【小倉大賞典】過去10年データ分析

小倉大賞典に関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

小倉競馬場コースデータ

※準備中

年齢

年齢着別度数勝率複勝率単回値複回値
4歳3- 2- 2- 18/ 2512.0%28.0%4251
5歳4- 1- 4- 30/ 3910.3%23.1%13477
6歳1- 2- 1- 37/ 412.4%9.8%1365
7歳2- 3- 2- 20/ 277.4%25.9%133113
8歳0- 2- 0- 13/ 150.0%13.3%043

注目ポイント

回収率で見ると、4歳はやや過剰人気気味に感じる数値。

複勝率で見ると、6歳が不振ですが7歳の複勝率は高く高齢馬がノーチャンスというデータではありません。

年齢で取捨を行うというよりは、年齢に左右されない意識を持つためのデータと言えます。

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%5072
2番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%5755
3番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%5425
4番人気1- 0- 2- 7/ 1010.0%30.0%7885
5番人気1- 0- 4- 5/ 1010.0%50.0%163170
6番人気2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%303137
7番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%339109
8番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%089
9番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%060
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%056
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%050
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%081
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
15番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%0166
16番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%00

注目ポイント

1番人気を含めて上位人気は水準以下のデータになっています。

逆に5~7番人気が回収率、複勝率ともに高くやや人気を落としている馬が中心になる傾向。

二桁人気も好走歴あり、波乱傾向が強いレースという意識は重要。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
川田将雅3- 0- 0- 1/ 475.0%75.0%267122
秋山真一2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%502140
藤岡康太1- 2- 0- 3/ 616.7%50.0%335285
川須栄彦1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%40792
大野拓弥1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%1060320

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠2- 4- 2-12/2010.0%40.0%97135
2枠1- 1- 1-16/195.3%15.8%1445
3枠2- 1- 1-16/2010.0%20.0%8049
4枠2- 0- 1-17/2010.0%15.0%12049
5枠1- 0- 1-17/195.3%10.5%10366
6枠0- 0- 4-16/200.0%20.0%059
7枠1- 3- 0-16/205.0%20.0%1165
8枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%100113

注目ポイント

複勝率に加えて、勝率まで見ると内枠優勢傾向が見て取れます。

外枠でも決して、消しラインまでのデータではありませんが傾向はありと見ていいでしょう。(詳しい枠分析は下記へ)


過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関西騎手×牡馬×1~5人気 5- 2- 3-14/2421%42%13599
②5歳×牡馬×1~9人気 4- 1- 4-19/2814%32%186108
③7歳×単勝30倍以上×前走人気1~9人気 2- 2- 2- 4/1020%60%360247
④前走4角4番手以内×距離短縮 6- 2- 2-23/3318%30%164122
⑤前走4角7番手以内×牡馬×1~5人気 5- 3- 6-17/3116%45%111109

関西騎手×牡馬×1~5人気

関西騎手の上位人気は一定の信頼できる

 

5歳×牡馬×1~9人気

5歳牡馬は中穴まで幅を取ってもいい数値

 

7歳×単勝30倍以上×前走人気1~9人気

7歳でも前走一定の人気があれば伏兵候補

 

前走4角4番手以内×距離短縮

前走逃げ先行で距離短縮は穴パターン

 

前走4角7番手以内×牡馬×1~5人気

上位人気は中団までなら狙えるライン

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①4歳×6人気以下 0- 0- 0-13/130%0%00
②斤量53kg以下×牡馬 0- 0- 0-13/130%0%00
③前走4角3番手以下×乗り替わりなし×4人気以下 0- 0- 0-26/260%0%00
④前走OP特別×前走2着以下×6人気以下 0- 0- 0-18/180%0%00
⑤単勝15倍以上×4,5歳 1- 0- 0-24/254%4%8024

4歳×6人気以下

4歳で人気していないとここでは厳しい

 

斤量53kg以下×牡馬

低斤量牡馬は好走なし

 

前走4角3番手以下×乗り替わりなし×4人気以下

前走3番手以下で継続騎乗の人気薄は軽視

 

前走OP特別×前走2着以下×6人気以下

前走OP特別組は基本的に厳しいデータ

 

単勝15倍以上×4,5歳

高齢馬以外で人気していないと狙えない

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • トリオンフ:①④⑤
  • ダッシングブレイズ:①⑤
  • ダノンメジャー:①⑤
  • サトノスティング:③
  • クインズミラーグロ:④
  • ヤマカツライデン:④
  • スズカデヴィアス:⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • サトノスティング:②

