皐月賞2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

皐月賞2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

いよいよ開幕するクラシック3冠の初戦皐月賞。

今年人気の中心になるのはホープフルステークスからの直行で1冠目を狙うサートゥルナーリア。

桜花賞でも年明け初戦のグランアレグリアが制しており、ここでも直行組が1冠目を制してしまうのか注目されるところ。

ローテションという概念が壊れつつある今、各馬の仕上がりや調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去の皐月賞で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年皐月賞

着順馬名最終追い切り
1着エポカドーロ栗東CW
2着サンリヴァル栗東CW
3着ジェネラーレウーノ美浦南W

波乱となった皐月賞。

1・2着には栗東CWで最終追い切りを行った馬が入線しました。

3着には美浦南Wで最終追い切りをおこなわれたジェネラーレウーノが入線。

2000mで行われる中距離戦という事もあり、栗東CW・美浦南Wで最終追い切りを行うのがいいのではないかと現時点では予想できます。

2017年皐月賞

着順馬名最終追い切り
1着アルアイン栗東CW
2着ペルシアンナイト栗東CW
3着ダンビュライト栗東坂路

この年も波乱の皐月賞となっています。

しかしながら、1・2着馬は2018年と同じく栗東CWで最終追い切りを行われた馬が入線しています。

近2年間は栗東CWで最終追い切りを行われた馬から人気薄が好走しています。

明らかに栗東CWで最終追い切りを行われた馬が良い結果を残しており、ここは押さえておくべきポイントとなりそうです。

この年は1人気ファンディーナ・3人気カデナが最終追い切りを栗東坂路で行われて着外に敗れています。

2016年皐月賞

着順馬名最終追い切り
1着ディーマジェスティ美浦南W
2着マカヒキ栗東坂路
3着サトノダイヤモンド栗東CW

1着のディーマジェスティは最終追い切りを美浦南Wで行われております。

近年のトレンドローテで前走共同通信杯組でした。

2着には友道厩舎のマカヒキ。厩舎の勝負パターン、1週前追い切り栗東CW⇒最終栗東坂路という追い切りパターンとなっていました。

3着には栗東CWで最終追い切りを行われたサトノダイヤモンドが入線しています。

2015年皐月賞

着順馬名最終追い切り
1着ドゥラメンテ美浦南W
2着リアルスティール栗東坂路
3着キタサンブラック栗東CW

この年の1着は美浦南Wで最終追い切りを行われたドゥラメンテ。

ドゥラメンテは2016年と同じく、近年のトレンドローテで前走共同通信杯組。

2着にはリアルスティールが最終追い切りは栗東坂路。

追い切りパターンとしては1週前追い切り栗東CW⇒最終栗東坂路という内容で1週前に栗東CWで長めに追い切りを行われていました。

この時点で、栗東坂路で最終追い切りを行われた馬でも1週前に栗東CWで追い切りを行われているのが良いと推測されます。

3着には栗東CWで最終追い切りを行われたサトノダイヤモンドが入線しています。

それ以外では、美浦南Wで最終追い切りを行われた1人気に推されたサトノクラウンが着外に凡走。

サトノクラウンは前走弥生賞を使われていました。

2014年皐月賞

着順馬名最終追い切り
1着イスラボニータ美浦南W
2着トゥザワールド栗東CW
3着ウインフルブルーム栗東坂路

この年の1着は美浦南Wで最終追い切りを行われたイスラボニータ。

これで2016年⇒2015年⇒2014年と続けて、前走共同通信杯組の美浦南Wで最終追い切りを行われた馬が3連勝していることになります。

2着には栗東CWで最終追い切りを行われたトゥザワールドが入線。

3着のウインフルブルームは中間~最終追い切りにかけて全て栗東坂路で追い切りを行われていました。

まとめ

ということで、過去5年分の皐月賞の追い切りパターンを分析していきました。

注目は栗東CWで最終追い切りを行われた馬になるでしょう。

ここからは毎年好走馬を輩出しており、波乱となった近2年でも1・2着を独占しています。

栗東坂路で最終追い切りを行われた馬でも1週前に栗東CWで追い切りを行われていることが理想。

中間坂路のみの追い切り過程だと3着まで、という結果になっています。

美浦南Wで最終追い切りを行われた馬の買うべきポイントは1つ。

前走共同通信杯をステップにしているかどうか。

この馬が出走するときは強気に狙えることになります。

今年で言えば、人気の中心になるサートゥルナーリアは前走1週前栗東CW⇒最終坂路という追い切りパターンになっています。

1週前に栗東CWで行われていれば最終追い切りは坂路でも問題なし。

その他人気が予想されるアドマイヤマーズ・ヴェロックスは栗東CWでの最終追い切りになりそう。

ダノンキングリーは初戦が美浦南Wでの最終追い切り、2戦目・3戦目が美浦ポリトラックでの最終追い切りとなっており、最終追い切りがどうなるかには要注目。

美浦南Wで最終追い切りを行われた場合、前走共同通信杯組の美浦南Wになるので買いパターンに該当することになります。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒調人気ブログランキングへ