【フィリーズレビュー】過去10年データ分析

フィリーズレビューに関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

中山競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%7175
2番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%9494
3番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%12187
4番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%038
5番人気0- 0- 3- 7/ 100.0%30.0%095
6番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%185169
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%071
8番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%495135
9番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%26250
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%090
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%0552
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
15番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%0222
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
18番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00

注目ポイント

1番人気複勝率50%に留まり、更に過去10年で僅か2勝。

上位人気~下位人気まで満遍なくといったデータで、穴目もしっかり台頭してくる荒れ傾向がかなりあるレース。

二桁人気の台頭もあるので、人気に惑わされない能力適正評価が重要です。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
川田将雅2- 0- 0- 5/ 728.6%28.6%45194
M.デム2- 0- 0- 2/ 450.0%50.0%18582
武豊1- 1- 2- 3/ 714.3%57.1%80170
北村友一1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%557115
藤岡佑介1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%462162

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠2- 1- 1-16/2010.0%20.0%16473
2枠2- 0- 1-17/2010.0%15.0%3930
3枠1- 2- 1-16/205.0%20.0%13185
4枠1- 0- 1-18/205.0%10.0%9241
5枠1- 2- 2-15/205.0%25.0%11165
6枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%38287
7枠0- 3- 3-18/240.0%25.0%0155
8枠2- 1- 1-20/248.3%16.7%3057

注目ポイント

回収率を見ると100%超えの枠が多数ありますが、人気薄がかなり台頭しやすいレースなので、このデータ母数では振れ幅が大きくそれで判断するのは危険。

やや内枠優勢が目立ちますが、複勝率まで見ると外枠まで差はありませんし、明確に枠だけでの有利不利の判断は付きにくいデータ。

過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①前走G1×前走4角7番手以内 3- 1- 4-10/1817%44%153526
②前走G1×2人気以内 2- 2- 2- 3/ 922%67%101117
③距離短縮×3人気以内 3- 4- 2- 9/1817%50%75102
④前走上り3位以内×前走500万下×関西馬 4- 2- 2-21/2914%28%11796
  1. 前走G1で先行できた馬はここでも中心
  2. 前走G1で今回も人気している馬は信頼可能
  3. 距離短縮の人気馬も信頼できる数値
  4. 前走上り上位の昇級馬は穴馬候補

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①10人気以下(前走G1で4角7番手以内は除く) 0- 0- 1-72/730%1%012
②明け3戦目以降 0- 0- 1-36/370%3%012
③距離延長 0- 0- 0-26/260%0%00
  1. 前走G1で先行できていない人気薄の逆転は難しい
  2. 過去には好走例あるが近年のトレンドではない
  3. 同様にトレンドからは外れるデータ

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • コーディエライト:①
  • リバティハイツ:④
  • アンコールプリュ:④
  • レッドシャーロット:④
  • アリア:④
  • メイショウコゴミ:④
  • デルニエオール:④

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • メイショウコゴミ:①
  • アリア:①②
  • レッドシャーロット:②③

という事で、残ったのが

  • コーディエライト
  • リバティハイツ 8人気1着
  • アンコールプリュ 2人気2着
  • デルニエオール 5人気3着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連64080円680%
馬単129680円807%
3連複49140円2285%
3連単2456610円2359%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201411.9-10.9-11.8-12.1-11.7-11.4-12.558.459.534.635.6
201512.2-11.0-11.5-12.0-11.7-11.8-12.358.459.334.735.8
201612.2-11.2-11.6-12.2-11.7-11.5-11.758.958.735.034.9
201712.0-10.2-11.3-12.0-11.8-11.7-12.057.358.833.535.5
201812.3-10.3-11.1-11.7-12.0-11.9-12.257.458.933.736.1

傾向分析

前半5F-後半5Fで過去5回前半の方が早く、前半3F-後半3Fでもほぼ前半の方が早いので完全なハイペース傾向。

ポイント①
・ハイペース傾向強い

前半から早いペースを刻むもののラスト2Fで1段階加速する流れが基本。流れたペースから脚を引き出せるのかが好走の鍵でしょう。

スローペース特化型はここでは厳しいです。

ポイント②
・スローペース特化型は厳しい

・基礎スピード重要

スローペース特化型はラスト2F最速戦での好走に加えて、平均以上のペースでの敗戦が見分けるポイント。

基礎スピードタフな流れへの適正は前半の方が早いラップや、中盤から11秒台を刻む淡々とした流れでの好走がポイント。

スローからのラスト2F最速戦で瞬発力負けした馬の巻き返し注意。

まとめ

ポイント
  • ハイペース傾向強い
  • 前走上り上位の昇級馬が穴傾向

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【金鯱賞】過去5年データ分析 【中山牝馬S】過去10年データ分析