チューリップ賞2019ラップ分析|ダノンファンタジーが負けるタイプとは?

今週は桜花賞の前哨戦チューリップ賞が開催される。

展開から有力馬分析までをラップから考察していきます。

展開予想

枠順確定前ですが、過去ラップとメンバーからある程度の目安を付けていきます。

過去傾向

近5年の傾向をまとめていきます。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-11.0-11.9-12.0-12.1-11.5-11.4-12.059.459.035.334.9
201512.5-11.2-12.2-12.6-12.9-12.2-11.5-12.661.461.835.936.3
201612.2-11.0-11.4-12.2-12.1-11.2-11.1-11.658.958.234.633.9
201712.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.958.659.034.234.6
201812.6-11.2-11.6-12.1-12.0-11.7-10.7-11.559.558.035.433.9

ペース想定

前後半3Fと5Fを見る限りスローペースもあるが極端なものは少なく平均ペースも十分に考えられるレース。

しかし、昨年は1.5秒のスローペースで、一昨年も結構縦長のレースでしたし、実質のペースはスローペース寄りが主流。

しっかり平均で流れたのは重馬場の4年前だけなので、メンバー次第ではあるものの傾向はスローペース傾向。

結論:スローペース傾向

展開想定

ラスト2F最速が近5年で5回がラスト2F最速はほぼ間違いない傾向です。

直線が長く坂もある外回りコースなので、ラスト3Fから早くなる展開も十分想定されますし、中団以降の馬はロンスパ適正も必要になります。

スローからの瞬発力戦が得意な前受けの馬は勝ち切ろうにもロンスパ適正ある馬にやられやすいコースではあります。

結論:ロンスパ傾向あり

メンバーからの展開予想

ここまでの戦績からペースを流しても良さそうな馬はメイショウショウブのみ。

それでも明確に流した方がいいタイプでもないし、コース的にそこまで先手を積極的に奪いたくないのでペースを引き上げるかは疑問。

メイショウショウブ以外の伏兵馬がペースを流していったとしても、有力各馬は直線で差し切れると踏んで突っついたりはしないでしょうし、スローペースに落ち着く可能性が高いと思います。

メンバーから考えても、過去傾向から考えてもスローペースの可能性が高そうです。

ラスト2F最速の可能性も高いでしょうが、ともかくラスト3Fで出し切るレース展開が想定されます。

有力出走馬ラップ分析

ダノンファンタジー

阪神JFの勝ち馬で現在世代の頂点にいる馬。

その阪神JFでは、前後半3F34.8-35.0の平均ペースで流れた展開。ラスト3F11.0-11.8-12.2のラスト3F最速の出し切るレースでの差し切り勝ち。

コーナーでは置いて行かれて直線のみの競馬で豪快に差し切る大味な競馬。最後まで脚は鈍らせなかったロンスパ性能は評価できるでしょう。

ファンタジーSでもラスト2F最速戦ではあるものの11.5-11.3-11.4の極端に加速するポイントはなく、長くいい脚を使う様な展開。

ここでもコーナーでは外に振れてしまい直線のみの競馬での勝ち切り。

未勝利時はギアチェンジも見せていたが、コーナーで外を回しながら加速では少し外に振れてしまう所がある。

それでも今回は阪神外回りですし、後半要素を出し切る競馬でいいですし今回も合うでしょう。

ドスローで前の馬の出し抜きをくらう可能性は警戒したい人気馬。

シェーングランツ

阪神JFでは、前後半3F34.8-35.0の平均ペースで流れた展開。ラスト3F11.0-11.8-12.2でロンスパ適正が求められたレース。

直線では進路を探すのに時間が掛かり、進路確保後は一気に伸びたがロスが響いた。

アルテミスSは明らかに行き脚が付かず後方からの競馬。全体は平均で流れたレース。

直線で前の馬が伸びあぐねた所にバテ差しを決めたが、東京の直線を目一杯使っての差し切りでギアチェンジなどは微妙。

完全なロンスパ系の馬で器用さは感じないタイプ。そういった意味では阪神外回りはベストに近いコース。

しかし、直線の進路確保に手こずった阪神JFの負け方はいつでも想定されるので危うさは付きまとう。

ノーブルスコア

エルフィンSでは前後半3Fで1.6秒のスローペース。ラスト3F12.0-11.1-11.5のラスト2F最速の瞬発力戦になった。

ラスト2Fのギアチェンジを求められたタイミングでは明確に置いて行かれてしまい、ラスト1Fで差を縮めての3着。

このレースを見る限りはギアチェンジの悪さからスローペースの瞬発力戦は向かなかった可能性がある。

紅梅Sでは平均ペースで進んでコーナー外を回すロスがあった競馬。

最後まで脚は使ったが直線で差を詰め切る事ができず3着までとトップスピードの足りなさが出た。

前目からロンスパ寄りの競馬が最もいいが紅梅Sの様に1400mだと後方からになり差し切るだけの脚はない。

今回のスローペース想定で阪神外回り自体は悪くないが、前受けが条件にはなりそう。

ラスト2F地点で置かれる可能性はあるし、勝ち切りには乗り方が大きく求められる馬。

メイショウショウブ

阪神JFでは6着と凡走をしてしまいました。

しかし、平均ペースでラスト3F最速の11.0-11.8-12.2という非常にタフなレース展開で逃げ先行馬は大崩れした中での唯一の粘り込めたといっていい内容で、これは実は高評価すべきレース。

デイリー杯2歳Sでは極端なスローペースからのラスト2F最速の瞬発力戦。これをアドマイヤマーズ比較では外から勝ちに行って、ラスト1Fの伸びで2着。

ラスト3F11.6-10.8-11.5でギアチェンジを求められて対応もできたし、2歳牡馬チャンピオンのアドマイヤマーズにこの差は大きく評価したい。

ノーブルスコアに敗れた未勝利では平均ペースに流れて、直線の瞬発力があまり問われなかった展開でバテ差し気味で差されて3着。

これらをまとめると、スローからの瞬発力戦が得意と仮定できます。

それでも阪神JFで6着と大崩れまではしなかった様に、能力自体が世代間では上位の可能性が高いです。

まとめ

伏兵馬の台頭には前からの出し抜きが中心で、直線競馬では阪神JF組に軍配が上がりそうなメンバーです。

ダノンファンタジーの能力はやはり高く、ここでも中心は間違いなさそう。

このダノンファンタジーのタイプが足元をすくわれる馬には特徴があります。

その特徴を持った馬は⇒A:人気ブログランキングへ