スプリングS2019ラップ分析|前走からの巻き返し候補あり!

今週は皐月賞を狙う3歳馬が集まったスプリングSが開催される。

展開から有力馬分析までをラップから考察していきます。

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-11.4-12.0-12.4-12.1-12.1-12.1-11.7-12.260.360.235.836.0
201512.7-11.6-12.4-13.1-12.8-12.0-11.8-11.2-11.562.659.336.734.5
201612.7-11.5-11.8-12.3-12.0-11.6-12.0-11.6-12.660.359.836.036.2
201712.6-11.7-12.1-12.2-11.7-11.8-12.1-11.8-12.460.359.836.436.3
201812.4-11.3-11.9-12.2-11.8-12.1-12.4-12.2-11.859.660.335.636.4

ペース想定

過去5年で前後半3Fスローペースは1回で昨年は1秒近いハイペース。

平均ペースが最も多く、基本的にペースが流れやすいレースという事は意識が必要。

結論:ペースは流れやすい傾向

展開想定

ラスト2F最速もチラホラ見受けられますが、向こう正面でペースが上がる事が多くロンスパ傾向は強いレースです。

前半が流れるというよりは中盤から脚を求められて、その分後半の脚が求められづらい事で前後半フラットになる形。

ロンスパ適正はもちろんですが、そこから直線で再加速できる馬にも注目。

結論:ロンスパ適正重要

メンバーからの展開予想

前半が早くなる事を決定づける馬はいないですし、例年通り中盤早くなるかが鍵でしょう。

シークレットランが早仕掛けしたい馬筆頭で、他にもロンスパ思考の馬は多いのでやはり向こう正面で早くなる展開になる可能性が高いと思います。

まだ戦歴が浅いので新味を見せてくる可能性は当然考慮しなくてはなりませんが、ラスト2F最速戦の瞬発力勝負に賭けたい馬は狙いづらいメンバーです。

有力出走馬ラップ分析

ファンタジスト

朝日杯FSは前後半3F35.3-34.4かつ縦長馬群でスローペースの競馬を6番手追走。

ラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9で早めの仕掛けで直線出し切る競馬で直線伸びたものの4着までの競馬。

上位3頭は共に前にいた馬でペースが緩かった上で縦長になったので直線向いた段階のポジション差が露骨に結果に出た形に。

アドマイヤマーズ比較では直線の内容が同等なので力負け感があるが、上位勢は内枠に対して外枠でポジション取り苦労しましたし、これは枠が大きく結果に影響したとも考えられる。


