阪神大賞典2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

阪神大賞典2019の予想・過去の好走馬の追い切りパターン考察になります。

天皇賞に向けてということもありますし、過去には名レースも多い阪神大賞典。

今年も注目の一戦ではありますが、今年はメンバーが…(笑)

AJCCで復活を果たしたシャケトラが1番人気想定ですが、この馬の追い切りパターンはどうなのでしょうか?

本日は過去の阪神大賞典で好走した馬の追い切りパターンを考察し、2019年の阪神大賞典で該当する馬がいるのか分析していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年阪神大賞典

着順馬名最終追い切り
1着レインボーライン栗東坂路
2着サトノクロニクル栗東CW
3着クリンチャー栗東坂路

栗東坂路で最終追い切りを行った馬が2頭好走、サトノクロニクルは栗東のCWでの追い切りでした。

この3頭に共通して言えることは前走時と同様の追い切りパターンを施されているということですね。

他にこれといった特徴があるわけではありませんが、次走の天皇賞でも同じ追い切りパターンで走っており、そこまでパターンを変える必要はないのかなという印象です。

2017年阪神大賞典

着順馬名最終追い切り
1着サトノダイヤモンド栗東CW
2着シュヴァルグラン栗東坂路
3着トーセンバジル栗東CW

この年も栗東CWで最終追い切りを行った馬が2頭好走、もう1頭は栗東坂路で追い切りを行っていたシュヴァルグランでした。

この年は力の差もかなりあった印象ですが、やはり2018年同様にコースと坂路そして重要なのが「栗東」だったということでしょう。

美浦から遠征してきて前哨戦で3000mを走るのは容易ではないということがこのことからもわかります。

2016年阪神大賞典

着順馬名最終追い切り
1着シュヴァルグラン栗東CW
2着タンタアレグリア美浦南W
3着アドマイヤデウス栗東坂路

シュヴァルグランは2年連続で好走していますが、2017年とは最終追い切りの過程は違っており、この年はCWで結果を出してきました。

これを見ると阪神大賞典の基本的な好走パターンとしては「栗東CW」が基本なのかもしれません。

ただ、先程“美浦からの遠征はきつい”と話したにも関わらず、2着にはタンタアレグリアが最終追い切り美浦南Wで好走(笑)

異例のパターンだったとも言えますが、その他にも好走している馬がいるかどうかはチェックしておく必要がありそうです。

2015年阪神大賞典

着順馬名最終追い切り
1着ゴールドシップ栗東坂路
2着デニムアンドルビー栗東CW
3着ラストインパクト栗東CW

ゴールドシップは後にも出てきますが、最終追い切りは坂路です。これはリピート好走でもあります。

この1頭を除けば、やはり他2頭に関しては栗東CWで最終追い切りを行っての好走でした。

しかも、3頭とも前走と同様の最終追い切りパターンだったということは頭に入れて置きたいところ。

ゴールドシップに関しても前走のAJCCでは栗東坂路だったので、追い切りパターンを無下に変更してくるよりはしっかり結果を出しているパターンのほうが良さそうです。

2014年阪神大賞典

着順馬名最終追い切り
1着ゴールドシップ栗東坂路
2着アドマイヤラクティ栗東CW
3着バンデ栗東坂路

この年のゴールドシップもやはり坂路で最終追い切りを行っての好走でした。

アドマイヤラクティは阪神大賞典での好走パターンと思える栗東CW経由でしたが、バンデは栗東坂路。

しかし、バンデは前走も坂路で好走していたので、こうしてみると栗東CWで最終追い切りを行っているか、前走時と同様坂路での最終追い切りが好走パターンと予想することができます。

まとめ

過去5年分の好走馬の追い切りパターンを見ていきましたが、パターンとしては2つ。栗東CWで最終追い切りを行っているか、坂路なら前走も同様かリピーターかとなります。

2016年に好走したタンタアレグリアは美浦からの好走となりましたが、過去5年で美浦の馬が好走したのはタンタアレグリアのみだったので、やはり美浦からの遠征は厳しいと判断してもいいのかもしれません。

ちなみに、最終追い切り栗東坂路で好走してきている馬に関しても、前走と同様だということは必要不可欠かなと思いますが、もう1つそこで結果を出していることが条件になるのではないかと思います。

以上のことを踏まえると1番人気が予想されるシャケトラは前走の最終追い切りもCW、恐らく阪神大賞典でもCWでのものとなるでしょう。

これは普通に好走パターンの1つなので無下に嫌う必要はなさそうです。

そしてもう1頭、最終追い切りが栗東CWなら好走パターンとしては該当する馬がいますので紹介しておきます。

この馬⇒人気ブログランキングへ

以上、過去の阪神大賞典で好走した馬の追い切りパターン考察でした。