【ダイヤモンドS】過去10年データ分析

ダイヤモンドSに関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

東京競馬場コースデータ

※準備中

年齢

年齢着別度数勝率複勝率単回値複回値
4歳4- 3- 4- 12/ 2317.4%47.8%81120
5歳3- 1- 1- 29/ 348.8%14.7%4333
6歳2- 1- 3- 25/ 316.5%19.4%619179
7歳0- 2- 1- 22/ 250.0%12.0%046
8歳1- 2- 1- 18/ 224.5%18.2%1248

注目ポイント

馬券の中心は圧倒的に4歳が優勢。複勝回収率も100%を上回っているので、意識的に買うのがデータ的にはいい。

6歳の回収率が突出しているが、これは単勝190倍のケイアイドウソジンが1頭で大きく引き上げているので数字程の評価は不要。

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気6- 1- 0- 3/ 1060.0%70.0%179104
2番人気2- 2- 2- 4/ 1020.0%60.0%136128
3番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%015
4番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%6879
5番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%047
6番人気0- 2- 3- 5/ 100.0%50.0%0171
7番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%038
8番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%072
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%0127
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
12番人気0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%094
13番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
15番人気1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%2375411
16番人気0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%00

注目ポイント

基本的に1,2番人気を買えば儲かるレースと言えます。

紐までならば穴馬が1頭入る傾向にあるので、1,2番人気のどちらを軸にするか?そこから紐に入れる穴馬を探すのがベター。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
北村宏司3- 0- 0- 5/ 837.5%37.5%16870
内田博幸1- 0- 1- 6/ 812.5%25.0%5363
武豊1- 0- 1- 0/ 250.0%100.0%110225
吉田豊1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%2375411
ルメール1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%13570

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 2- 1-13/175.9%23.5%17123
2枠1- 0- 1-15/175.9%11.8%3936
3枠1- 2- 0-16/195.3%15.8%1000204
4枠0- 2- 3-14/190.0%26.3%072
5枠2- 0- 1-16/1910.5%15.8%7233
6枠0- 0- 1-19/200.0%5.0%019
7枠2- 1- 1-16/2010.0%20.0%2172
8枠3- 3- 2-12/2015.0%40.0%5376

注目ポイント

好走率を考えれば明らかに外枠が優勢なデータ。しかし、回収率で良いデータが現れているのは内枠。

まとめると、極端な傾向は現れておらず馬毎の評価が最優先という事が表されています。

(詳しい枠分析は記事下部へ)

過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関西馬×関西騎手×6人気以下 0- 1- 3- 7/110%36%0206
②4歳×関東馬×2人気以下 2- 2- 1- 5/1020%50%96157
③関東馬×馬体重減 4- 1- 3- 8/1625%50%100128
④単勝1~2人気 8- 3- 2- 7/2040%65%157116
⑤前走京都2400m×2人気以下 0- 1- 6-11/180%39%0156

※ケイアイドウソジンの勝利でデータのブレが大きく本質が隠れてしまうので、便宜上14人気までに対しての集計データです。

関西馬×関西騎手×6人気以下

関西からの参戦は穴パターンの1つ

 

4歳×関東馬×2人気以下

4歳関東馬は人気薄でも

 

関東馬×馬体重減

馬体重減の関東馬は信頼できる数値

 

単勝1~2人気

人気馬は逆らえず消去データで後に処理

 

前走京都2400m×2人気以下

前走京都2400mは紐穴候補

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①前走6着以下×前走6人気以下×2人気以下 0- 1- 1-39/410%5%038
②前走万葉S×斤量52kg以上×6人気以下 0- 0- 1-22/230%4%037
③1~2人気×間隔3週以内 0- 1- 0- 2/ 30%33%056
④単勝30倍以上 0- 1- 1-51/530%4%040

前走6着以下×前走6人気以下×2人気以下

前走人気薄凡走馬は逆転難しい

 

前走万葉S×斤量52kg以上×6人気以下

万葉S組は低斤量が条件に

 

1~2人気×間隔3週以内

間隔詰めた人気馬はイマイチ

 

単勝30倍以上

大穴の台頭は厳しいというデータ

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2017年

注目特選データ該当馬
  • ラブラドライト:①
  • ムスカテール:①
  • アルバート:④
  • カフジプリンス:④⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • ムスカテール:①④

という事で、残ったのが

  • ラブラドライト 6人気2着
  • アルバート 1人気1着
  • カフジプリンス 2人気3着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連32040円680%
馬単62660円443%
3連複11870円1870%
3連単69850円1642%

