【フェアリーS】過去10年データ分析

フェアリーSに関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

中山競馬場コースデータ

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%11279
2番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%4666
3番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%30.0%13977
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%060
5番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%083
6番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%031
7番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%40.0%0154
8番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%060
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
10番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%1193450
11番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%1021137
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
14番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%0188
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00

注目ポイント

1番人気は素直に信頼しても回収率100%超えで複勝率も50%と良い数値。

また10,11番人気もかなり好走率が高く穴目の意識もしっかりもって挑む事が必要なレースでしょう。

中穴ではなく思い切って穴を狙う事で回収率大幅アップ!?

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
戸崎圭太2- 1- 0- 2/ 540.0%60.0%180198
石橋脩2- 0- 0- 3/ 540.0%40.0%1480180
三浦皇成1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%1041272
福永祐一1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%15063
津村明秀1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%10137

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 2-17/205.0%15.0%2230
2枠2- 3- 3-12/2010.0%40.0%186171
3枠1- 1- 1-17/205.0%15.0%34123
4枠3- 0- 1-16/2015.0%20.0%474128
5枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%33648
6枠0- 1- 0-19/200.0%5.0%026
7枠1- 2- 2-15/205.0%25.0%2362
8枠1- 2- 1-16/205.0%20.0%180101

注目ポイント

枠に関しては大きな偏りはない満遍に好走しているというデータ。

難しいレースだけに1枠という事で人気を集める分、回収率が低くなっている事は注意したい。

若い牝馬という事で1枠で揉まれるのは良くないという事は覚えておきましょう。


過去10年データ(応用)

データ使用法
【注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①関東騎手×6人気以下 4- 3- 4-80/914%12%24395
②関東馬×1~4枠×1~5人気 4- 2- 2- 8/1625%50%128115
③馬体重440~459kg×1人気 3- 0- 0- 0/ 3100%100%373173
④関東馬×10人気以下 4- 3- 1-55/636%13%351123
⑤前走東京T1600m×関東馬 6- 3- 2-31/4214%26%404135
⑥前走阪神T1600m外×1-3人気 3- 0- 2- 3/ 838%63%173108
⑦距離短縮×6人気以下 1- 3- 2-14/205%30%336256

関東騎手×6人気以下

関東騎手が乗る人気薄は対象馬こそ多いが、それでもかなり高い数値

 

関東馬×1~4枠×1~5人気

上位人気関東馬が内枠なら信頼度抜群

 

馬体重440~459kg×1人気

中量級の1人気は盤石の数値

 

関東馬×10人気以下

大穴パターンは関東馬の人気薄から

 

前走東京T1600m×関東馬

前走東京T1600m組は圧倒的優位のデータ

 

前走阪神T1600m外×1-3人気

主に阪神JF組だがここからの人気馬は素直に支持

 

距離短縮×6人気以下

人気薄は距離短縮からも数多く台頭

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①前走阪神×6人気以下 0- 0- 0-12/120%0%00
②前走中山1200-1600m×6人気以下 0- 0- 0-18/180%0%00
③間隔3週×2人気以下 0- 0- 0-20/200%0%00
④馬体重460kg~×1枠 0- 0- 0- 8/ 80%0%00
⑤4番人気以下×1枠 0- 0- 0-14/140%0%00
⑥前走4角1番手 0- 0- 0-10/100%0%00
⑦5-8枠×11人気以下 1- 0- 0-34/353%3%19218

前走阪神×6人気以下

人気薄の前走阪神組は不振

 

前走中山1200-1600m×6人気以下

前走中山にも拘わらず人気薄なら軽視のデータ

 

間隔3週×2人気以下

間隔3週は軒並み好走できておらず

 

馬体重460kg~×1枠

460kg以上の1枠馬は全く好走なし

 

4人気以下×1枠

上位人気でなくては1枠は鬼門

 

前走4角1番手 

前走逃げを打った馬は凡走のデータ

 

