高松宮記念2019追い切り分析|春の最強スプリンターに輝くのはどの馬か!?

今週は春の最強スプリンターを決める一戦・高松宮記念が開催されます。

春のスプリント王者を決定する一戦らしくキンシャサノキセキ、カレンチャン、ロードカナロア、ファインニードルなど個性豊かな名スプリンターが歴代優勝馬に名を連ねていますね。

過去10年間で10番人気以下の馬の連対は一度もなく、過去3年に限れば連対馬延べ6頭中5頭は単勝3番人気以内で残る1頭も5番人気でした。

本日はそんな固めなレース高松宮記念にスポットを当て、追い切りから仕上がりのいい馬を予想していきます!

各追い切り場の最終追い切り時見解

【栗東CW 良馬場】

先週と比べてもそこまで時計が出やすい状況ではないと思います。

今週の全馬の全体時計を見渡してもララクリュサオルが良い時計を出していますが、それ以外の馬の時計を見るとむしろ時計が掛かっている様にも見えます。

追い内容をしっかり見て吟味したいところですね。

【栗東坂路 良馬場】

先週に比べると幾分か時計の出やすい馬場状況なのかなといったところです。

後述しますがモズスーパーフレアは凄いですね。

メイショウタイシに並び好時計をマークしていますが、この2頭の全体時計が良いからといって全てがそうではありませんので惑わされない様にしましょう。

【美浦南W 良馬場】

先週よりも少しだけ高速馬場になっていると思われます。

これもステルヴィオが良く見えるのでそう思われがちですが、そこまで時計の出やすい馬場状況ではありません。

しっかりと追い内容で判断していきましょう。

【美浦坂路 良馬場】

先週よりも時計の出やすい状況で幾分か高速化しているのかなというところ。

それでもラスト1Fのタイムでしっかり伸びている馬を評価したいですね。

出走馬の追い切り見解

ダノンスマッシュ

【栗東・坂路 / 馬也】
<51.3-37.4-24.3-12.4>

『評価 B

3月21日はプールで調整。

3月13日はしっかりと坂路でタイムを出しており、3月20日の最終追い切りは流す程度。

しかし、それでも馬也で坂路を51秒で駆けてくるところは状態の良さが伺えます。

雰囲気は良さそうなので力は出せる状況にあると判断。

しっかりとした力を出せる状態にはあると思いますが、前走と比べて勝負気配があるか?と言われると・・・。

それでも今回も外せない一頭になる事には間違い無いでしょう。

モズスーパーフレア

【栗東・坂路 / 馬也】
<49.2-36.3-24.4-12.5>

『評価 A

こちらも負けず劣らずA評価、むしろこっちの方がすごいですね。

助手を背に坂路単走で50秒を切る猛時計を叩き出し、この日の一番時計で自己ベストをマークしました。

間隔が詰まっており、1週前は坂路で58.1-42.7-14.3と全く動いていませんでしたが最終ではビッシリ動いてきましたね。

オーシャンSの時の最終追い切りも50.7-12.3と良いタイムでしたが、今回はさらに上を行く時計を出してきましたた。

前走と同等、もしくはそれ以上のデキなのかもと思わせる見事な内容でした。

レッツゴードンキ

【栗東・坂路 / 馬也】
<61.3-44.6-29.4-14.7>

評価 A

こちらもまたまたA評価、安売りしているわけではなく本当に評価出来る内容なのです。

最終追い切りでも豪快で迫力のある走りを披露。

高齢馬とは思えぬ時計でまだまだやれる力は残っていると感じます。

常に動くタイプなのであまり過信は出来ませんが、それでも素晴らしい追い切りだったと評価出来ます。

ナックビーナス

【美浦・南P / 強目に追う】
<62.9-48.3-36.1-12.1>

『評価 B

2頭併せ外馬なり併入。

前走と変わりない感じの内容であり、その前走はオーシャンSで2着という結果。

その時と同様の仕上がりだと予想。前走時は軽く仕掛けて半馬身差先着という内容です。

全体的には悪くはないという評価ですが、今回はちょっとデキ落ちかなとも感じます。

つまり前走程は走らないんじゃないかなといったところです。

ロジクライ

【栗東・坂路 /馬也】
<60.3-43.2-28.5-14.6>

『評価 A』

最終追い切りは流す程度で十分といった判断なのか、馬也でしたがそれでも評価出来る内容でした。

1週前をしっかり、最後は軽めで追い切るというパターンはこの勝負パターンでもあり、上積みもありそうです。

1週前の追い切りも優秀でしたが、今回はしっかりと加速ラップを刻めてましたし、引き続き状態は良いと判断しています。

状態面は問題無さそうなので、あとは初の1200mでどうなるかですね。

ミスターメロディ

【栗東・芝/馬也】
<65.1-48.5-34.6-11.1>

『評価 B

直前は芝コースで木曜追い切り。

道中は行きたがるのをガッチリ抑えていましたが、直線で手綱を緩めるとスッと加速してシャープな伸び。

もともと攻め駆けするタイプですが、動きは相変わらず軽快で馬体も逞しく気配は上々といったところ。

前走時との比較が難しいですが、今回はそこそこ仕上がっているのではないかとみています。

アレスバローズ

【栗東・坂路/一杯】
<52.7-37.7-24.1-12.0 >

『評価 B

珍しく当週も一杯に追ってきたあたり、いくらか太目が残っているのかもしれませんね。

ただ動きに重苦しさはなく、このひと追いで上向けばといったところです。

しっかりここでデキをキープ出来ていれば激走しても驚けないと思います。

まとめ

2019年の高松宮記念で『A評価』としたのは、ロジクライ、レッツゴードンキ、モズスーパーフレアとなりました。

動く馬とそうでない馬、もちろん本番で走ればいいのですがそうもいかないのでなかなか難解なレースになりそうですね。

そんな時こそ、このサイト上に上がっているラップ分析や単純な能力比較を重宝すべきではないかと思います。

それでは最後に、A評価を与えたロジクライやレッツゴードンキ、モズスーパーフレアの他に追い切り分析から評価できる馬を人気ブログランキングの紹介欄に掲載しておきます。

人気ブログランキングへ

過去データはこちらから!

【高松宮記念】過去5年データ分析