大阪杯2019ラップ分析|あの馬が作る展開に対応できるかが鍵

今週は中距離G1の開幕とも言える大阪杯の開催です。

ここが前哨戦扱いの馬、春のメイン戦と捉えている馬が入り混じるレースですが、ラップで馬ごとの分析をしていきます。

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.8-11.3-12.5-12.0-11.9-11.8-11.7-11.5-12.4-12.460.559.836.636.3
201512.8-11.1-12.7-12.2-12.3-12.4-12.3-12.2-12.1-12.861.161.836.637.1
201612.8-11.5-12.5-12.1-12.2-12.5-12.1-11.3-10.9-11.461.158.236.833.6
201712.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.059.659.335.535.3
201812.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.661.157.136.534.1

ペース想定

過去5年の傾向だとスローペースの傾向が強いですが、前哨戦G2だった時期は各馬無理をせずレースの流れに乗る競馬に徹していたので近2年のデータ以外は無意味です。

しかし、近2年もスローペース傾向ではあるので一応の傾向は認められるでしょう。

結論:スローペース傾向

展開想定

近2年はG1らしく単純なラスト2F最速の瞬発力戦ではなく、ロンスパ適正も大きく問われる形に変化してきています。

スローペースからのロンスパなのかどうかもデータが少ないのであてにはならないものの、瞬発力だけでどうにかなるレースではないでしょう。

結論:ロンスパ適正は間違いなく必要

メンバーからの展開予想

例年はスローペースですが、キセキの動きがポイントになるでしょう。

出負け癖のあるキセキがどうなるかによって大きく変わるでしょうが、ロンスパ向きの馬が多くいるので瞬発力戦にはならないと考えます。

キセキが前半ポジションを取れた場合は中盤から基礎スピードを求められますし、早仕掛け濃厚でそれについていけない馬は脱落。

特に小回りになるのでコーナリングに問題がある馬はかなり厳しくなるでしょう。

有力出走馬ラップ分析

ブラストワンピース

過去レース分析

有馬記念は稍重馬場で行われ、キセキが引っ張り平均に流れたレース。

ラスト5F11.6-11.8-11.8-12.2-12.9で2番手集団以降はかなりの早仕掛けを誘発されてのロンスパ競馬に。

これを中団前目の絶好ポジション確保での差し切りでロンスパ適正を見せた。

ただしレイデオロとの差は前半のポジション取りの差だけで大きな能力差までは感じなかった。


菊花賞は前後半3Fで3秒近いスローに加えて仕掛けが極端に遅いラスト2F最速戦。

これを外から追いかけますが、ラスト2Fの最速地点でやや置いて行かれてそのまま4着までという明らかに瞬発力戦による敗戦でした。


ダービーにしても、スローから直線で出し切る競馬になりましたが、直線で進路確保に手こずって結局はギアチェンジを求められるような形になって敗戦。

最後まで差は詰めていますしスンナリならと思わせる内容でした。

まとめ

ここまでの結果を見る限り後半要素の総合力で勝負する馬でしょう。

それに加えてある程度のポジションを確保できる事が加わって古馬最上位に位置する感じで、イメージはシュヴァルグランなんかが近いでしょうか。

ギアチェンジを求められると出し抜かれるのは警戒が必要でコーナーがタイトな内回りとなると、後半要素引き出すのが少し難しいので危険はあります。

ポジションさえ取れればそこも多少ゆとりを持てるので好走できるでしょうが、ポジション後ろからで2000mとなると基礎スピードで押し切られる可能性を注意。

確実に先手を奪えるかといえば懐疑的ではありますし、地力認めつつも1番人気で本命は旨味がない様に感じます。

キセキ

過去レース分析

有馬記念は出負けしながらも積極的に逃げて平均ペースを作り出し、ラスト5F最速というタフな競馬を演出。

しかし、あまりにタフなレースを作ってしまい5着まで。秋古馬中距離G1を皆勤した上で、このタフな展開を5着はむしろ評価できる内容ではあるでしょう。


ジャパンカップは前後半3F35.9-34.4のスローペースで高速馬場を加味してもラスト5F11.4-11.4-11.0-11.4-12.0はロンスパと言えます。

ラスト1Fでアーモンドアイに捕まったとはいえ3着以下には完勝しており、コーナーからの早仕掛けで他馬を圧倒しました。

まとめ

秋の東京で一気に主役に躍り出ましたし、有馬記念の内容を見る限り高速馬場がベストな可能性は非常に高いでしょう。

それでも、ローテ・馬場・展開がかなり厳しかった有馬記念で5着は高い能力を裏付けるものになります。

天皇賞秋とジャパンカップの比較で言えばジャパンカップの方が好内容だと思いますし、その理由は距離。

スローバランスがベストではありますが、かなり早めに仕掛けてコーナー加速を後方馬に強いて、非常にタフな競馬に持ち込んで粘りこむのが持ち味。

そうなれば単純に2000mよりも2400mに距離が延びた方が持ち味は活きやすいので、それが原因かと思います。

距離は2000mですが内回りでコーナー加速によるタフさは東京を大きく上回るので、その点は川田騎手の騎乗1つでフォロー可能。

ペルシアンナイト

過去レース分析

金鯱賞は前後半3F35.6-34.6のスローペースで仕掛けも遅くギアチェンジを強く問われたレース。

中盤やや掛かりかけて折り合い重視の競馬になって直線ではギアチェンジで見劣り敗戦。


マイルCSは前後半3F35.0-34.5の平均ペースに近い競馬。ラスト4F11.7-11.6-11.2-11.7のロンスパ適正とトップスピードを求められた展開。

中団で競馬を進めて直線も最内を通してラスト1Fで一気に先頭との差を詰めて2着。

やや流れた中で最後しっかりロンスパに対応できたのは高評価。

まとめ

昨年の大阪杯でもロンスパに対応して最後まで伸びてスワーヴリチャードに迫りましたし、ロンスパ適正は高いです。

それに加えて平均のマイルもこなせる基礎スピードの高さと加速しながらも内を立ち回れるコーナリングの上手さがあります。

総合的に高いレベルでまとまった馬ではありますが、スローペースからの瞬発力戦になると総合力を活かしきれず敗れてしまいます。

レース全体を使った競馬が出来れば今回もチャンスですし、そういった競馬ができるデムーロ騎手は大幅プラスでしょう。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

どれも好走ポイントがありますが、この中で重い印を打つならばこれかなという馬を選びました!

⇒L:人気ブログランキングへ

 

大阪杯過去データはこちらから!

【大阪杯】過去10年データ分析