントンカップの追い切りパターンを分析していきました。

1600mという距離からまんべんなく好走はあるものの、注目は坂路で最終追い切りを行われた馬になるでしょう。

隔年ではありますが、坂路で最終追い切りを行われた馬の馬券占有率が高くなっています。

特に施行時期が移行となった2018年は2頭が坂路で最終追い切りを行われた馬ということで、これを見ると坂路が優勢と考えるのが無難かなという印象はあります。

とは言え、栗東CW・美浦南Wで最終追い切りを行われた馬たちも馬券に絡んでいることから、大きな割引材料にはなりません。

特に前走と同じ追い切りパターンを踏んでいるなら割引の必要もないと考えていいでしょう。

取り捨てでどちらか悩んだ場合、坂路で最終追い切りを行われた馬の評価を上げると良い、くらいイメージですね。

今年で言えば、人気の一角になるフォッサマグナは前走美浦南Wで最終追い切りを行われています。

追い切りパターンから見れば、坂路でないことは気がかりではあるが、前走と同じ美浦南W最終追い切りになるなら割り引く必要はなし。

その他人気が予想されるヴァルディーゼルはここまで全て栗東坂路での最終追い切りを行われています。

追い切りパターンからはこちらが優勢というイメージですね。

ヴァンドギャルドは前走こそ栗東CWで最終追い切りを行われていますが、それ以前は栗東坂路で行われています。

追い切りパターンから今走は栗東坂路で最終追い切りを行われるのが良さそうですが、どちらでくるか注目の一頭という感じですね。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒調人気ブログランキングへ