桜花賞2019ラップ分析|上位人気拮抗の中抜け出すのは!?

今週は3歳クラシック開幕の桜花賞です!

阪神JFやチューリップ賞組が例年中心になるレースですし、今年も上位人気は強そうですがラップで分析していきます!

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201411.9-10.5-11.4-11.5-11.7-11.4-12.8-12.157.059.533.836.3
201512.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.562.558.937.133.5
201612.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.659.158.634.834.3
201712.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.858.359.834.736.2
201812.3-10.7-11.5-12.1-12.1-11.5-11.3-11.658.758.634.534.4

ペース想定

極端なスローペースもあれば流れる事もありペース傾向は簡単に掴めないレース。

メンバーと枠次第で大きく展開は変わるので予想の鍵になる。

ただし、1400mからの延長組が例年引っ張りがちなので平均まで対応できる算段は欲しい。

結論:基本は流れると思っているくらいがいい

展開想定

ラスト3F最速もしくは、ラスト2F最速ではあるが落差はそれほどでもないパターンが多い。

直線で出し切る競馬になる傾向が強いと言えるでしょう。

結論:ロンスパ傾向

メンバーからの展開予想

例年やや流れる傾向にあるのは能力劣る王道路線とは逸れた1400mからの参戦勢が思い切った競馬をしてくるのが原因。

今年もそういった裏路線組の先行勢はいますし、流れることは想定しておいた方がいいでしょう。

まず、基礎スピード面で苦労しそうな馬は見限るのもパターンとしてはあるでしょう。

逆にスローで穴目がいるならいっそスローペースに張るのもありですが、これに張るには枠の並びまで含めて考えなくてはなりません。

有力出走馬ラップ分析

ダノンファンタジー

過去レース分析

チューリップ賞はスタート抜群でそこから少し下げて3番手での競馬。

前後半3F35.5-34.2のスローペースで内を立ち回って直線は進路を探しながらラスト2Fから加速して抜け出し。

ギアチェンジも良かったし、ここは文句なしの競馬。


阪神JFは前後半3F34.8-35.0の平均ペースを最後方付近からの競馬。

ラスト4F12.1-11.0-11.8-12.2のラスト3F最速をコーナーでも外に振られながら直線出し切っての競馬を差し切り勝ち。

阪神外回りらしい直線目一杯出し切る競馬での勝利でロンスパ適正含めて高い後半要素を見せた。

まとめ

阪神JFこそ後方からになりましたが、前走含めて意識さえ持てばある程度の位置は取れる馬です。

その上でロンスパ型の競馬で豪快に差し切った阪神JFと前目からギアチェンジ活かしたチューリップ賞があるのは評価はせざる得ません。

なので、上位陣との比較という点で判断する馬かなと思います。

そういった意味では高速馬場向きのクロノジェネシスは阪神JFで僅差まで来ていますので、馬場次第では逆転される目はあるでしょう。

スローペースからの瞬発力戦でグランアレグリアにも敗れていますし、能力最上位ではあるものの勝ち切れるかどうかには条件が結構付きます。

ロンスパ戦想定かつ馬場もタフならば人気馬の中では相対的に信頼度高そうなので、これは状況見つつ判断。

ポジションさえ取ってくれれば、瞬発力戦に持ち込んでもいいので川田騎手の手腕にも結構かかっているかな。

グランアレグリア

過去レース分析

朝日杯FSは小雨の中で前後半3F35.3-34.4のスローペースを2番手で進めた。

ラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9でラスト2F最速ではあるがラスト3F地点で先頭を捉えているのでロンスパ競馬になり3着まで。

アドマイヤマーズを一旦は出し抜いたものの、ラスト1Fで止まってしまったのはロンスパ適正もしくは馬場対応力に大きく疑問が付いてしまう負け方。


サウジアラビアRCは前後半3F36.8-34.1のスローペースでラスト5F11.5-11.6-11.3-11.1-11.7のロンスパ競馬。

直線でも加速しての圧勝劇でロンスパ適正はかなり高いものを見せたと言えるレース。


新馬戦は前後半3F36.0-33.6の超スローペース。

高速馬場の中で2番手からラスト3F11.3-11.1-11.2の3F落差ほぼないロンスパ競馬でダノンファンタジーに完勝。

ラスト4Fからのギアチェンジも発揮していますし、かなり好内容のレース。

まとめ

新馬戦とサウジアラビアRCの結果はかなり良かったと言えます。その分朝日杯FSが崩れたのが気になる。

ロンスパ競馬が原因の可能性は勝利した2戦により否定できるので、タフな馬場への適正が低い可能性があります。

その不安さえなければ、瞬発力戦一辺倒の馬でもありませんし、ポジションも取れてロンスパ競馬が出来るというのはG1でも通用する武器。

もう1つは、極端なスローペース巧者である可能性も少なからずあります。サウジアラビアRCと新馬戦は共に超スローペース域なので、この可能性も捨てきれません。

大阪杯はタフな馬場で行われましたし、今回結構馬場の不安は大きいですし、1400m組がペース流してくる可能性もあるので不安は結構多い馬です。

能力の絶対値はここでも1番レベルにありそうですが、様子を見たい要素も多い1頭。

もちろん朝日杯FSにしても3着までは来れていますし、今回も圏内はどうであれ充分可能な馬ではあるのですが。。。

馬場が高速状態まで回復すれば上位人気勢で1番の評価もありますが、タフな馬場なら思い切って評価を落とすのも手という極端な扱いになりそうな馬。

クロノジェネシス

過去レース分析

クイーンCは前後半3F36.1-33.8の超スローペースでラスト4F12.0-11.5-11.0-11.3の直線目一杯に近い瞬発力戦。

追い出しは少し待ちながらもラスト2Fでは一気に差を詰めてラスト2F共に10秒台に突入するレベル。

瞬発力戦はこのレースだけでも非凡なものを見せたのは間違いないでしょう。


阪神JFは前後半3F34.8-35.0の平均ペースを出負けて最後方からの競馬。

ラスト4F12.1-11.0-11.8-12.2の直線出し切る競馬でダノンファンタジーの外から直線迎えるも差は据え置きのままで僅差の2着。

平均ペースへの対応とロンスパ適正を見せたので出負けさえなければというレベルのレース。


アイビーSは前後半3F37.2-33.4の超スローペース。

直線では進路を探したりで本仕掛けは少し遅れつつも進路確定後は一気の脚で差し切り。ここでも瞬発力の高さを見せた。

まとめ

ここまで直線競馬で結果を残してきた馬。阪神JFで平均からラスト3F最速を出し切ったのはあるものの、どちらかと言えば瞬発力優位と思います。

そこそこの位置を取ってそこから瞬発力で後方馬になにもさせない競馬が可能な事は見せていますし、平均でもそれができるならば最上位でしょう。

これが瞬発力勝負のみの切れ味だけの馬ならば好走条件はかなり厳しくなりますが、この馬の武器はそれを持続させるロンスパ適正もある程度持っている事。

ロンスパ優位の最上位馬と比べると、瞬発力に寄った馬なので後方から出し切る競馬には付き合ってほしくないですね。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

どれも好走ポイントがありますが、この中で重い印を打つならばこれかなという馬を選びました!

⇒L:人気ブログランキングへ

 

桜花賞過去データはこちらから!

【桜花賞】過去10年データ分析