桜花賞2019予想|トライアルという常識が覆される

桜花賞2019予想

◎ビーチサンバ

1人気ブログランキングへ

▲シゲルピンクダイヤ

△エールヴォア

△アクアミラビリス

△グランアレグリア

馬券:馬連・3連単◎軸マルチ

先日亡くなった名品ウォッカと同じ7枠14番の◎ビーチサンバ。

桜花賞と相性の良いチューリップ賞ではなく、クイーンCから外厩を挟めるローテーションでの挑戦。昨年はシンザン記念からのローテでアーモンドアイが勝利、今年はクイーンC組からの勝利が叶うのではないか。前走は出遅れからの2着、改めて地力の強さを見せた。

〇2対抗はこの馬に期待したい。

先週G1初タイトルを手にした北村友一騎手。こちらもクイーンC組からのノーザンFしがらき仕上げ。昨年はラッキーライラックとリリーノーブルが結果を残したように、今年はこの2頭が馬券内を賑わすことになるだろう。

シエルピンクダイヤはチューリップ賞組からの最上位評価、前走は初重賞でいきなり結果を出して見せた。今走はレースのしやすい8枠を手にしスムーズに脚を伸ばして来れれば十分にチャンスあり。

エールヴォアは中2週のフラワーC組。前走が休養明けの社台F山元TCからの一戦と考えれば、さらにここで上積みを期待することができる。乗り難しい枠に入ってしまったが、行ききればチャンスはある。

アクアミラビリスは絶好枠のM.デムーロ。エルフィンSは少頭数でレースがしやすかったが、ここでも能力を出し切れば馬券内のチャンスはあると見る。前走後はグリーンウッドにリフレッシュ放牧に出し状態も良い。

ダノンファンタジーをこれらの下の評価にした。阪神の舞台を得意とし、完璧なローテーションで臨んできたが、状態面に上積みがあるとは思えない。本来ならプラスに働く外枠も、折り合いに何があるので崩れる可能性はあるのではないか。

過去データはこちらから!↓

【桜花賞】過去10年データ分析