【共同通信杯】過去10年データ分析

共同通信杯に関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

東京競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気2- 2- 2- 4/ 1020.0%60.0%5070
2番人気2- 3- 1- 4/ 1020.0%60.0%7283
3番人気3- 2- 2- 3/ 1030.0%70.0%184140
4番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%5647
5番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%076
6番人気2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%362157
7番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
8番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
9番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%0140
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%0172
11番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%00
12番人気0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00

注目ポイント

1番人気は複勝率60%で平均的な数値。しかし、勝率は20%と物足りない数値。

その分は2~3番人気までで満遍なく分け合っている数値です。

上位3頭の複勝率が抜けて高く、期待馬のレース使い分けが原因かと思いますが、上位人気中心のレースには間違いないでしょう。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
蛯名正義3- 0- 2- 2/ 742.9%71.4%460255
福永祐一1- 1- 0- 0/ 250.0%100.0%305175
北村宏司1- 0- 1- 3/ 520.0%40.0%272116
内田博幸1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%8222
横山典弘1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%7025

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠2- 1- 0- 7/1020.0%30.0%9259
2枠1- 3- 0- 7/119.1%36.4%4455
3枠2- 1- 0- 9/1216.7%25.0%5729
4枠1- 0- 5- 8/147.1%42.9%161242
5枠3- 1- 1-11/1618.8%31.3%145100
6枠0- 1- 1-16/180.0%11.1%022
7枠1- 2- 2-15/205.0%25.0%2857
8枠0- 1- 1-18/200.0%10.0%038

注目ポイント

内目の枠が優勢。その中でも4,5枠の中枠が特に優秀な数値です。

1,2枠辺りは人気しやすいので、その分回収率は低くなっています。

複勝率も1~5枠と6~8枠で明らかな差があるので内枠優勢のレースである事は間違いなさそうです。(詳しい枠分析は下記へ)


過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関西馬×関東騎手×1~5人気 2- 3- 1- 2/ 825%75%121146
②4,5枠×6人気以下 2- 1- 3-12/1811%33%201243
③距離延長×1~3人気 2- 1- 0- 0/ 367%100%340146
④関東馬×1~3人気 4- 4- 3- 3/1429%78%123132

関西馬×関東騎手×1~5人気

関西馬と関東騎手の組み合わせは優秀

 

4,5枠×6人気以下

穴馬は中枠が狙い目

 

距離延長×1~3人気

上位人気の距離延長は過去パーフェクト

 

関東馬×1~3人気

関東の人気馬はそれだけで充分なデータ

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①4,5枠以外×7人気以下 0- 0- 0-40/400%0%00
②8枠×1~3人気 0- 0- 0- 3/ 30%0%00
③前走京都×関西馬×1~5人気 1- 0- 0- 6/ 714%14%8028
④前走4角5番手以下×4人気以下 0- 0- 1-27/280%4%011
⑤距離延長×4人気以下 0- 0- 0-14/140%0%00

4,5枠以外×7人気以下

好枠以外の人気薄は厳しい

 

8枠×1~3人気

不利な大外は人気馬でも不振

 

前走京都×関西馬×1~5人気

前走京都組は信頼し辛いデータ

 

前走4角5番手以下×4人気以下

前走中団以降の人気薄の台頭は難しい

 

距離延長×4人気以下

人気薄の距離延長は過去実っていない

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • エイムアンドエンド:②
  • オウケンムーン:②
  • コスモイグナーツ:②
  • サトノソルタス:④

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • 該当なし

という事で、残ったのが

  • エイムアンドエンド 10人気3着
  • オウケンムーン 6人気1着
  • コスモイグナーツ
  • サトノソルタス 3人気2着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連65080円847%
馬単1213620円1135%
3連複477670円19418%
3連単24566290円23595%

 


そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201413.0-11.6-12.1-12.6-12.9-12.5-10.9-10.9-11.662.258.836.733.4
201512.7-11.1-11.4-12.2-12.6-12.6-11.8-11.0-11.760.059.735.234.5
201612.7-11.3-11.8-12.1-12.1-11.8-11.5-11.8-12.360.059.535.835.6
201712.6-11.6-11.8-12.3-12.3-12.2-11.6-11.4-11.760.659.236.034.7
201812.9-11.1-11.7-12.3-12.2-12.4-11.7-11.5-11.660.259.435.734.8

傾向分析

ラップの考え方はこちらの記事を参照↓

ラップの見方

 

前半5F-後半5Fでは過去5回が前半の方が遅く、これによりスローペース傾向にあるレースと言えます。

ポイント①
・スローペース傾向強い

2014年の稍重馬場で中盤流れたレース以外は全てラスト1or2F最速戦。更に直線入ってすぐのラスト3Fで一気に加速する事も多く、瞬発力が大きく必要。直線も長く3F目一杯の競馬にもなりやすいので、中団より後ろの馬はロンスパ適正必要。

ポイント②
・スローからの瞬発力特化型を評価

・後方勢はロンスパ適正(3F)必要

スローからの瞬発力特化型は、前半の方が遅いラスト2F最速戦での上位入選が最も見分けやすいポイント。

3F出し切る為のロンスパ適正の見分け方は、ラスト3F最速戦での好走がポイント。

基礎スピードタフな流れへの適正が求められる前半の方が早いラップや、中盤から11秒台を刻む淡々とした流れで凡走した馬の巻き返しに期待。

小回りコースでラスト4F内の急加速で敗れた後方勢もロンスパ適正あれば巻き返し可能なコース。

枠分析

枠の有利不利は結局配置された馬の強弱に大きく影響されます。

もちろん簡易的に見分けることは出来ますが、本当に評価すべき枠、評価を落とすべき枠はもう少し細かい分析が必要になります。

ここでは実際に配置された馬の人気も加味したデータと分析をします。

自らの予想のエッセンスとしてはこちらを加えてこそでしょう。

【1~5番人気】

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠2- 1- 0- 2/ 52.8着2.2人気1220
2枠1- 3- 0- 2/ 62.7着2.7人気1131
3枠2- 1- 0- 3/ 63.7着2.7人気1302
4枠0- 0- 3- 6/ 95.1着3.3人気2106
5枠2- 0- 0- 1/ 32.7着2.3人気1020
6枠0- 1- 1- 1/ 35.3着3.0人気1011
7枠1- 1- 2- 5/ 95.4着3.1人気1224
8枠0- 1- 1- 7/ 97.1着3.7人気2106

【6番人気以下】

枠番着別度数平均着平人気1人2人3人4人下
1枠0- 0- 0- 5/ 57.4着10.8人気0005
2枠0- 0- 0- 5/ 57.4着10.0人気0005
3枠0- 0- 0- 6/ 610.3着10.2人気0006
4枠1- 0- 2- 2/ 54.4着9.4人気0005
5枠1- 1- 1-10/137.2着8.7人気00013
6枠0- 0- 0-15/158.7着9.7人気00015
7枠0- 1- 0-10/117.5着8.3人気00011
8枠0- 0- 0-11/119.5着8.5人気00011

傾向分析

明らかに1~5枠6~8枠の間に隔たりがあります。平均人気に対しての平均着順が明確に悪くなるのが6枠から。

人気薄を参照すると、1,2枠は着内こそないもの平均人気に対して平均着順が3近く上回っている事から、回収率ほど悪くない枠で充分好枠と言えるでしょう。

まとめ

ポイント
  • 内枠・中枠有利
  • スローペース傾向強い

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【京都記念】過去10年データ分析 【クイーンC】過去10年データ分析