という事で、残ったのが

  • トリオンフ 1人気1着
  • ダッシングブレイズ
  • ダノンメジャー
  • クインズミラーグロ 15人気2着
  • ヤマカツライデン
  • スズカデヴィアス 4人気3着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連1514620円975%
馬単3019180円639%
3連複2034380円1719%
3連単120163430円1362%

サンプル:2017年

注目特選データ該当馬
  • アルバートドック:①
  • ネオリアリズム:①②⑤
  • マイネルフロスト:②⑤
  • メドウラーク:②
  • ダコール:④
  • ハピネスダンサー:⑤
  • ベルーフ:⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • メドウラーク:④⑤

という事で、残ったのが

  • アルバートドック 2人気1着
  • ネオリアリズム 5人気3着
  • マイネルフロスト
  • ダコール 6人気2着
  • ハピネスダンサー
  • ベルーフ
券種(BOX)点数配当回収率
馬連152700円180%
馬単304910円164%
3連複208620円431%
3連単12045220円377%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.5-11.2-12.2-12.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.859.457.235.934.6
201512.3-11.2-12.4-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.759.760.335.936.9
201612.4-11.2-11.9-12.0-11.9-12.0-11.5-11.7-12.159.459.235.535.3
201712.2-11.1-11.5-11.4-11.4-11.7-11.7-11.9-12.957.659.634.836.5
201812.3-11.1-11.8-11.9-12.4-12.1-11.6-11.1-11.859.559.035.234.5

傾向分析

前半5F-後半5Fでは過去3回が前半の方が遅く、前半3F-後半3Fでも過去3回前半が遅いので、これによりスローペース傾向にあるレースと言えます。

しかし、2回はハイペース水準ですし、前半の方が遅い3回の内でも平均にかなり近いラップ構成なので平均ペースまでの対応力はあって欲しい。

ポイント①
・スローペース傾向あり

・メンバー次第でハイペースも視野

ラスト2F最速戦は2018年のみで、他はそれより手前の段階で最速が入っており、主にコーナーで最速が問われているので、コーナーでの立ち回りが重要なレースと言えます。

また、中盤から流れる事も多く見受けられるので、基礎スピードの高さも求められるレースです。

ポイント②
・基礎スピード必要

・立ち回り力求められるレース

基礎スピードの高さを見抜くには前半の方が早いラップや、中盤から11秒台を刻む淡々とした流れでの好走がポイント。

立ち回り力の有無は視覚的情報が重要だが、過去ラップからだけで言うならば、ラスト4F内で大きく加速したレースで好走している中での好走ができた馬は立ち回り力も備えている事が多いです。

枠分析

枠の有利不利は結局配置された馬の強弱に大きく影響されます。

もちろん簡易的に見分けることは出来ますが、本当に評価すべき枠、評価を落とすべき枠はもう少し細かい分析が必要になります。

ここでは実際に配置された馬の人気も加味したデータと分析をします。

自らの予想のエッセンスとしてはこちらを加えてこそでしょう。

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠2- 4- 2-12/206.7着5.4人気34211
2枠1- 1- 1-16/198.5着7.5人気41014
3枠2- 1- 1-16/207.6着7.4人気10415
4枠2- 0- 1-17/208.9着9.2人気02216
5枠1- 0- 1-17/198.7着9.2人気01018
6枠0- 0- 4-16/209.9着9.0人気10019
7枠1- 3- 0-16/208.7着9.6人気11018
8枠1- 1- 0-18/208.4着10.0人気01217

傾向分析

平均人気と平均着順の関係から見ると、平均着順の方が上回っている外枠の方がむしろ良く映ります。

しかし、これはデータの罠

当然この考え方は間違ってはいませんが、今回は違う可能性が高いです。

平均人気が内から外に行くにつれてほぼ比例関係で上昇しています。

この場合は内枠有利の意識が大衆に強くあり過ぎる事で内枠が人気になりすぎる傾向と言えます。

その中でも平均着順自体は1枠が抜けて1番良いですし、1枠有利は間違いないですが、回収率から見るとやや人気先行で1枠だけを理由に買うまでには至らないというのが結論になります。

まとめ

ポイント
  • 波乱傾向で二桁人気まで視野
  • 立ち回り力最重要

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【ダイヤモンドS】過去10年データ分析 【京都牝馬S】過去10年データ分析 【フェブラリーS】過去10年データ分析