毎日杯2019ラップ分析|上位人気馬には軒並み不安あり!?

今週は皐月賞を狙う3歳馬が集まる毎日杯です。

メンバーレベルは少し落ちるメンツだからこそ、ラップで今週も穴馬を導き出していこうと思います!

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.6-11.3-11.5-12.0-12.3-12.0-11.9-10.7-12.459.759.335.435.0
201512.9-11.4-11.6-12.3-12.3-12.0-11.3-11.2-12.260.559.035.934.7
201612.6-11.5-12.2-12.6-12.7-12.4-11.3-10.6-11.461.658.436.333.3
201712.5-11.1-11.6-12.2-12.7-12.0-11.1-11.3-12.060.159.135.234.4
201812.9-11.6-11.5-12.0-12.3-12.1-11.5-11.1-11.560.358.536.034.1

ペース想定

過去5年前後半3,5Fどちらで見ても前半の方が遅いスローペース傾向。

極端な基礎スピード特化の馬がいない限りはスローペース想定でいいでしょう。

結論:スローペース傾向

展開想定

ラスト4Fからレースが動くことはなく、早くともラスト3F地点。

ラスト2Fで一気に加速するギアチェンジを求められる事もありますが、多くはラスト3F地点から加速を始めるので、そこまで大きく問われる展開は少ないでしょう。

阪神外回りらしく直線目一杯の後半要素比べになる事が多いレースと言えます。

結論:後半要素の総合力勝負が多い傾向

メンバーからの展開予想

前半が早くなる事を決定づける馬はいないですし、例年通り中盤早くなるかが鍵でしょう。

シークレットランが早仕掛けしたい馬筆頭で、他にもロンスパ思考の馬は多いのでやはり向こう正面で早くなる展開になる可能性が高いと思います。

まだ戦歴が浅いので新味を見せてくる可能性は当然考慮しなくてはなりませんが、ラスト2F最速戦の瞬発力勝負に賭けたい馬は狙いづらいメンバーです。

有力出走馬ラップ分析

ヴァンドギャルド

過去レース分析

きさらぎ賞は前後半3F36.3-35.4かつ中盤が緩んだスローペース。

先頭とは距離のある3番手でレースを進めて直線も3番手で進入しました。そして最後まで伸びたものの届かずの4着まで。

結果的には先頭との距離感に問題があった感じです。重馬場が原因の可能性は他のレースから探りますが、少なくともこのレースにおいては後半要素だけの勝負では通用しませんでした。


ホープフルSは前後半3F37.8-35.5の結構なスローペースの競馬。そこからラスト5F11.8-11.8-12.2-11.5-11.8とロンスパ適正を問われる展開になりました。

ラスト5Fまではレースラップなりの競馬で、ラスト4Fから先頭との差を詰め始めてラスト3Fの緩んだ所で一気にポジションを押し上げているので、かなり長く脚を使う形に。

しかし、直線で勢いが全てなくなるレベルで前が壁になりました。その後再度伸びた点は評価できますし、詰まらなければ馬券内はあったという内容。

ロンスパ適正は十分評価できるレベルにあるという事が言えるでしょう。


東京スポーツ杯2歳Sは前後半3F36.2-34.6のスローペース。こちらもラスト5F11.9-11.6-11.6-11.4-11.6のロンスパ適正を問われた展開。

じわじわラップなりに進出してラスト2Fで一気に先頭に立つ勢いを見せたものの最後差されて3着まで。

それでも僅差だしロンスパ適正はここでも見せた。

まとめ

やっぱり世代最上位に少し見劣る感じがしてしまうのは東京スポーツ杯2歳Sの展開で勝てない所かなと思います。

ラップに大きな差はなくとも、重馬場のきさらぎ賞と昨年秋の超高速馬場東京では馬場差が大きく、求められた基礎スピードは結構きさらぎ賞の方が大きかったと思います。

基礎スピードを求められず、スローからのロンスパ戦を得意としている辺り長距離向きの印象が強い馬とも言えるでしょう。

今回で言えばペースが緩むのは好条件ですが、きさらぎ賞の結果を見ると同様の1800mには不安を覚えます。

直線の坂は向くと思いますし、ラスト4F手前から動いていければいいのですが、1番人気想定でレースメイクありきはちょっと不安先行。

差してきて届かずの3着まで辺りが狙い目になってきそうなイメージです。

ウーリリ

過去レース分析

新馬戦は前後半3F37.1-34.2の超スローペース。ラスト4F12.7-11.7-11.3-11.2でラスト2,3Fでどんどん加速するレースに対応。

この事からもギアチェンジなど瞬発力は評価できるでしょう。加速ラップ締めなのでロンスパ適正も見せたとは言えます。

まとめ

あまりに未知数な要素が多いですが、新馬戦のパフォーマンスは確かに上位人気してくるだけのものは見せたと思います。

まず、超スローペースでの競馬しか見せていないという点は、スローペース傾向の強い毎日杯においては大きな不安にならないのも良い点でしょう。

新馬戦の2着馬ミッキーブリランテもシンザン記念3着でメンバーレベルも一定の保証がありますし、典型的な切れない人気馬になりそうです。

いっそ本命でもという目も残すパフォーマンスではありましたが、人気で入りたい所ではないなという所。

ケイデンスコール

過去レース分析

朝日杯FSは前後半3F35.3-34.4のスローペース。ラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9のロンスパ適正も問われたレース。

ポジション的にそもそも上位争いに加われなかったこともありますが、ここは大敗。


新潟2歳Sは前後半3F36.3-34.0で中盤も緩んだ完全なスローペース。ラスト3F11.4-10.6-12.0の瞬発力戦で一瞬のキレのみが求められたレースで勝ち切り。

ここでは瞬発力戦での切れ味を見せましたので一定の評価が可能でしょう。

まとめ

新馬戦でもアドマイヤマーズ相手に超スローペースからのラスト2F最速の瞬発力戦で一度抜け出す勢いを見せていますし、ほぼ確定的に現時点ではスローペースからの一瞬の脚が武器の馬でしょう。

そう考えれば朝日杯FSは適正外のレースで大崩れも納得できます。しかし、この手の馬だとどうしても少し前半のポジションが前に欲しいです。

そういった点で考えれば200m程度の延長はいい方向に向きそうですが、ヴァンドギャルドあたりが早めに動く展開になると苦しくなります。

思い切って2番手付近まで取ってくれれば面白いですが、上位人気にしては不安が大きいと言わざる得ないでしょう。

まとめ

とりあえず今回は人気馬3頭の分析を行いました。

どれも不安はありますが、この中で重い印を打つならばこれかなという馬を選びました!

⇒L:人気ブログランキングへ

 

毎日杯過去データはこちらから!

【毎日杯】過去10年データ分析