サンプル:2017年

注目特選データ該当馬
  • シャンパーニュ:①
  • フェイムゲーム:③④
  • カムフィー:③
  • ファタモルガーナ:④
  • アドマイヤフライト:⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • 該当なし

という事で、残ったのが

  • シャンパーニュ 
  • フェイムゲーム 1人気1着
  • カムフィー 8人気3着
  • ファタモルガーナ 2人気2着
  • アドマイヤフライト
券種(BOX)点数配当回収率
馬連10960円96%
馬単201670円84%
3連複106780円678%
3連単6026090円435%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

 

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201413.3-12.5-12.9-12.8-12.3-12.0-11.8-12.4-12.5-12.4-12.1-12.3-12.6-12.3-11.6-11.9-12.563.860.938.736.0
201513.2-11.6-12.7-12.8-11.6-12.6-13.0-14.4-13.2-12.6-12.3-12.5-12.2-12.0-11.4-11.8-12.061.959.437.535.2
201613.2-12.4-12.6-12.5-12.3-13.1-13.3-13.8-13.3-12.5-13.1-13.0-13.0-12.6-11.7-12.6-12.863.062.738.237.1
201712.9-12.4-13.0-13.0-13.0-12.9-13.0-13.8-13.6-13.0-12.7-12.7-12.5-12.3-11.6-11.3-11.564.359.238.334.4
201813.0-11.7-12.2-12.7-12.8-12.5-12.4-12.8-12.6-12.4-12.6-13.1-12.5-12.5-11.7-11.7-12.462.460.836.935.8

傾向分析

長丁場で当然と言えば当然ですが、前半5F-後半5Fでは過去5回が前半の方が遅くスローぺース傾向にあります。

ポイント①
・スローペース濃厚

ただでさえ長距離レースでスタミナ必要な中で、ラスト3F最速が過去4回あり、残りの1回は超スローペースでラスト2F最速ではあるものの3F34.4で最後まで減速しなかったので、タフな直線勝負の傾向が強いです。

何より距離適性が最重要のレースなので、長距離適性の見極めがポイントは言わずもがな。

ポイント②
・距離適性最重要

・ロンスパ適正求められる

長距離適性は、ラスト1F最速戦の加速ラップやラスト3F最速戦での勝利がポイント。また、中距離で序盤,中盤締まったラップでの敗戦も巻き返し候補。

ロンスパ適正は、ラスト4Fから11秒台に入ったレースやラスト3F最速戦での好走歴が見分けるポイント。

枠分析

枠の有利不利は結局配置された馬の強弱に大きく影響されます。

もちろん簡易的に見分けることは出来ますが、本当に評価すべき枠、評価を落とすべき枠はもう少し細かい分析が必要になります。

ここでは実際に配置された馬の人気も加味したデータと分析をします。

自らの予想のエッセンスとしてはこちらを加えてこそでしょう。

【1~5番人気】

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠1- 1- 0- 6/ 86.1着3.6人気1034
2枠1- 0- 0- 3/ 44.8着2.5人気0220
3枠0- 1- 0- 4/ 56.6着3.6人気1004
4枠0- 2- 1- 7/105.9着3.3人気1225
5枠2- 0- 1- 2/ 54.0着3.0人気0212
6枠0- 0- 0- 4/ 45.8着3.5人気0112
7枠2- 0- 0- 3/ 54.8着2.8人気2102
8枠3- 3- 1- 2/ 93.0着1.9人気5211

【6番人気以下】

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠0- 1- 1- 7/ 99.1着11.0人気0009
2枠0- 0- 1-12/138.5着9.8人気00013
3枠1- 1- 0-12/148.7着11.1人気00014
4枠0- 0- 2- 7/ 97.8着8.4人気0009
5枠0- 0- 0-14/149.2着11.3人気00014
6枠0- 0- 1-15/1611.5着10.9人気00016
7枠0- 1- 1-13/1510.3着11.7人気00015
8枠0- 0- 1-10/1110.8着10.1人気00011

傾向分析

外枠が複勝率優勢というデータでしたが、蓋開けてみれば人気馬が固まっていただけの話でした。

平均人気に対しての平均着順で見れば内外大差なく、その他適正や能力重視のレースという事がわかりました。

まとめ

ポイント
  • 4歳中心
  • 枠有利不利なし

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【京都牝馬S】過去10年データ分析 【フェブラリーS】過去10年データ分析 【小倉大賞典】過去10年データ分析