【中山金杯】過去10年データ分析

中山金杯に関する過去データです。

データは競馬の基本で初心者~上級者までが利用するツール。

本ページでは、基本データと応用データを掲載しています!

基本データは有料ツールを使用すれば誰でも1発でたどり着けるデータですが、応用データはそれらを複合して導き出されたデータなので結果に直結する本サイトオリジナルのデータになります。

  • 枠は内外どこがいい?
  • 波乱傾向にある?人気で決まりやすい?
  • どんな馬がいいの?

などの、細かいデータを掲載!!

過去10年データ(基本)

コース

中山競馬場コースデータ

年齢

年齢着別度数勝率複勝率単回値複回値
4歳3- 2- 1- 16/ 2213.6%27.3%4645
5歳2- 4- 4- 23/ 336.1%30.3%35122
6歳2- 3- 3- 30/ 385.3%21.1%3282
7歳3- 1- 2- 28/ 348.8%17.6%4641
8歳0- 0- 0- 18/ 180.0%0.0%00

注目ポイント

4歳馬の勝率は高いものの回収率からはやや人気先行気味の値。かといって高齢馬はそれなりに数字を落とす形に。

シンプルに実績ある5,6歳馬が穴馬の傾向!?

少なくとも、まず8歳馬は消せるというデータ。

人気

人気着別度数勝率複勝率単回値複回値
1番人気4- 1- 3- 2/ 1040.0%80.0%113118
2番人気2- 2- 0- 6/ 1020.0%40.0%10178
3番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%4916
4番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%144119
5番人気1- 2- 3- 4/ 1010.0%60.0%95175
6番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%026
7番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
8番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%036
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%054
11番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%0146
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%00
15番人気0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%0240
16番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00

注目ポイント

3番人気こそ悪いが、基本的に上位人気を素直に買えば儲かるレース!!

下位人気でも11番人気・15番人気の回収率は100%を大きく超えるものの、中心は上位人気からで間違いなし!!

騎手

騎手着別度数勝率複勝率単回値複回値
ベリー2- 1- 0- 1/ 450.0%75.0%390180
松岡正海1- 2- 0- 3/ 616.7%50.0%4680
吉田豊1- 1- 1- 5/ 812.5%37.5%35183
藤田伸二1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%106133
川田将雅1- 0- 1- 2/ 425.0%50.0%207127

枠順

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠2- 1- 1-14/1811.1%16.7%22.2%8048
2枠3- 4- 0-11/1816.7%38.9%38.9%86105
3枠3- 0- 2-14/1915.8%15.8%26.3%5151
4枠1- 0- 1-18/205.0%5.0%10.0%2415
5枠0- 2- 2-16/200.0%10.0%20.0%0124
6枠1- 3- 4-11/195.3%21.1%42.1%30160
7枠0- 0- 0-20/200.0%0.0%0.0%00
8枠0- 0- 0-22/220.0%0.0%0.0%00

注目ポイント

完全に内枠に良績が集中!

買うなら6枠以内でデータ的には7,8枠は完全に消しのデータ!


過去10年データ(応用)

データ使用法
【注目特選データ】に当てはまる馬を抽出後に、【要注意消去データ】に該当する馬を探してください。

データは今の時代誰でも簡単に手に入ります。

もちろんそれは初心者でも変わりませんし、初心者や馬券力の低い人ほど、わかりやすいデータに頼りがちになるので、近年は単純なデータだけでは旨味がほとんどありません。

では、どうすればいいのか?

複合的なデータを使用するのです。

Googleで検索する時も【○○ △△】という様に、複合ワードで検索する事でより正確な欲しい情報にたどり着けますよね?

これは競馬も同様です。

データを複合的に考える事で周りとは違う。つまり勝てる予想法に昇華するのです。

注目特選データ

回収率100%超え&高好走率データリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①斤量57.5~59kg×関西馬 2- 0- 2- 4/ 825%50%222138
②1,2枠×関西馬 4- 1- 0- 7/1233%42%222110
③6歳×馬体重減 1- 2- 1- 5/ 911%44%105207
④4歳×1番人気 2- 0- 1- 0/ 367%100%176143
⑤7歳×1-5番人気 3- 1- 2- 1/ 743%86%227202
⑥前走GⅢ1着×関西馬 1- 1- 3- 1/ 617%83%81200
⑦前走4角5番手以内×関西馬 3- 2- 3-14/2214%36%62117

1,2枠×関西馬

1着狙いが有効なデータ

 

6歳×馬体重減

人気薄の台頭はこのパターンで注目データ

 

4歳×1番人気

4歳は不振のデータだが1番人気ならば信頼度急上昇

 

7歳×1-5番人気

不振の7歳馬も上位人気馬に関しては驚異の複勝率86%

 

