大阪杯2019外厩分析|このレースは外厩帰りより厩舎仕上げが狙い目?

春のG1シリーズの大阪杯の外厩の分析記事となります。

昨年は金鯱賞からのローテを組んだスワーヴリチャードが勝利しました。中2週という事もあり在厩での出走。

2着には中山記念からの中4週ローテでペルシアンナイト、こちらも在厩での結果。

3着にはノーザンFしがらき帰りのアルアイン。

という、あまり外厩効果を感じられるレースではありませんでした。一昨年の初のG1昇格後のレースも、キタサンブラック以外は上位全てが在厩調整と、ひと叩きした馬が好走する傾向にあるとも言えるレースです。

今回の記事では、上位人気になりそうな馬の外厩情報や所見を書いていきます。

有力馬外厩分析

☆外厩相性とは、馬・厩舎・外厩・騎手などの総合値からS〜Dの5段階で評価しています。

ブラストワンピース

4歳 牡 大竹正博厩舎

外厩評価 A 

ノーザンF天栄 前走・有馬記念(ノーザンF天栄)


昨年の有馬記念を勝利した後、ノーザンF天栄へ放牧。

この馬はここまでの全てのレースを外厩からのローテーションで走ってきています。

掲示板を外したことのない堅実な馬ですが、今走初めて小回りコースの2000mをどうこなすかが最大のポイントとなるでしょう。

詰めたローテで使えない馬なので、外厩帰りからの直行ローテは好印象です。

不安点は菊花賞・日本ダービーとミスの目立った池添謙一騎手のみでしょうか。内枠になり、揉まれる競馬になると差し損ねの心配はありそうです。

キセキ

5歳 牡 角居勝彦厩舎

外厩評価B

吉澤ステーブルWEST 前走・有馬記念(在厩)


昨年の秋は毎日王冠からスタートし、その後は全て在厩でレースに出続けたタフネスな馬。

今走はリフレッシュ放牧後の一戦となる。昨年は角居調教師の不祥事のため中竹厩舎で管理されたが、その辺は全く問題はないだろう。

今走もハナさえ切れれば川田騎手が上手く導き、直線の短いこのコースならまんまと逃げ切りの可能性も高そうです。

ただ、評価を下げたのはやはり外厩の力の分、ノーザン系外厩と比べると勝ち味に欠ける。

ワグネリアン

4歳 牡 友道康夫厩舎

外厩評価A

ノーザンF天栄 前走・神戸新聞杯(ノーザンF天栄)


友道厩舎は栗東所属のため基本的にはノーザンFしがらきを多く使用し、この馬もデビューからの3戦はしがらきを使用していたが、弥生賞の時に天栄に変更した。

それが功を奏したのか、その後の日本ダービーを制覇。

友道厩舎の天栄との繋がりは確実に深くなっている、現にウーリリも天栄をしようしていたり、マカヒキも同じく天栄。

休養明けから走れるタイプだし、今走は福永騎手に手が戻るのもプラス要素だろう。

皐月賞は明らかに調整不足だったので参考外、弥生賞の走りを見る限り小回りコースは問題は無い。

春はここを目標としているのは明白で、1番人気でないのなら狙い目。

ペルシアンナイト

5歳 牡 池江泰寿厩舎

外厩評価S

在厩 前走・金鯱賞(社台F山元トレセン)


もともと吉澤ステーブルWESTを使用していたが、昨年の富士Sから外厩を変更した。

厩舎としての外厩相性は悪いが、昨年とほぼ同様の外厩帰りからひと叩きして本番へのパターンは好印象。

外厩に頼らずとも馬を作れる名トレーナーの意地を見せたいところだろう。このレースの勝ち方を知っているミルコにも期待がかかる。

在厩の馬が強いレースでもあるし、本命候補まで視野に入れる一頭。

エアウィンザー

5歳 牡 角居勝彦厩舎

外厩評価B

在厩 前走・金鯱賞(社台F山元トレセン)


角居厩舎の2頭出し。キセキは吉澤ステーブルWESTを使用しているが、こちらは社台F山元トレセンで完璧な成績をあげている。

さらに、小回りコースを最も得意としており、掲示板を外したのも共同通信杯の一戦のみ。安定して走る実力馬だけに一発の期待はある。

気になるのはテン乗りの浜中騎手の戦績を振り返るとあまり結果が出ていないところ。

ダイヤモンドSでもグローブシアターに騎乗し2番人気で6着。浜中騎手の今年の成績を見ても乗れてないのはマイナス材料となる。

在厩での仕上げと言う事で、レース傾向にはマッチするが・・・

ステルヴィオ

4歳 牡 木村哲也厩舎

外厩評価A

ノーザンF天栄 前走・中山記念(ノーザンF天栄)


昨年、ついにノーザンF天栄の力を借りてG1タイトルを手にした木村厩舎。

ノーザンF天栄に依存すると言う意味では、この厩舎の右に出るところはいないだろう。

ポイントとなるのは距離延長となるが、大阪杯の近年の傾向を考えると、スローペースからのヨーイドン。

中山記念であれだけのパフォーマンスを見せたことを考えると距離延長は問題ない。

昨年の毎日王冠→マイルCSとほぼ同じローテという事の方が評価でき、伏兵の台頭としては上位に名前が挙げられる楽しみな一頭。

穴馬外厩情報

ノーザンFしがらき
・アルアイン 在厩(前走使用)
・ダンビュライト
・ムイトオブリガード 在厩(前走使用)

ノーザンF天栄
・マカヒキ 在厩(天皇賞秋使用)

社台F山元トレセン
・サングレーザー

グリーンウッド
・スティッフェリオ 在厩(前走使用)
・ステイフーリッシュ

吉澤ステーブルWEST
・エポカドーロ 前走

まとめ

過去の大阪杯の傾向を見ると在厩調整での馬が好走をしている。そうなると、この馬が最上位評価となりそう。

⇒外人気ブログランキングへ