【クイーンC】過去10年データ分析

クイーンCに関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

東京競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気4- 1- 1- 4/ 1040.0%60.0%8277
2番人気3- 1- 3- 3/ 1030.0%70.0%127111
3番人気1- 3- 0- 6/ 1010.0%40.0%5678
4番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%30.0%21797
5番人気0- 3- 1- 6/ 100.0%40.0%0121
6番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%086
7番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%079
8番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%0147
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%081
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
16番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%00

注目ポイント

ほぼ人気順通りの信頼度で好走率は綺麗に水準通りと言っていいでしょう。

勝ち馬は4番人気までの上位人気に集中しており、1着は上位人気から探すのが定石。

上位人気の評価潤が大きく影響するレースと言えます。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
蛯名正義2- 2- 0- 4/ 825.0%50.0%5092
ルメール2- 0- 1- 1/ 450.0%75.0%105165
田辺裕信1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%11274
内田博幸1- 0- 1- 6/ 812.5%25.0%16798
柴田善臣1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%6224

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠0- 3- 1-15/190.0%21.1%055
2枠0- 1- 3-16/200.0%20.0%071
3枠4- 1- 1-13/1921.1%31.6%6846
4枠0- 0- 0-20/200.0%0.0%00
5枠3- 2- 2-13/2015.0%35.0%52115
6枠1- 2- 1-16/205.0%20.0%6742
7枠0- 1- 3-16/200.0%20.0%098
8枠2- 0- 0-18/2010.0%10.0%5615

注目ポイント

4枠がデータ上は死に枠となっていますが、その両隣の3,5枠がかなり高水準のデータなので、物理的に不利とは言えない可能性が高いです。

勝ち切りまでを考えると、やや内枠は不利な印象を受けますが、あまり枠を大きなファクターとして扱うのは得策ではなさそうな程度にしか傾向が出ていません。


過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関東騎手×関東馬×1~5人気 5- 6- 2-13/2619%50%105106
②馬体重増×1~5人気 5- 3- 2- 6/1631%63%160121
③前走中山×前走1~3着×6~10人気 0- 2- 3-13/180%28%0138
④前走1~2着×1~5人気 8- 4- 3-12/2730%56%151117

関東騎手×関東馬×1~5人気

関東馬と関東騎手の組み合わせは優秀

 

馬体重増×1~5人気

馬体重増やしてきた人気馬は信頼度高い

 

前走中山×前走1~3着×6~10人気

穴馬は前走中山好走組から

 

前走1~2着×1~5人気

前走好走の上位人気こそが中心

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関東騎手×関西馬 0- 0- 0-14/140.00%0.00%00
②単勝40倍以上 0- 1- 1-72/740.00%2.70%025
③前走0.6秒以上負け×2人気以下 0- 0- 1-36/370.00%2.70%028
④間隔3週以内×2人気以下 0- 0- 1-18/190.00%5.30%021
⑤関西馬×6人気以下 0- 0- 1-17/180.00%5.60%021

関東騎手×関西馬

関東騎手と関西馬の組み合わせは好走なし

 

単勝40倍以上

単勝40倍以上の大穴はかなり厳しい

 

前走0.6秒以上負け×2人気以下

前走内容悪いと人気でも疑う余地充分

 

間隔3週以内×2人気以下

間隔詰めて好転は狙いづらい

 

関西馬×6人気以下

関西馬の人気薄はほぼ消し条件に

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • テトラドラクマ:①
  • マウレア:①
  • アルーシャ:③
  • オハナ:③
  • フィニフティ:④
  • ツヅミモン:④ 

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • 該当なし

という事で、残ったのが

  • テトラドラクマ 3人気1着
  • マウレア
  • アルーシャ 7人気3着
  • オハナ
  • フィニフティ 5人気2着
  • ツヅミモン
券種(BOX)点数配当回収率
馬連154010円267%
馬単306420円214%
3連複2015560円778%
3連単12071150円593%

