高松宮記念2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

高松宮記念2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

いよいよ春のG1シーズンの幕開けという感じですが、スプリントのG1ほど難しいものもありませんからね。

適性やスピードはもちろん問われてきますが、それと同時に各馬の仕上がりや調教からの好走パターンも非常に重要な予想ファクターとなってきます。

本日は過去の高松宮記念で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年も該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年高松宮記念

着順馬名最終追い切り
1着ファインニードル栗東坂路
2着レッツゴードンキ栗東坂路
3着ナックビーナス美浦南W

栗東坂路で最終追い切りを行った2頭がワンツーフィニッシュ。

3着には美浦の南Wで最終追い切りを行ったナックビーナスが好走していますが、坂路追いのほうがいいのではないかと現時点では予想できます。

ちなみに、勝ったファインニードルはどうしようもないという感じですが、穴をあけたナックビーナスは前走も美浦のWで最終追い切りを行っていました。

逆に人気で飛んだレッドファルクスは前走時の最終追い切りが美浦Dでのもの。

高松宮記念時は美浦のWに変わっていますのであまり調教パターンを変更するのはよくないのかもしれません。

2017年高松宮記念

着順馬名最終追い切り
1着セイウンコウセイ美浦南W
2着レッツゴードンキ栗東坂路
3着レッドファルクス美浦南W

この年も2018年同様に栗東の坂路か、美浦の南Wで追い切りをされた馬のみが好走しています。

2着のレッツゴードンキはリピート好走だったわけですね。高松宮記念はリピート好走も目立つということなのかもしれません。

ちなみに、3着のレッドファルクスはこの年もやはり前走美浦D→今走美浦南Wの調教パターンでした。

2017年は3着に好走していますが、やはり3着までということを考えると調教パターンの変更は高松宮記念には相応しくないというのがわかります。

2016年高松宮記念

着順馬名最終追い切り
1着ビッグアーサー栗東坂路
2着ミッキーアイル栗東坂路
3着アルビアーノ美浦南W

3頭とも前走時と同じ調教パターンでの好走となりました。しかも、やはり栗東坂路と美浦の南Wのみですね。

ここまでくれば近年の高松宮記念の追い切りトレンドは「栗東坂路」「美浦南W」と言い切ってしまってもいいかもしれません。

ちなみにですが、4着に単勝165倍のアクティブミノルが入選しましたがこれも栗東坂路での最終追い切りでした。

前走時からは追い切り内容を変更されていたのですが、これはプラスだったと判断してもいいでしょう。

2015年高松宮記念

着順馬名最終追い切り
1着エアロヴェロシティ中京芝
2着ハクサンムーン栗東坂路
3着ミッキーアイル栗東CW

勝ったのは香港のエアロヴェロシティなのでこれは参考外としていいでしょう。

注目したいのは次年で2着に好走するミッキーアイルがこの年も3着に好走しているのですが、2015年は栗東のCWで追い切りを行われており、それで3着。

2016年には追い切りパターンが坂路に変更されており、着順を上げてきたことを考えるとやはり「CW<坂路」という図式は成り立つのではないでしょうか。

実際2着のハクサンムーンはミッキーアイルよりも人気が無い状況で上の着順となっているわけですし、坂路追いのほうに軍配が上がったと予想するのが妥当ではないかと思います。

2014年高松宮記念

着順馬名最終追い切り
1着コパノリチャード栗東坂路
2着スノードラゴン美浦坂路
3着ストレイトガール栗東CW

この年は以降好走馬が出てこないところでの最終追い切りを行った馬が数頭走っていますが、やはり勝ち馬は栗東坂路で最終追い切りを行っているコパノリチャードでした。

スノードラゴンはやや掴みどころがありませんが、ストレイトガールはやはりCWの追い切りだった分の3着だといってもいいかもしれません。

ちなみに勝ったコパノリチャードは前走時も最終追い切りは坂路で行われており、引き続きの坂路最終追い切りだったのも今回の好走に影響しているといってもいいかもしれません。

まとめ

ということで過去5年分の高松宮記念の追い切りパターンを分析していきましたが、やはり言えるのは高松宮記念の追い切りトレンドは「栗東坂路・美浦南W」だということでしょう。

もちろんこの追い切り過程を踏んできている馬は多数いると思いますがその中から絞るのであれば、前走時と引き続きの追い切り過程、そしてジョッキー騎乗の場合はチャンスがあるといえそうです。

さらに言えば、リピート好走している馬が何頭か見受けられるのでこれもひとつのチャンスパターンなのかもしれませんね。

今年で言えば、人気が予想されるダノンスマッシュとモズスーパーフレアは共に栗東坂路での追い切りとなりそうなので、必然的に追い切りパターンとしては抑えないといけないかなと思います。

あとは最終追い切り当日の気配に注目して行きましょう。

それでは最後に現時点主軸として考えている1頭を公開しておきます。

当日、前走時と同じ追い切り過程で、動きなどに何の問題もない場合そのまま軸にすることも考えています

この馬⇒人気ブログランキングへ

以上、過去の高松宮記念で好走した馬の追い切りパターン考察でした。