京王杯2歳Sは前後半3F4.5秒の超スローペースで完全な瞬発力戦。

ラスト3F地点も11.7秒と上がり切らずキレ味のみの競馬でラスト2Fでは10.5秒近いラップは出したものの、ペースが特殊でトップスピードを強く評価はできず。


小倉2歳Sは前後半3F33.4-35.5のハイペースでスプリント戦らしい基礎スピード面が強く問われたレース。

これを先行して押し切ったのは基礎スピードをしっかり評価できる内容。


ペースが流れやすいレースという事自体はプラスに働くとも言えるが、距離が延びた上で中盤早くなるのは如何なものか。

短距離を基礎スピードで押し切る強さを見せていますし、1800mでロンスパとなると基本的に厳しい事が多いのが現実。

だからといって1800mを基礎スピードで押し切れるかはこれまでの戦績からは完全な未知数で人気するなら期待感より不安が勝つかな。

クリノガウディ―

朝日杯FSは前後半3F35.3-34.4かつ縦長馬群でスローペースの競馬。ラスト4F11.8-11.3-11.2-11.9で早めの仕掛けで直線出し切る展開に。

インを立ち回って直線少し進路取りの為、外に出してからはアドマイヤマーズと同様の伸び脚で2着好走。要所の反応も良かった。


東スポ杯2歳Sは前後半3F36.2-34.6のスローペースでラスト5F11.9-11.6-11.6-11.4-11.6のロンスパ戦。

これを2番手で進めてラスト1Fまでは先頭でしたが、ラスト1F止まってしまい7着に。

それでもラスト2Fでは一脚使ってますし、長く脚を使いながら一脚なので実質1番強かったとも言える内容。


アドマイヤマーズと比較しても位置取り一つでと思える内容でしたし、現状は世代内でも結構上位評価できる馬だと考えています。

ただ流れたペース、もしくは中盤早くなるラップで後半要素を引き出せるのかが少し不安が残ります。

東スポ杯2歳Sは仕掛けが早かった分、都合4Fこなしたとは言うものの確定的な要素ではないし、ここまでスローペースでの好内容。

能力は高く評価するもののスプリングSの展開傾向からは不安を覚える人気馬。あとは枠次第。

ロジャーバローズ

福寿草特別は前後半5F61.8-60.6のスローペース。中盤が結構緩んだ中からラスト4F12.0-11.7-12.1-12.1のロンスパ戦。

時計が掛かる馬場だったので、そこで結果を出せたのは注目も目立ったパフォーマンスではなかったか。


紫菊賞は特に緩む事も早くなる事もない淡々としたペース。ラスト4F12.0-12.0-11.9-11.9というロンスパ色の強いレース。

アドマイヤジャスタと大きな差がなかった点は評価したいが、インパクトのある内容ではなかったかな。


ここまでラストの瞬発力を求められるようなレースはなく、前目からロンスパ気味の競馬で結果を出している。

そこから考えれば、今の段階では時計が早くなるレースや瞬発力が求められるレースでは信用できないが、スプリングSの傾向はマッチしそう。

1800mでポジション取れるかが鍵にはなるが、先手を取って瞬発力問われない流れを作れれば展開は問題なさそう。

後は能力自体が通用するかだが、この辺は人気と相談。人気薄なら面白い存在なのは間違いないが。

ヒシイグアス

若竹賞は前後半3F38.0-34.7の超スローペース。これを逃げたがもう少し積極的な馬がいればハナは切れていなかった程度の行き脚でした。

ラスト4F12.4-11.9-11.0-11.8のラスト2F最速の瞬発力戦で勝ち切り。ギアチェンジは優秀なところを見せた。


未勝利戦ではラスト5F11.6-11.7-12.2-12.0-12.7と中盤加速して直線で再加速するタフな展開。

これを逃げての勝ち切りは結構評価できる所だと思います。ただメンバーレベル低かったのは明らかで評価をどこまでかは微妙。


新馬戦では瞬発力戦で展開向いたとはいえラストドラフトと着差なしの2着はありますし、先行して好走するための必要なものはバランス良く揃っている感じがします。

未勝利戦でスプリングSに必要な要素はしっかり見せていますし適正面の信頼は大きいです。ただこれもまともな相手は新馬戦のラストドラフトのみなのが気がかり。

人気なければ面白い存在ではありますが、メンバーレベル上がって中盤の圧力も上がった中でどこまでやれるのかは半信半疑で扱いに悩む1頭。

シークレットラン

京成杯は前後半3F36.2-35.3のスローペースでラスト6F12.9-13.0-11.8-11.8-11.4-12.1と中盤緩んだ所から一気に加速して再度直線で脚を求められる展開。

これは映像を見れば簡単にわかるがラスト4F地点の加速に苦労して鞭が入っている様にギアチェンジには不安がありそうです。

この手の馬が直線で前の馬に一脚繰り出されるとお手上げ状態なので、どうにもならなそうな敗戦。


葉牡丹賞は前後半3F35.6-35.3の平均ペースで中盤も淡々としたペース。ラスト4F12.1-11.9-11.4-12.0でラスト2F最速の脚も求められた。

ここでは向こう正面の坂の下りからポジションを押し上げたことでギアチェンジの悪さは目立たずロンスパからの直線一脚でレコード勝ち。


未勝利戦もジワッと加速していきラスト3F最速戦のロンスパ色の強いレースでの勝利ですし、タイプはロンスパ型で良いと思います。

一気にギアを入れると最後甘くなるのは京成杯で見せているので、どこまで意識して中盤乗れるかが鍵。

後方から向こう正面で加速していく形ならここでも充分通用する。

まとめ

展開は問われるものの、レースメイクできる馬なので騎乗が折り合いさえすれば逆転チャンスあり!

スプリングSで例年好走するタイプなので人気しないなら積極的に狙いたい。

穴馬候補は

⇒A:人気ブログランキングへ