ダービー卿CT2019外厩分析|ノーザン系外厩の馬を買えば当たるレース

ダービー卿CTの外厩の分析記事となります。

近年のこのレースの傾向を見ると一目瞭然、ノーザン系外厩の独壇場。

昨年はヒーズインラブがシルクレーシングだがノーザンFしがらきの2走目で勝利。2着には同じくしがらき帰りのキャンベルジュニア。

一昨年はロジチャリスがノーザンF天栄帰りの叩き2走目で勝利。2着にはキャンベルジュニア。3着はグランシルクでノーザンF天栄からでした。

その前はマジックタイム・サトノアラジンと近年の例をあげればきりがないですね。

今回の記事では、ノーザンF系外厩を使っている馬の情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩相性とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

フィアーノロマーノ

5歳 牡 高野友和厩舎

外厩評価 A 

ノーザンFしがらき 前走・ファイナルS(在厩)


昨年のファイナルSで1600万を突破。

3歳時からその素質の片鱗を見せていましたが、近2走が本格化の兆しを見せている。

特に前走は、後方から追い込み馬が差し迫る中、先行し押し切る強い内容。中山1600mも過去にプロディガルサンなどを差し切る強さを見せ、脚質の幅も十分。

今走はマルターズアポジーに気分良く行かせて、絶好位からまんまと差し切るという展開も十分に考えられるだろう。

川田騎手が継続して騎乗するのも大きな強みになる。

ヒーズインラブ

6歳 牡 藤岡健一厩舎

外厩評価B

ノーザンFしがらき 前走・京都金杯(ノーザンFしがらき)


昨年の覇者であるこの馬は、昨年とローテーションを変えた一戦。

マイルCS・京都金杯と負けてはいるものの、そのタイム差は極めて少なく力の衰えはそこまで感じない。

藤岡康太騎手からミナリク騎手に変わるのは、シルクレーシングの思惑だろうし、近走実績だけで人気を落とすならば、絶好の狙い目となるのでは?

ヤングマンパワー

7歳 牡 手塚貴久厩舎

外厩評価C

ノーザンF天栄 前走・阪急杯(在厩)


元々はノーザンF天栄帰りで好成績をおさめていた本馬だが、さすがにピークは過ぎた印象。

ノーザンF天栄帰りでも、ここは積極的には狙えない。ただし、こういった馬を復活させるのが現代競馬の外厩施設なので、最低限紐で抑えておいた方が良い。

プリモシーン

4歳 牝 木村哲也厩舎

外厩評価B

ノーザンF天栄 前走・ターコイズS(ノーザンF天栄)


ここのところ冴えない成績が続いているが、今週は大阪杯に同厩舎のステルヴィオも控えており、厩舎のムードは必然的に上がって来る。

今走は木村厩舎には珍しく福永騎手への乗り替わり。

中山での成績を考えるとあまり好ましくないが、あまりにも積極的に攻める外人騎手よりも、レースの流れに乗って騎乗をするのはこの馬にとってはプラスとなりそう。

枠も6枠ならばすんなりと位置を押し上げられるのも良い。伏兵としては面白い存在。

ダイアトニック

4歳 牡 安田隆行厩舎

外厩評価A

ノーザンFしがらき 前走・斑鳩S(在厩)


近年勝てる馬が回ってきている北村友一騎手。

そこにリーディングの安田隆行厩舎となれば、いかにもシルクレーシングがこの馬を勝たせたいのか?と勘ぐりたくなるが、近走の勝利してきたレースを見る限りでは少頭数で展開を味方につけて勝利してきたというのが正直なところ。

昇級初戦で重賞では荷が重いのではないだろうか。

まとめ

ノーザン系外厩を使用する馬から選ぶなら・・・

⇒外人気ブログランキングへ