【京成杯】過去10年データ分析

京成杯に関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

中山競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気3- 3- 1- 3/ 1030.0%70.0%102101
2番人気3- 0- 2- 5/ 1030.0%50.0%14888
3番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%5353
4番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%051
5番人気2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%186112
6番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%027
7番人気1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%126155
8番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%069
9番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%064
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
12番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%072
13番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%0157
14番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%00
16番人気0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00

注目ポイント

1着は近10年で1~3番人気から7頭、1~5人気なら9頭とほぼ上位人気からと言っていい。

回収率にしても上位人気は100%を超えており、波乱傾向は小さく、人気馬を素直に評価する方向性が良さそうなレース。

ポツポツ人気薄の好走は見受けられるので、人気馬から穴目というイメージで入るべきデータ。

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
田辺裕信2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%14658
蛯名正義1- 2- 1- 5/ 911.1%44.4%5087
柴田大知1- 0- 2- 5/ 812.5%37.5%91115
田中勝春1- 0- 1- 5/ 714.3%28.6%67230
横山典弘1- 0- 1- 7/ 911.1%22.2%2445

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 3-10/147.1%28.6%3360
2枠0- 2- 1-14/170.0%17.6%039
3枠1- 1- 2-13/175.9%23.5%6672
4枠1- 2- 1-15/195.3%21.1%2332
5枠3- 1- 0-16/2015.0%20.0%11069
6枠1- 1- 2-16/205.0%20.0%3678
7枠0- 0- 1-19/200.0%5.0%071
8枠3- 3- 0-15/2114.3%28.6%5253

注目ポイント

枠による勝率や回収率は5枠がやや抜けているものの、大きく有利不利があるような状況ではなさそうなデータ。

一律の枠による評価ではなく馬毎の評価が必要。

過去10年データ(応用)

データ使用法
注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関西馬×関西騎手×牡馬 2- 2- 1- 5/1020%50%109103
②馬体重440~459kg×牡馬 2- 2- 2-13/1911%32%125104
③8枠×1~5人気×牡馬 3- 3- 0- 3/ 933%67%122125
④関東馬×乗り替わりなし×1~2人気 4- 1- 1- 0/ 667%100%275161
⑤前走着差0.1秒以上勝ち×6~10人気 1- 2- 2-12/176%29%74140
⑥間隔10~25週×牡馬 2- 2- 0- 6/1020%40%158103
⑦前走2000m×1~3人気 6- 4- 3- 6/1932%68%132111
⑧前走4角3番手以内×単勝オッズ20倍以内×6人気以下 0- 2- 2- 6/100%40%0144

関西騎手×関西馬×牡馬

関西から遠征までしてくる馬はそれなりの理由あり

 

馬体重440~459kg×牡馬

中量級の馬の好走率は高い

 

8枠×1~5人気×牡馬

外枠の人気馬は能力で押し切れるデータ

 

関東馬×乗り替わりなし×1~2人気

継続騎乗の人気関東馬は完璧な戦績

 

前走着差0.1秒以上勝ち×6~10人気

前走僅差以上で勝利した人気薄は逆転の余地あり

 

間隔10~25週×牡馬

間隔大きく空いた馬は成長に期待

 

前走2000m×1~3人気

前走同距離の上位人気は中心的存在

 

前走4角3番手以内×単勝オッズ20倍以内×6人気以下

前目の中穴の逆転は警戒必要

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①乗り替わりなし×6人気以下 0- 0- 0-37/370%0%00
②前走6着以下×6人気以下 0- 0- 0-35/350%0%00
③前走4角10番手以下×6人気以下 0- 0- 0-22/220%0%00
④前走4着以下×関東馬×1~5人気 0- 0- 0- 5/ 50%0%00
⑤前走0.6秒以上勝ち×1~5人気 0- 0- 0- 4/ 40%0%00
⑥前走平場レース×関西馬×1~5人気 0- 0- 0- 4/ 40%0%00
⑦前走1600m(中山以外) 0- 0- 0- 9/ 90%0%00

乗り替わりなし×6人気以下

継続騎乗の人気薄は厳しいデータ

 

