弥生賞2019追い切り分析|皐月賞を目指し万全態勢のあの馬とは?

今週は皐月賞トライアル弥生賞が開催。

皐月賞と同舞台で開催される一戦ということもあり毎年かなり注目を集める。

昨年は弥生賞勝ちのダノンプレミアムはダービーに直行、2着ワグネリアンは不発となったが

本番に向け重要な1戦なのは間違いないところだろう。

2019年はやや手薄なメンバー構成になったことは否めないが、

京成杯を含め2連勝中のラストドラフトやホープフルS3着ニシノデイジー、5着ブレイキングドーンと

それなりに力ある馬が揃っている。しかし、賞金を加算必須の馬は他にも?

本日は弥生賞にスポットを当て、追い切りから仕上がりのいい馬を予想していきます。

各追い切り場の最終追い切り時見解

【栗東CW 重馬場】

全体的に時計の掛かっている状況で、ラスト1ハロンで12秒を切るのも難しい。

OPクラスの追い切りの動く馬でも全体時計で80秒台は掛かるような状況なので時計が出ていないからと評価を落とすのは危険。映像が見れれば動き、少なくても縦の比較で調教パターンでの判断が鉄則。

【栗東坂路 良馬場】

比較的時計のでる馬場状況かなと思うところもありますが全体的にはタフで上りの掛かる状況。

ただ、幾分高速馬場だった2週前などと比べると時計面からの評価もしやすくなっている。

上り掛かるタフ馬場なのでしっかり加速ラップを踏めていれば必然的に評価してもいいかも。

【美浦南W 良馬場】

幾分上りの掛かるタフ馬場のような印象も受けますが、未勝利、500万クラスの馬でも全体時計で50秒を出せる状況なので時計が出ていると判断してもいいでしょう。

もちろんハロー明けなどの区別は必要ですが、時計が出ているからと一概に評価してしまうのは危険な気がします。

【美浦坂路 良馬場】

比較的平均馬場という感じ。追えば時計は出るし、意識しなければそこまでいい時計は出ないかなという馬場。

ただ追い内容と比較して時計からの評価もできる馬場状況かなとは思います。

出走馬の追い切り見解

カントル

【栗東・CW / G前追】
<83.9‐68.0-52.6-38.9-12.1>

『評価 B』

G前一杯に負荷をかける追い切り内容でも12.1秒。まあカントル自体がCWでそこまで切れる馬ではないので時計面からは水準と考えるのが妥当でしょう。

前走時もこのくらいの内容で勝利しているし、弥生賞でも力を出せると判断してもいいと思います。

ただ、ここ3戦は最終追い切りに本番でも手綱を握る鞍上が騎乗しての追い切りでしたが今回はミルコ起用で、最終追い切りは荻野騎手。1週前追い切りでミルコは騎乗していますが、この点がこれまでとは少し違うかなと思います。

ただ嫌うほどの材料ではないので普通に評価が必要になってくると判断しています。

サトノラディウス

【美浦・南W / 馬也】
<69.5-53.9-38.9-12.5>

『評価 B』

一週前追い切り、最終追い切り共に美浦のWコースで馬也の調教ですが、これはこの馬のいつものパターンなので悲観する必要はないでしょう。

ただ、カントルもそうですがここで攻め強化という点が見られませんので前走から特出して評価をあげるということができないですね。

ただ今の美浦Wの馬場状況でラスト1ハロン12.5秒を出してきたのは評価できる点かなと思いますし、逆に追い切り懸念する部分がないというのはいい材料になります。

国枝厩舎は外厩から自厩舎で馬也で微調整というのがパターンの厩舎なので、弥生賞のサトノラディウスに関しても評価は普通に必要と考えられます。

ニシノデイジー

【美浦・南W / 馬也】
<68.8-53.0-37.9-12.7>

『評価 B』

言ってみればニシノデイジーもこれまでの追い切り過程と何ら変わりない最終追い切り美浦のWで馬也の調教内容ですが、それまでの過程に意欲的なものを感じます。

1週前追い切りでは同じく美浦のWで6Fから追い切っているのですがこのパターンは初のこととなりますし、時計面もこの日の馬場や他馬との比較で速いものだと判断できます。

2週前追い切りでもG前しっかり負荷をかけられての調整とこれまでと比較すると力が入っているなという印象を受けました。

少なくても前走のホープフルS時よりも仕上がりがいいと判断していいでしょう。

既に皐月賞に出走するだけの賞金はもっているので弥生賞は前哨戦という立場ですが侮れない1頭になりそうです。

ブレイキングドーン

【栗東・CW / 一杯】
<81.0-65.7-51.7-38.4-12.8>

『評価 A

1周前追い切り、最終追い切り共に栗東のCWで追い切りを行われ正直時計は大したことないですね。1週前追い関して言えばしっかり負荷をかけられて一杯に追われたものの、幾ら重馬場だったからとはいえラップが酷いもの。

しかし、二週続けてしっかり負荷をかけられての追い切りというのは重賞で2着で好走した京都2歳時と同様の追い切りパターン。

前走時は一週前CWで一杯、最終追い切り坂路で軽め⇒結果、凡走でしたので弥生賞では勝負時のパターンに持ってきたと判断してもいいでしょう。

実際京都2歳Sの2着の結果があるので皐月賞には出走がギリギリ叶うところでしょうが確定させるためにも弥生賞でなんとかというところでしょう。

ラストドラフト

【美浦・P / 馬也】
<65.5-51.0-38.3-12.1>

『評価 B』

最終追い切りPコースというのは前走時と同じで、1週前追い切り美浦Wというの同じ。

内容に関しても大差ありませんし、むしろ今回の方が動けているのかなというくらいの印象を受けます。

まだデータが浅いのでどれが万全かというのがわかり兼ねる部分ではありますが、少なくても前走時より悪いという印象は受けませんし、むしろこの調整で結果が出ているので普通に評価してしかるべきでしょう。

この馬の場合その他の要素からも弥生賞では評価の必要な1頭と判断できます。

まとめ

2019年の弥生賞で『A評価』としたのは

ブレイキングドーン

のみとなりました。

その他各馬に関しては一長一短な印象を受け、追い切りから特別評価して買った方がいい馬などはいなかったですね。

各馬の仕上がり具合が横一線ならそれこそ、このサイト上に上がっているラップ分析や単純な能力比較が役に立ってきそうな気はします。

それでは最後にA評価を与えたブレイキングドーンの他に、追い切り分析から評価できる馬を人気ブログランキングの紹介欄に掲載しておきます。

C:人気ブログランキングへ