5-8枠×11人気以下

外枠の人気薄には厳しいデータ。回収率100%超えだが2010年コスモネモシンの1回のみで到底良いデータとは言えない

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル:2017年

注目特選データ該当馬
  • ライジングリーズン:①④⑤
  • モリトシラユリ:①⑥⑦
  • アエロリット:②
  • ジャストザマリン:①
  • アルミューテン:①④⑦
  • パフォーム:①④⑤
  • アマノガワ:①④⑤
  • ブラックオニキス:①
  • キュイキュイ:①⑤
  • ツヅク:①②⑤
  • ポンポン:①④
  • スノードーナツ:①②④
  • ヒストリア:②⑤
  • コーラルプリンス:②⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • ジャストザマリン:①
  • ブラックオニキス:①
  • ポンポン:①⑦
  • コーラルプリンス:④
  • ツヅク:⑤⑥
  • アルミューテン:⑥⑦
  • パフォーム:⑦
  • アマノガワ:⑦
  • スノードーナツ:⑦

という事で、残ったのが

  • ライジングリーズン 10人気1着
  • モリトシラユリ 7人気3着
  • キュイキュイ
  • メローブリーズ
  • ヒストリア
  • アエロリット 1人気2着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連155990円399%
馬単3020000円667%
3連複2034060円1703%
3連単120275620円2297%

サンプル:2016年

注目特選データ該当馬
  • ダイワドレッサー:①②④⑦
  • ダイワダッチェス :①
  • コパノマリーン :①
  • ラブリーアモン :①⑤
  • フジマサアクトレス :①④
  • ラシーム :①④
  • ボーアムルーズ:①④
  • ポロス :①④⑦
  • ルミナスティアラ:①④⑦
  • ハマヒルガオ :①④
  • ビービーバーレル:②⑤
  • シーブリーズラブ:⑤

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • コパノマリーン:②
  • ラシーム:②③
  • ハマヒルガオ:③⑦
  • ボーアムルーズ:③
  • ポロス:④
  • ルミナスティアラ:⑦

という事で、残ったのが

  • ダイワドレッサー 10人気2着
  • ダイワダッチェス  7人気3着
  • ラブリーアモン 
  • フジマサアクトレス 
  • ビービーバーレル 3人気1着
  • シーブリーズラブ
券種(BOX)点数配当回収率
馬連155600円373%
馬単309750円325%
3連複2015380円769%
3連単12079270円661%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.6-11.5-12.0-12.0-12.3-12.2-11.5-12.260.460.236.135.9
201512.6-11.2-11.9-12.4-11.9-11.6-11.4-12.260.059.535.735.2
201612.4-11.3-11.8-12.0-12.1-11.6-11.2-11.959.658.835.534.7
201712.5-11.0-11.2-11.4-11.9-12.4-12.0-12.358.060.034.736.7
2018.12.5-11.5-11.9-12.1-11.6-11.6-11.6-11.859.658.735.935.0

傾向分析

ラップの考え方はこちらの記事を参照↓

ラップの見方

 

前半5F-後半5Fは2016年を除いて全て後半の方が早く、それは前半3F-後半3Fでも同様。つまり、スローペース傾向が強いレースと言えます。3歳なりたての若い牝馬戦なのでこれは必然と言えます。

ポイント①
スローペース傾向

小回りの中山でラスト4Fから11秒台も目立つレースです。3歳牝馬にとっては珍しいタフな条件という事が荒れる傾向に繋がっています。ラスト2F最速もありますが、中団より後ろの馬は間違いなくロンスパ適正が必要になります。

人気しやすい瞬発力に秀でたキレ味タイプが、この展開に合わないので注意です。このレースにおいては、上り33秒台で後方から直線一気を決めたという様な人気する要素を評価できないレース傾向にあるので、この点は頭に入れておきましょう。

ポイント②
ロンスパ適正

・瞬発力特化型後方馬は評価落とす

ロンスパ適正+ある程度の瞬発力を見抜くには、これまでにコーナー通過順を押し上げながら、メンバー中上位の上りで好走した馬が見分けやすい1番のポイントです。

1番の狙い目は近走でスローペースからのラスト2F最速戦の一瞬のキレを求められて敗れた馬。これにロンスパ適正が見いだせれば挽回候補の穴馬になります。


まとめ

ポイント
  • 枠の大きな有利不利なし
  • 関東馬の人気薄は少しでもポイントあれば買い

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【中山金杯】過去10年データ分析 【京都金杯】過去10年データ分析 【シンザン記念】過去10年データ分析