前走6着以下×6人気以下

前走6着以下の人気薄も挽回難しい

 

前走4角10番手以下×6人気以下

前走後方の人気薄の1発も厳しい数値

 

前走4着以下×関東馬×1~5人気

前走4着以下の関東馬は人気でも危険あり

 

前走0.6秒以上勝ち×1~5人気

前走圧勝はデキ落ち懸念しなければならないデータ

 

前走平場レース×関西馬×1~5人気

前走平場で人気している関西馬は過剰人気の危険

 

前走1600m(中山以外)

前走中山以外の1600mからの参戦は過去圏内なし

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • スラッシュメタル:②
  • ジェネラーレウーノ:③④⑦
  • イェッツト:⑤
  • ジョリルミエール:⑤
  • コズミックフォース:⑥⑦
  • サクステッド :⑥⑧
  • デルタバローズ :⑥

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • ジョリルミエール:①
  • スラッシュメタル:②
  • デルタバローズ:⑤⑦

という事で、残ったのが

  • ジェネラーレウーノ 1番人気1着
  • イェッツト 6番人気3着
  • コズミックフォース 2番人気2着
  • サクステッド 
券種(BOX)点数配当回収率
馬連6780円130%
馬単121510円126%
3連複43130円783%
3連単2412290円512%

サンプル:2018年

注目特選データ該当馬
  • プロフェット:②⑥
  • マイネルラフレシア:②
  • ダイチラディウス:②
  • カミノライデン:②
  • メートルダール:④⑦
  • ルネイション:⑤
  • ウムブルフ:⑦
  • ケルフロイド:⑧
  • ナムラシングン:⑧

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • ナムラシングン:①
  • ルネイション:①
  • ダイチラディウス:②③
  • カミノライデン:②
  • ウムブルフ:⑤

という事で、残ったのが

  • プロフェット 5人気1着
  • マイネルラフレシア
  • メートルダール 2人気3着
  • ケルフロイド 7人気2着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連67460円1243%
馬単1214750円1229%
3連複411280円2820%
3連単2478050円3252%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.4-11.0-12.9-11.7-12.6-11.7-12.0-11.9-12.3-12.660.660.536.336.8
201512.4-10.8-13.1-12.5-13.1-12.7-12.0-11.7-11.7-12.361.960.436.335.7
201612.7-10.8-13.1-12.4-12.8-12.0-11.9-11.7-11.8-12.261.859.636.635.7
201712.6-11.2-13.1-12.1-12.6-12.2-12.4-12.2-12.0-12.161.660.936.936.3
201812.5-10.7-12.2-11.8-12.5-12.4-12.1-12.5-12.3-12.259.761.535.437.0

傾向分析

ラップの考え方はこちらの記事を参照↓

ラップの見方

 

前半5F-後半5Fでは過去4回が前半の方が遅く、前半3F-後半3Fでは3回が前半の方が遅いので、スローペース傾向にあるレースと言えます。しかし、平均ペース~ハイペースもありえる事は頭に入れなくてはならないので、この場合はハイペースにも対応可能な馬を重視します。

なぜなら、スローペース得意の馬がハイペースに対応するよりも、ハイペース得意の馬がスローペースに対応する方が可能性として高いからです。理由は簡単で前半速く走れる馬が遅くするのと、前半遅い方がいい馬が速く走る事を強いられる方が負担が大きいからです。

ポイント①
スローペース傾向

・ハイペースへの対応力も重視

過去ラスト2F最速戦は2016年の一度だけでロンスパ適正のある馬が上位に来ているのが過去の傾向です。

ポイント②
ロンスパ適正

・スローからの瞬発力特化型は評価落とす

ロンスパ適正を見抜くなら、ラスト4Fから11秒台または、ラスト3F最速レースでの好走歴が見分けやすいポイントです。

1番の狙い目は近走でスローペースからのラスト2F最速戦の一瞬のキレを求められて敗れた馬。これにロンスパ適正が見いだせれば挽回候補の穴馬になります。


まとめ

ポイント
  • 枠の大きな有利不利なし
  • 人気馬が中心で穴馬は相手までの傾向

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【日経新春杯】過去10年データ分析 【愛知杯】過去5年データ分析