前走GⅢ1着×関西馬

上位人気濃厚パターンだが複軸では信頼止む無し

 

前走4角5番手内×関西馬

前走4角5番手までが狙える数字

要注意消去データ

好走率大幅に下がるデータリスト

条件着別度数勝率複勝率単回収複回収
①8歳 0- 0- 0-18/180%0%00
②7歳以上×6番人気以下 0- 0- 0-38/380%0%00
③4歳×479kg以下 0- 1- 0- 6/ 70%14%032
④7,8枠 0- 0- 0-42/420%0%00
⑤7歳以上×4~8枠 0- 1- 0-41/410%2%08
⑥4歳×4番人気以下 0- 0- 0-10/100%0%00
⑦関西馬×明け2戦目 0- 0- 1-14/150%7%023
⑧2番人気以下×明け2戦目 0- 0- 1-27/280%4%012

7歳以上×6番人気

6番人気以下になると8歳だけではなく7歳も消去ゾーンへ

 

4歳×479kg以下

2着1頭は2番人気なので軽量の4歳馬は基本チャンスなし

 

7歳以上×4~8枠

内枠以外でも7歳以上は大きく好走率下がる

 

4歳×4番人気以下

人気薄の4歳馬は消去対象に

過去的中結果

上記データによる過去成績のサンプルを掲載致します。

サンプル1:2015年

注目特選データ該当馬
  • デウスウルト:⑤
  • メイショウナルト:①⑦
  • ラブイズブーシェ:①
  • ラブリーデイ:②
  • クランモンタナ:③
  • パッションダンス:⑦
  • アンコイルド:⑦

次に【要注意消去データ】でデータを洗練します。

要注意消去データ
  • メイショウナルト:②⑤⑧
  • パッションダンス:②④⑤⑧
  • ラブイズブーシェ:④⑦⑧
  • アンコイルド:④
  • クランモンタナ:⑦⑧

という事で、残ったのが

  • デウスウルト 5人気3着
  • ラブリーデイ 4人気1着
券種(BOX)点数配当回収率
馬連10円0%
ワイド1770円770%

そのまま残った馬のBOX系で結果が出る事もあります。

更に、このデータから抽出された馬を自らの予想でアレンジすれば大幅に回収率アップが期待できます。

このデータで残った馬から予想するだけでも、結果は良くなるはずです。

データを他の予想法に活かす

データ予想の魅力はここまでで、充分伝わったかと思います。

ここからはデータを他の予想法のエッセンスとして使用する方法を紹介します。

ラップ分析

多くの人が嫌うラップ分析も重要なファクターの一つ。

ユーザー同士のお金の奪い合いな以上はみんなが嫌う要素こそ、突き詰めれば武器に変わります。

もちろん上部の複合データもその一つですが、さらなる回収率アップの為に掲載致します。

日付ラップタイム前5F後5F前3F後3F
201412.2-10.5-12.4-11.8-12.5-12.1-12.0-12.2-12.1-12.359.460.735.136.6
201512.3-10.8-12.5-11.5-12.3-12.0-11.6-11.5-11.4-11.959.458.435.634.8
201612.7-11.1-13.4-12.3-12.8-12.3-12.3-11.8-11.1-11.462.358.937.234.3
201712.4-11.0-12.7-11.8-12.5-12.0-11.5-12.0-12.3-12.460.460.236.136.7
2018.12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.261.558.336.535.3

傾向分析

ラップの考え方はこちらの記事を参照↓

ラップの見方

 

前半5F-後半5Fは基本的に前半の方が遅く、前半3F-後半3Fでもその傾向が強いレース。つまりはスローペース傾向のレースにあると言えます。

ポイント①
スローペース傾向

次に、ラスト4Fまたは、ラスト3Fが最速が過去5年で仕掛け所が早いのも3回。ラスト4F地点で11秒台突入というパターンも含めれば4回あります。これはタフなレース展開でロンスパ適正が問われていると言えます。

ポイント②
ロンスパ傾向

この2点をまとめると、基本的にスローペースからのロンスパ得意の馬を評価したいレース傾向となります。

脚質着別度数勝率複勝率単回値複回値
3F1位1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%2834

このデータからもわかる様に、キレキレの脚を使う瞬発力タイプの馬は極めて不振傾向。

狙い目は他のレースでラスト2F最速戦の瞬発力特化レースでキレ負けしたタイプが挽回してきそうな傾向と言えるでしょう。

まとめ

ポイント
  • 人気馬には逆らいづらいレース
  • 内枠絶対優位

本重賞に関する記事はこちら↓

今週の予想

今週の他重賞データ

【京都金杯】過去10年データ分析 【フェアリーS】過去10年データ分析 【シンザン記念】過去10年データ分析