皐月賞2019ラップ分析|大混戦模様の皐月賞をラップで徹底分析!

今週は3歳牡馬クラシックの皐月賞です!

王道路線組が人気を集めるが近年は特に波乱傾向の強いG1。

穴馬を見抜く事に最も適しているラップ分析で徹底攻略していきます!

過去掲載予想成績一覧

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.3-11.4-11.9-11.9-12.7-12.1-12.0-11.6-11.7-12.060.259.435.635.3
201512.5-10.7-12.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.7-11.4-11.659.259.035.234.7
201612.0-10.7-11.5-11.7-12.5-11.5-12.4-12.2-11.6-11.858.459.534.235.6
201712.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.759.058.835.134.5
201812.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.259.261.635.537.3

ペース想定

平均~ハイペースが中心で基本的に流れる傾向が強く、基礎スピードを問われる事は考えておいた方がいいレース。

スローペースでしか結果を残していない馬はかなり展開に注文が付く。

結論:平均ペース程度を想定

展開想定

ペースが流れてラスト直線で一脚を使う形は多い。

また、向こう正面の下り坂で一度ペースアップし、後方馬がその勢いでロンスパに持ち込む競馬もある。

ロンスパ適正は必要になってくるレースでしょう。

結論:ロンスパ傾向

メンバーからの展開予想

わかりやすい逃げ先行馬の中にペースを流した方が絶対的にいいという馬がいないのがポイント。

ただ例年通り2000mとなれば基礎スピード活かしてくる馬は当然いる事は想定しておきたいですし、スローペース専用機に関しては評価一枚落としたいです。

もちろんこの段階で専用なのか否かは正確に判別つきませんがサートゥルナーリアなどを筆頭にスローペースでしか現状好走歴のない馬は本命からは外したいですね。

有力出走馬ラップ分析

サートゥルナーリア

過去レース分析

ホープフルSは前後半5F62.5-59.1とかなり前半はゆったりした流れ。

ラスト5F11.8-11.8-12.2-11.5-11.8と向こう正面の坂から徐々に加速してコーナーで減速したレース。

最内を回して直線で一瞬前が壁になりながらもブレーキを踏まず一脚出せたのはギアチェンジ面でいいものが見えた。


萩Sは前後半3F36.6-35.5のスローペースでラスト4F12.5-12.4-11.4-11.7で仕掛け所が遅れた瞬発力戦。

ラスト2Fで先頭との差を一気に詰める競馬でここでもギアチェンジはかなり光ったものを見せた。

ラスト2Fで大きく差を詰めているので10秒台に突入する脚は使えていたと思うので瞬発力は評価。

まとめ

ギアチェンジはかなり優れている部類でしょうし、コーナリングも上手いとても器用なタイプの馬。

小回りは向くタイプでそういった意味では中山はプラスに向くと思います。

ただ不安な点も結構あって、1つが瞬間的な脚をペース流れた中で発揮できるのか?という点。

ここまで前半かなり緩い中での競馬ばかりですし、この手のタイプは案外流れたらダメな事が多いのも事実。

2つ目がロンスパ適正がどこまでなのか?という点。

ホープフルSはロンスパ競馬になったが最内を立ち回ってコーナーも緩んだ中での競馬で最もロンスパ適正を問われなかったのがこの馬。

こうなってくると、まだ底を見せていないだけとは言え、これは未知数とも言えるが単純に不安要素とも言う事ができる。

とりあえず枠次第だが重い印を打つには内枠が欲しい1頭。

ダノンキングリー

過去レース分析

共同通信杯は前後半3F37.1-33.3の超スローペースでラスト4F12.0-11.2-11.0-11.1の直線で脚を出し切るレース。

直線で内に進路を取ってラスト2F地点から一気に抜け出しての勝利。後半要素の総合力でアドマイヤマーズに完勝の内容。


ひいらぎ賞は前後半3F34.7-36.1のハイペース。前半は中団で構えてラスト3,4F地点で外から前との差を潰す競馬。

かなりタフな展開を外からねじ伏せているので基礎スピード面も備わっている事がわかる。


新馬戦は前後半3F37.5-34.0の超スローペース。ラスト4F13.1-11.8-11.2-11.0の加速ラップ。

加速ラップではあるものの、ペース、仕掛け所共に遅いですし、最後カレンブーケドールに差される寸前だったこともあり、ロンスパ適正自体はそこまで評価できない。

まとめ

新馬戦と共同通信杯で超スローペースからのギアチェンジとトップスピードを見せての勝利。

ひいらぎ賞では反対にハイペースを外から圧倒する競馬で勝利と正反対の勝ち方をしている。

この事から地力は非常に高いでしょうし、展開の幅が利くのは何よりの強みとなるでしょう。

何より基礎スピードに長けているのは好印象で、スローペースでしか結果を残していない馬には圧倒的優位を持てます。

強いて不安があるのはまともなロンスパでの好走歴がない点。

それに加えてひいらぎ賞で抜群の強さを発揮していますし、距離伸びてプラスと言える要素は現状ないのはやはり不安。

平均ペースくらいで基礎スピードの武器は活かしつつ内枠で距離を誤魔化せそうなら不安はかなり小さいのですが。

アドマイヤマーズ

過去レース分析

共同通信杯は前後半3F37.1-33.3の超スローペースでラスト4F12.0-11.2-11.0-11.1の直線で脚を出し切るレース。

ラストは差を詰め返したもののダノンキングリーに一度出し抜かれた差を潰すまでには至らず敗戦。ここは瞬発力負けの内容でした。


朝日杯FSは前後半3F35.3-34.4のスローペースでラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9のややロンスパっぽさもある競馬。

もちろん瞬間的な脚もある程度は使えていますが、一度グランアレグリアに出し抜かれていますしロンスパ適正で勝ち切ったような内容。


デイリー杯2歳Sは前後半3F36.8-33.9の超スローペースでラスト4F12.0-11.6-10.8-11.5の瞬発力戦。

ここでは瞬発力をしっかり引き出した上で3F脚を伸ばし切っての勝利。

まとめ

トップレベルで言えば瞬発力のみで勝ち切れるようなレベルにはないと思います。

それよりも瞬間的な脚もある程度のものを持っている上にロンスパ性能も優れている後半要素の総合力が高いタイプと言った方がしっくりきます。

中京2歳を平均ペースで押し切っていますし基礎スピード面もある程度信頼はできます。

ただこれも明確に距離延長がプラスになりそうな要素がない点は不安。

ラスト3F最速とか明らかに伸びて良さそうな勝ち方があればいいんですが、レース毎に相手比較でロンスパ適正分の勝利という所で結局はスローからのラスト2F最速戦での勝利ばかり。

こうなってくると逆に中京2歳Sを平均ペースで押し切れた基礎スピードを見せたことで適正はマイル辺りにありそうな雰囲気も出てくる。

2000m×平均ペース×ロンスパ戦というのも考えられる条件だけに、この3つが揃った場合にこなし切れる可能性は五分五分。

枠の並びにもよりますが不安要素はある人気馬という印象。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

どれも好走ポイントがありますが、この中で重い印を打つならばこれかなという馬を選びました!

⇒L:人気ブログランキングへ

 

桜花賞過去データはこちらから!

【桜花賞】過去10年データ分析