桜花賞2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

桜花賞2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

毎年の事ながら今年もこの桜花賞で3歳クラシック戦線がスタートします。

今年も牝馬1冠目を目指して、素質馬が顔を揃えました。

適性やスピードはもちろん問われてきますが、それと同時に各馬の仕上がりや調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去の桜花賞で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年桜花賞

着順馬名最終追い切り
1着アーモンドアイ美浦南W
2着ラッキーライラック栗東CW
3着リリーノーブル栗東CW

結果的にレベルの違った美浦南Wで最終追い切りを行ったアーモンドアイが突き抜けるという競馬に。

2・3着には栗東CWで最終追い切りを行ったラッキーライラック・リリーノーブルが入線。

このことから栗東CWで最終追い切りを行うのがいいのではないかと現時点では予想できます。

しかし、2人気⇒1人気⇒3人気決着であったことも事実でこの3頭の力が抜けていたという風にも考えられます。

2017年桜花賞

着順馬名最終追い切り
1着レーヌミノル栗東CW
2着リスグラシュー栗東坂路
3着ソウルスターリング美浦南W

この年の最終追い切りは三者三様の結果に。

結果的に阪神JFの1着・2着・3着馬の順番が変わっただけでこの3頭の能力が抜けていたと推測されます。

2人気アドマイヤヤミヤビ・4人気ミスパンテールの人気で着外に敗れた2頭は最終追い切りを栗東坂路で行われた馬たち。

このことから坂路で最終追い切りを行われた馬はあまりよくないのかもしれません。

2016年桜花賞

着順馬名最終追い切り
1着ジュエラー栗東ポリトラック
2着シンハライト栗東坂路
3着アットザシーサイド栗東坂路

1着のジュエラーは最終追い切りを栗東ポリトラックで行われております。

これはイレギュラー考えて無視でいいでしょう。

2着・3着には栗東坂路で最終追い切りを行われたシンハライト・アットザシーサイド。

2017年の欄で坂路で最終追い切りを行われた馬はあまりよくないと書きましたが、これを見るとこれでもOKなのかもしれません。

圧倒的1人気で4着に敗れたメジャーエンブレムは美浦南Wで最終追い切りを行われた馬でした。

2015年桜花賞

着順馬名最終追い切り
1着レッツゴードンキ栗東坂路
2着クルミナル栗東坂路
3着コンッテサトゥーレ栗東坂路

この年は上位に食い込んだ3頭ともに栗東坂路で最終追い切りを行われた馬たち。

2016年と同じく、栗東坂路が優勢という結果になりました。

それ以外では、美浦南Wで最終追い切りを行われた圧倒的1人気に推されたルージュバックが着外に凡走。

これで美浦南Wで最終追い切りを行われた1人気が2年連続着外

加えて2017年のソウルスターリングも人気以下に凡走しております。

このことから美浦南Wで最終追い切りを行われた馬は人気でも信頼度に欠けるのかもしれません。

2014年桜花賞

着順馬名最終追い切り
1着ハープスター栗東CW
2着レッドリヴェール栗東坂路
3着ヌーヴォレコルト美浦南W

この年の最終追い切りは三者三様の結果に。2017年と同じパターンですね。

ハープスター・レッドリヴェールはこの年単勝オッズ10倍以下に推されたのはこの2頭のみということで、圧倒的力が抜けていたと考えられます。

3着のヌーヴォレコルトは美浦南Wで最終追い切りを行われた馬ですが、人気以上に好走しています。

2015年~2017年はあまりよくなかった美浦南Wですが、この馬はそのジンクスを破っています。

次走ハープスターを破ってオークス馬になったことを考えると、美浦南Wで最終追い切りを行われた馬はよほど力が抜けていないと馬券に絡むのは難しいと考えることが出来ます。

まとめ

ということで過去5年分の桜花賞の追い切りパターンを分析していきました。

栗東坂路・栗東CWとまんべんなく好走馬を輩出しています。

注目ポイントとしては、美浦南Wで最終追い切りを行われた馬でしょうか。

人気以上に好走しているのは2018年の2人気1着アーモンドアイ、2014年6人気3着ヌーヴォレコルトのみ。

この馬たちの次走以降の成績を見ると、結果的に能力があったという他ないでしょう。

結論としては、南Wで最終追い切りを行われた馬は基本的には厳しいが、これで好走してくる馬は相当な能力を秘めているということでしょう。

今年で言えば、人気が予想されるダノンファンタジー・クロノジェネシスは栗東CWでの最終追い切りになりそう。

グランアレグリアは美浦南Wでの最終追い切りになりそうで、ここで好走してくるかどうかは次走以降の成績に影響しそうです。

ビーチサンバは栗東坂路の最終追い切りになりそうで、どの馬も違った仕上げになりそうなので、あとは最終追い切り当日の気配に注目して行きましょう。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています。

この馬⇒調人気ブログランキングへ