スプリングステークス2019予想|過去の好走馬の追い切りパターンを考察

スプリングステークス2019の予想になります。

皐月賞のトライアルとして重要な一戦となるスプリングステークス。

昨年も2着のエポカドーロがその後皐月賞を制していますし、その他にも次走以降好走している馬を多く出しているレースなので今年も今後出世していく馬がいるかどうかが注目となります。

今回の記事では過去のスプリングステークスで好走した馬がどういう追い切り過程を辿ってきているのかを分析し、スプリングステークスに適した追い切りパターンを考察していきます。

好走馬の追い切りパターン

2018年スプリングステークス

着順馬名最終追い切り
1着ステルヴィオ美浦南W
2着エポカドーロ栗東CW
3着マイネルファンロン美浦南W

美浦の南Wで最終追い切りを行われた馬が2頭。2着のエポカドーロに関しては栗東のCWでした。

3頭ともいつもの追い切りパターンで、これといって変わったところはありませんでしたが、それ故よかったと言ってもいいかもしれません。

実際「ここで権利を取りたい」と意気込んで勝負してきた馬は凡走しており、いつも通りの調整過程で挑んできた馬が好走。

もちろんこの年に関しては力関係もあったかもしれませんが、この年は東西共にコース追いだった馬が好走。

これは頭に入れて置きたいところです。

2017年スプリングステークス

着順馬名最終追い切り
1着ウインブライト美浦南W
2着アウトライアーズ美浦南W
3着プラチナヴォイス栗東CW

この年も追い切りパターンとしては最終追い切りでコースで追われていた馬が好走。

今にしてみればこの追い切りパターンで好走しており、各馬ベスト追い切りパターンだったことがわかります。

2018年同様に変わったことをしていないというのもありますし、意識的にスプリングステークスで皐月賞の権利を獲りたいと思っていた馬が多くいるでしょうが、結果としては坂路やPコースではなく、Wでしっかり負荷をかけられてきた馬が好走していました。

2016年スプリングステークス

着順馬名最終追い切り
1着マウントロブソン美浦南W
2着マイネルハニー美浦南W
3着ロードクエスト美浦南W

やはり最終追い切りコース追いの馬が好走していますね。

しかもここで気づきましたが、これまで好走した全頭が前走時と追い切りパターンが一緒だったことがわかります。

マウントロブソンに関しては前走が小倉ダートでの最終追い切りでしたが、2走前が美浦のWでの追い切りでしたので小倉での追い切りを省けばやはり同様の追い切りパターンだったと判断することができます。

2015年スプリングステークス

着順馬名最終追い切り
1着キタサンブラック栗東CW
2着リアルスティール栗東坂路
3着ダノンプラチナ美浦南W

この年で始めて最終追い切り坂路追いのリアルスティールが好走していますが、他馬に関してはコース追いでしたのでやはりスプリングステークスは最終追い切りコースが主流だと言っていいかもしれません。

リアルスティールはこの年1番人気、力が違うと思われていたいわば圧倒的な存在でありましたので、こういうタイプじゃないと坂路追いで好走するのは難しいのかもしれません。

2014年スプリングステークス

着順馬名最終追い切り
1着ロサギガンティア美浦南W
2着アジアエクスプレス美浦南W
3着クラリティシチー美浦南W

この年は好走した全頭が最終追い切り美浦南Wでした。

アジアエクスプレスに関してはそれまで坂路追いが中心で、朝日杯を勝った時も最終追い切り坂路だったので基本的には坂路が中心の馬でしたが、スプリングステークスで南W追いに変更。

映像を見るとやや行き脚がついていないような感じにも見えますが、それでも結果をこうして出しているので、やはりスプリングステークスはWコースとの相性がいいと言っていいかもしれません。

1着のロサギガンティア、3着のクラリティシチーはやはり前走と同様の追い切りパターンでしたので前走コースで最終追い切り→スプリングステークスも同様にコース追いは好走パターンと言ってもいいでしょう。

まとめ

過去5年分の好走馬の追い切りパターンを見ていきましたが、こうしてみると圧倒的に最終追い切りコース追いの馬が台頭しているのがわかります。

過去5年で最終追い切り坂路で好走したのはリアルスティールのみなので、力が違えばという感じでしょうか。

2019年に関しても栗東、美浦問わずコースで最終追い切りを行っている馬を中心に据えるのがいいかなという感じですね。

そしてもう1点、ここでいきなり追い切りパターンを変更するのではなく、前走もコース、今走もコース追いというのが好走パターンになります。

ちなみに、2019年のスプリングステークスで人気に推されているクリノガウディー、ヒシイグアスは前走坂路追いなので傾向としてはマイナスですね。

もしかしたら今年のスプリングステークスは波乱の決着になるのかもしれません。

最後に、これまで同様最終追い切りコースで追い切りが行われてくれば有力視している馬を紹介します。

この馬⇒調:人気ブログランキングへ

以上、過去のスプリングステークスで好走した馬の追い切りパターン考察でした。