弥生賞2019ラップ分析|無敗馬ラストドラフトは本当に強いのか?

今週は皐月賞の前哨戦弥生賞が開催される。

展開から有力馬分析までをラップから考察していきます。

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-11.0-12.2-12.8-12.8-11.9-11.9-12.3-11.9-12.261.260.235.636.4
201512.5-11.4-12.3-12.4-12.7-12.0-12.1-12.1-11.9-12.461.360.536.236.4
201612.5-10.5-11.3-12.2-13.0-12.8-12.5-12.5-11.3-11.359.560.434.335.1
201712.4-11.4-12.8-13.2-13.4-12.7-12.3-11.9-11.4-11.763.260.036.635.0
201812.5-11.0-12.5-12.8-12.7-12.4-12.8-11.7-11.0-11.661.559.536.034.3

ペース想定

前後半3Fと5Fを見ると近5年中4年がスローペース。

2016年は映像も確認すると前半はケンホファバルトが流していったが、後半の仕掛けはかなり遅くラスト2F過ぎからで、数値上はハイペースですが、実質はスローからの瞬発力戦。

という事で、近5年は2014年を除いて全てスローペースに該当する。

結論:スローペース傾向

展開想定

ラスト2F最速が近5年で4回がラスト2F最速が主流傾向です。

2014年のみ平均からの競馬で直線での一脚を求められる展開になっていますが、傾向としては近年は特にスローからの瞬発力戦が強いでしょう。

結論:主にラスト2F最速の瞬発力戦が中心傾向

メンバーからの展開予想

逃げ先行馬の中にわざわざペースを流したいという程の馬は見当たりません。

どれも番手思考ですし、前が競ってペースが引き上げられるという可能性も高くはないメンバー構成でしょう。

中団勢ではニシノデイジーが流れたペースからの脚で結果を出してきているので、スローから外で運べればやや早めの仕掛けをしてくる可能性はある。

前哨戦ではあるのでそこまで強引な競馬はしてこないかもしれないが、瞬発力戦では新馬戦でも敗れているのでロンスパ競馬になる可能性も想定が必要。

有力出走馬ラップ分析

ニシノデイジー

ホープフルSは前後半3Fではスローペースだが、5Fで見るとハイペース水準という平均的に脚を求められるロンスパ競馬。

仕掛け所でも内で包まれたままで直線を迎えて、直線でも進路の確保を手こずってラスト1Fで伸びたものの3着止まり。

東京スポーツ杯2歳Sも前後半3Fでは1.6秒のスローペースからのラスト5F11.9-11.6-11.6-11.4-11.6のロンスパ競馬。

内枠からインを立ち回り、ここでは流れに乗って直線へ向けました。直線では外に持ち出しながら最後まで脚を使っての勝ち切り。

しかし、一度外からヴァンドギャルドに差される所を見せましたし、ギアチェンジは見劣りを見せたレース。

札幌2歳Sでは前後半3F36.0-37.6で完全なハイペース。後方から一気に捲って最後まで踏ん張っての勝ち切り。

これまでの戦績からは流れたペースからも脚を引き出せる基礎スピードに加えて、ロンスパ性能の高さを見せています。

しかし、ギアチェンジやトップスピードと言った瞬発力は最上位級とは言えない馬です。

小回りでスローペースとなれば馬群が固まる可能性高く、ここを勝つなら乗り方は結構求められるタイプ。

ラストドラフト

京成杯はポジションを主張して2番手を確保。

スローペースからラスト4F11.8-11.8-11.4-12.1でロンスパ競馬と言いたい所ですが、ラスト5F13.0と大きく緩んでいます。

ロンスパ性能を高く評価するまでには至りませんが、早いタイミングでの仕掛けからラスト2F最速の瞬発力戦に対応できた事は高く評価。

新馬戦は4秒以上の極端な超スローペースで先行しての勝ち切り。ラスト4F12.7-11.5-10.9-11.1の完全な直線競馬でした。

ラスト1Fで差し切っているので、勝因は新馬戦のメンバー比較での瞬発力の高さとそれを2F持続できた点。

ただロンスパ性能を高く評価するにはデータ不足ですが、現時点ではスローからの瞬発力勝負に長けたタイプながらもある程度のロンスパ性能も持っていると考えます。

展開的には極端なロンスパ競馬でも、前で受けられるので3F脚を使えるならポジション差で押し切れますし3着内の信頼感は高い。

ただ、瞬発力もロンスパ性能も共に突き抜けた武器ではなく、高い次元で後半要素がまとまっているイメージなので、極端なラスト2F最速戦やロンスパではなく総合力勝負が理想。

カントル

セントポーリア賞は前が離して逃げた上で前後半3F3秒近いスローペースなので超が付くレベルのスローペースです。

そこからラスト4F12.6-11.1-11.0-11.6の直線出し切る競馬。瞬発力とロンスパに関してはある程度見せられた。

500万下では平均ペースからのラスト3F最速を後方から差して3着。

1.2着馬比較で最後まで差を詰めていますし、ロンスパ性能は見せられましたがポジション差が響いた敗戦。

未勝利でもロンスパ競馬での勝利ですし、現時点ではロンスパに適正がある馬という評価です。

スローペースである程度の位置を確保してそこからラスト4F戦に持ち込んでどうかという馬。

その点デムーロ騎手は馬の特性ありきの騎乗を期待できるので、展開面は何とかなりそうです。

ただニシノデイジー、ラストドラフトもその競馬を得意としていますし、そこと単純な地力比べとなった時にどこまで信頼できるか。

サトノラディウス

梅花賞では中盤がかなり緩くラスト3F最速という後半要素を大きく問われる展開。これを差し切っているので距離適性とロンスパ性能に関しては一定の評価はしたい。

しかし、気になったのはコーナーで外に大きく膨らんでしまいポジションを下げた点。コーナリングにはやや難が見られました。

葉牡丹賞は平均ペースをやや捲り気味に進めたので、おおよそですがラスト3F最速に近い競馬をしました。

ここでもコーナーで膨らんでしまうロスがあり、不器用な印象は強いです。

新馬戦は前後半3F7秒近い超超スローペース。ラスト3Fからの加速にはジワッと乗れていますしコーナーで外に振られる事はありませんでした。

ラスト3F出し切る競馬で勝ち切りでロンスパはここでも見せました。

これは今後で判断したいですが、少なくとも右回りだとコーナリングに不安があります。

こうなってくると、ラスト4Fからのロンスパには対応できるものの外に膨らむロスで直線再加速となると相当な後半要素を求められます。

葉牡丹賞は平均ペースではありますが、ロスありきで敗れている事を考えるとロス分加味しても勝ち切る程の後半要素はないというレベルでしょう。

ギアチェンジはコーナリングなどの不器用さから考えるとないというのが妥当です。

極端なロンスパ、もしくは平均からでも脚を引き出せたという事で相対的に優位に立てる流れた場合は狙いも立ちそうですが、注文は多い馬。

まとめ

今回はロンスパ競馬に対応できる馬が人気馬に偏った印象です。

ただ前哨戦の弥生賞でそこまで積極的に乗る騎手がいるのかが予想の鍵でしょう。

ただし、展開がどうなってもある程度信頼できる馬が1頭います。

その特徴を持った馬は⇒B:人気ブログランキングへ