チューリップ賞2019予想|ダノンファンタジーに勝てる馬を狙う!

考察記事はこちらから↓
チューリップ賞2019ラップ分析|ダノンファンタジーが負けるタイプとは?

チューリップ賞2018予想

◎メイショウショウブ

人気ブログランキングへ

▲ダノンファンタジー

△シゲルピンクダイヤ

本命メイショウショウブ

阪神JFでは平均ペースでラスト3F最速の11.0-11.8-12.2という非常にタフなレース展開で逃げ先行馬は大崩れした中での唯一の粘り込めたといっていい内容で、これは実は高評価すべきレース。

デイリー杯2歳Sでは極端なスローペースからのラスト2F最速の瞬発力戦。これをアドマイヤマーズ比較では外から勝ちに行って、ラスト1Fの伸びで2着。

ラスト3F11.6-10.8-11.5でギアチェンジを求められて対応もできたし、2歳牡馬チャンピオンのアドマイヤマーズにこの差は大きく評価したい。

ノーブルスコアに敗れた未勝利では平均ペースに流れて、直線の瞬発力があまり問われなかった展開でバテ差し気味で差されて3着。

これらをまとめると、スローからの瞬発力戦が得意と仮定できます。

それでも阪神JFで6着と大崩れまではしなかった様に、能力自体が世代間では上位の可能性が高いです。

 

そして相手の本線は枠が嫌な所に入りましたがダノンファンタジーで仕方ないでしょう。

ここは枠が嫌な所に入りましたが、3着内にはまとめてくれる可能性は高いです。

 

このダノンファンタジーが嫌な枠に入った分、穴で狙いたいのは⇒

人気ブログランキングへ

メイショウショウブと同タイプの適正なので、こちらが上位に来る可能性もなくはないです。