サンプル:2017年

注目特選データ該当馬
  • アエロリット:①④
  • フローレスマジック:①②④
  • ハナレイムーン:①②④
  • アドマイヤミヤビ:②④
  • レーヌミノル:②
  • セイウンキラビヤカ:③
  • モリトシラユリ:③
  • コマノレジーナ:③

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • セイウンキラビヤカ:②④
  • モリトシラユリ:②
  • コマノレジーナ:②

という事で、残ったのが

  • アエロリット 5人気2着
  • フローレスマジック 2人気3着
  • ハナレイムーン
  • アドマイヤミヤビ 1人気1着
  • レーヌミノル
券種(BOX)点数配当回収率
馬連101330円133%
馬単202130円107%
3連複101170円117%
3連単606820円114%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.5-11.5-12.0-12.5-12.5-11.3-11.5-11.961.059.736.034.7
201512.4-11.2-11.5-11.8-12.0-11.4-11.5-12.258.958.935.135.1
201612.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.957.858.134.434.7
201712.3-11.1-11.4-12.0-12.3-11.3-11.2-11.659.158.434.834.1
201812.6-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-11.5-12.457.859.134.635.9

傾向分析

ラップの考え方はこちらの記事を参照↓

ラップの見方

 

前半5F-後半5Fでは過去2回が前半の方が遅く、前半3F-後半3Fでも2回が前半の方が遅いので、平均~ハイペース傾向にあるレースと言えます。もちろんスローペースも頭に入れておかなければなりませんが、この場合はハイペースにも対応可能な馬を重視します。

なぜなら、スローペース得意の馬がハイペースに対応するよりも、ハイペース得意の馬がスローペースに対応する方が可能性として高いからです。理由は簡単で前半速く走れる馬が遅くするのと、前半遅い方がいい馬が速く走る事を強いられる方が負担が大きいからです。

ポイント①
・平均~ハイペース傾向あり

ラスト2F最速戦となったのは2017年のみで、それもラスト3F地点で大きく加速しており仕掛け所が遅れた中での切れ味勝負ではありませんでした。

ラスト3F以前に最速が入るタフな流れを想定しなくてはならないレース。

ポイント②
・スローからの瞬発力特化型を評価を下げる

・基礎スピード重要

・ロンスパ適正求められる

スローからの瞬発力特化型は、前半の方が遅いラスト2F最速戦での上位入選が最も見分けやすいポイント。

基礎スピードタフな流れへの適正が求められる前半の方が早いラップや、中盤から11秒台を刻む淡々とした流れで好走歴ある馬の巻き返しに期待。

ロンスパ適正は、ラスト4Fから11秒台に入ったレースやラスト3F最速戦での好走歴が見分けるポイント。

枠分析

枠の有利不利は結局配置された馬の強弱に大きく影響されます。

もちろん簡易的に見分けることは出来ますが、本当に評価すべき枠、評価を落とすべき枠はもう少し細かい分析が必要になります。

ここでは実際に配置された馬の人気も加味したデータと分析をします。

自らの予想のエッセンスとしてはこちらを加えてこそでしょう。

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠0- 3- 1-15/198.7着7.7人気11215
2枠0- 1- 3-16/207.8着8.3人気01019
3枠4- 1- 1-13/197.2着7.0人気32311
4枠0- 0- 0-20/2010.5着9.4人気00218
5枠3- 2- 2-13/207.1着8.7人気23015
6枠1- 2- 1-16/209.1着7.5人気31115
7枠0- 1- 3-16/208.1着8.8人気02117
8枠2- 0- 0-18/208.7着9.8人気10118

傾向分析

記事上部でも記載した通り、あまり偏りは見えないです。

全く好走歴のない4枠についても、上部で触れた様に両隣の枠が好走馬多いので偶然でしょうと書きました。

もう少し深くデータを見てみると、人気馬の配置が単純に他より少ないというのが原因である可能性が高くなりました。

なので、枠にはあまり引っ張られずに馬毎の予想を中心に。

まとめ

ポイント
  • 上位人気圧倒的優位
  • タフな流れの傾向強い

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【共同通信杯】過去10年データ分析 【京都記念】過去10年データ分析