桜花賞2019外厩分析|ノーザンの刺客が多頭数

桜花賞2019の外厩の分析記事となります。

このレースはチューリップ賞組が上位を席巻するレースですが、昨年はそれを大きく覆す馬が誕生しました。そう「アーモンドアイ」です。

シンザン記念からの中12週というローテーションで勝利することが出来たのは、馬の力はもちろんですが「ノーザンF天栄」の力無くしては不可能だったでしょう。

徐々にではありますが、トライアルや前哨戦レースの価値は落ちているのが現状です。今年の有力馬はダノンファンタジーですが、昨年のように休養明け〜ぶっつけ本番の馬の上位台頭はあるのでしょうか?

今回の記事では、上位人気になりそうな馬の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩相性とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

ダノンファンタジー

3歳 牝 中内田充正厩舎

外厩評価 B 

在厩 前走・チューリップ賞(ノーザンFしがらき)


もっとも相性の良いチューリップ賞組の勝ち馬。昨年2.3着のラッキーライラックやリリーノーブルもノーザンFしがらきで調整された馬。

一般的に考えれば、この馬の相手探しのレースとなる事は間違いなさそうです。桜花賞と同じコースで2連勝してますし、ここはダントツの人気になるのでは無いでしょうか。

ただし、一点だけ不安点があるとするならば、今年に入ってからの中内田厩舎の勝利は外厩帰りの方が多く、在厩調整では勝ち切れないことが多々あるというのが不安点です。

グランアレグリア

3歳 牝 藤沢和雄厩舎

外厩評価 B

ノーザンF天栄 前走・朝日杯FS(ノーザンF天栄)


早々に桜花賞直行を明言したノーザンF天栄と藤沢調教師。前走は負けはしたものの、牡馬相手の3着。

アドマイヤマーズが外から寄って内ラチにモタれた分最後は伸びあぐねたが、新馬戦ではダノンファンタジーをあっさりと差し切った素質馬。

休養明けでも能力は全開で挑んできそう。ただし、左回りの方が本質的には良さそうなのがネックか。

クロノジェネシス

3歳 牝 斉藤崇史厩舎

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・クイーンC(ノーザンFしがらき)


阪神JFでは出遅れて2着に敗れたが、ゲート五分ならこの馬が勝利していたとも思える内容。

クイーンC組は過去10年で【0-2-0-15】と結果は出ていないが、2012のヴィルシーナは同様のローテで2着(ノーザンFしがらき)があり、しがらき陣営も昨年のアーモンドアイのような外厩を挟んだローテでタイトル獲りを狙って来ていると見て良いのでは無いだろうか。

北村友一騎手も先週の大阪杯で初のG1タイトルを手にし、勢いもある。

ビーチサンバ

3歳 牝 友道康夫厩舎

外厩評価 A

ノーザンFしがらき 前走・クイーンC(ノーザンFしがらき)


こちらもクロノジェネシス同様のローテ。

ヴィルシーナで2着と悔しい思いをした友道調教師とノーザンFしがらき陣営に巻き返しが、時を経てここで爆発するのか?といった所。

新馬戦以外は勝ち星がなく伏兵扱いに留まっているが、前走は出遅れからの2着。展開一つで逆転の目はあるにはある。

ここの所のラッキーボーイの福永騎手も久しぶりに桜花賞を制覇する可能性もある。

シゲルピンクダイヤ

3歳 牝 渡辺薫彦厩舎

外厩評価 C

在厩 前走・チューリップ賞(ワコーF)


前走の重賞初挑戦でいきなり結果を残した本馬。長く良い脚を使えるのが魅力で、前走でもダノンファンタジーに詰め寄る末脚を披露。

本番の舞台でも臨戦態勢は整っており、今年のシンザン記念で重賞初制覇をした渡辺厩舎も勢いは十分であり、馬券内を狙うには十分な実力がある。

ただし、外厩の施設力の弱さと厩舎の調整力の無さはネック。今期芝で2勝しているが、そのどちらもノーザンFしがらきでの調整馬だ。

シェーングランツ

3歳 牝 藤沢和雄厩舎

外厩評価 C

在厩 前走・チューリップ賞(在厩)


藤沢厩舎の2頭出しのもう一頭。新馬戦で外厩を使った後は、すべてのレースを在厩調整。

グランアレグリアとは対照的な厩舎での調整と成長を促してきた馬。

このやり方が本当に正しいのかどうかを比べるならば、同馬主である(有)社台RHのソウルスターリングの名が挙がる。

ソウルスターリングはオークスを制覇するまで、桜花賞以外はすべて外厩に入れ成長を促した。

ということは、現代競馬のやり方とは大きくかけ離れたやり方をする藤沢厩舎の目論見はおそらく通用しない。最大目標はオークスといった所ではないだろうか。

穴馬外厩情報

ノーザンFしがらき
・アウィルアウェイ
・ラブズオンリーユー
・ノーブルスコア 在厩(前走使用)

ノーザンF天栄
・フィリアプーラ
・ルガールカルム

社台F山元トレセン
・エールヴォア 在厩(前走使用)

グリーンウッド
・アクアミラビリス
・プールヴィル 在厩(前走使用)

まとめ

昨年で時代に一区切りついたという事を考えると、この馬が筆頭にあがるのでは無いでしょうか?

外⇒人気ブログランキングへ