金鯱賞2019予想|過去の好走馬の追い切りパターン考察

金鯱賞2019の予想になります。

2019年の金鯱賞はかなり豪華なメンバーが揃う1戦となりました。

G1馬5頭を含み、この1戦自体がG1といえるほどのメンツ。

しかしあくまで前哨戦という立ち位置で次走のG1、本番を見据えた馬がゴロゴロ。

豪華なメンバーの前哨戦こそ当てにしにくいものもありませんので、しっかりどの馬が好走するのかは見極めておきたいところです。

本日は各馬の追い切り分析を行う前に、過去の金鯱賞で好走した馬の追い切りパターンを考察。

金鯱賞に適した追い切りを分析していきます。

好走パターン

2018年 金鯱賞

着順馬名最終追い切り
1着スワーヴリチャード栗東CW
2着サトノノブレス栗東CW
3着サトノダイヤモンド栗東CW

3頭とも栗東CWで最終追い切りを行っていました。追い内容は様々ですが、この3頭に共通していることが3つあります。

1つは前述した通り3頭ともCWで最終追い切りを行っているということ。そして、これまでの好走時と同様の最終追い切り過程だということです。

つまり、下手にこれまでとは違う過程を辿らずに安定した成績が出せる追い切り過程でした。

更に休み明け初戦だったということも共通点。

前哨戦でもありますし休み明けなのは当然かもしれませんが、共通項として挙げる事ができます。ちなみに、4着のヤマカツエースも最終追い切りCWで、これまで同様の追い切り過程でした。

2017年 金鯱賞

着順馬名最終追い切り
1着ヤマカツエース栗東CW
2着ロードヴァンドール栗東CW
3着スズカデヴィアス栗東CW

それでもこの3頭すべてがこれまで栗東CWで最終追い切りを行ったときに好走していましたので、これまで同様の追い切りパターンだったと判断できます。
ただこの年は他にこれといった共通項はありませんでした。この年もまた、栗東CWで最終追い切りを行った3頭が好走。

追い内容も様々でしたが栗東CWでの追い切りが功を奏しているような印象を受けます。

2016年 金鯱賞

着順馬名最終追い切り
1着ヤマカツエース栗東CW
2着パドルウィール栗東CW
3着サトノノブレス栗東CW
3着シュンドルボン美浦南W

ヤマカツエースや、サトノノブレスなど後好走する馬が出走しているだけに金鯱賞自体が中京2000mという特殊条件で開催されているというのもありますが、これまでの追い切りパターンを加味してもこのレースはリピート好走が目立つともいえまね。3着は同着で、その馬は美浦のWでの追い切りでしたが、栗東CW組が活躍しているのがわかります。この年は12月開催でしたが、このようにやはり栗東CWで最終追い切りを行った馬が好走。

ちなみにですがこの時の好走馬に関してもこれまで同様、変わりない追い切り過程で結果を出してきている各馬でした。

翌年の3月開催に替わってからと違うことは各馬が10月のレースを使われていたことです。

この時期の金鯱賞は休み明け初戦からというよりはある程度使ってきて、ここで年の最後を占めるような馬が多かったのかなと思います。

2015年 金鯱賞

着順馬名最終追い切り
1着ミトラ美浦坂路
2着ディサイファ美浦坂路
3着サトノノブレス栗東CW

この年は美浦坂路で最終追い切りを行われた馬が2頭好走。

16年以降はこの追い切りパターンで好走している馬がいませんので何とも言えないところではありますが、またもやサトノノブレスは走っています。

当然栗東のCWを使っていつもの好走パターンという追い切り過程でした。

更に美浦坂路で最終追い切りを行われた2頭に関してもこれまで同様に好走時の追い切りパターンで特に変わりない調整だったということが言えそうです。

このことまで考えるとやはり過去に実績のある追い切りパターンが重要だというコトが言えそうです。

2014年 金鯱賞

着順馬名最終追い切り
1着ラストインパクト栗東CW
2着サトノノブレス栗東CW
3着エアソミュール栗東坂路

1、2着馬はやはり栗東のCWで最終追い切りを行っていた馬達になります。

まあサトノノブレスはこれまで書いた通り度々好走してきていますので、金鯱賞が得意なレースだということは間違いないと思いますがそれでも栗東CWが好走パターンに変わりありません。

ここで始めて栗東坂路で最終追い切りを行われた馬が好走していますが2番人気の推されて3着まで。

勝ち切ったのは栗東CWで最終追い切りを行ったラストインパクトでした。

まとめ

過去5年分の好走馬の追い切りパターンを見ていきましたが、こうして見ると圧倒的に栗東CWで追い切りを行っている馬が好走しています。

金鯱賞の好走追い切りパターンは栗東のCWと決めてしまってもいいくらいでしょう。

特にここ2年、金鯱賞の開催が3月になってからは栗東CWで最終追い切りを行った馬しか来ていませんので、2019年の金鯱賞に関しても最終追い切り栗東CWで調整されている馬には注目ですね。

そしてサトノノブレスは過去5年で4度馬券に、ヤマカツエースは3度馬券になっていることからも金鯱賞はリピーターレースであることは間違いなさそうなので過去に金鯱賞で好走している馬、もしくは同じ中京2000mで好走している馬には注目と言えそうです。

最後に、これまで同様最終追い切り栗東CWで追い切り行われてくれば現時点ではこの馬に注目です。⇒人気ブログランキングへ